※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CC216.2:
The fossil record does not show a gradual development from a small animal to the large modern horse. The horse family tree is not simple and direct; some scientists say Eohippus was not an ancestor of the modern horse; and the different types of fossils show stability, not gradual change.
化石記録は小さな動物から大きな現代の馬への漸進的な発展を示していない。ウマ科の系統樹は単純ではなく、直接的でもない。ある科学者たちはエオヒップスは現代の馬の祖先ではないと言っている。他の種類の化石は安定性を示していて、漸進的変化を示していない。

Source:
Watchtower Bible and Tract Society, 1985. Life--How Did It Get Here? Brooklyn, NY, pp. 66-67.

Response:
  1. 化石記録はヒラコテリウム(エオヒップス)からエクウスへの漸進的な線形な発展を示していない。しかし、漸進的な線形な発展すべきだという理由はない。ウマ科の化石記録は多くの系統が複数の分岐につながったことを示している。進化はスムーズでも漸進的でもない。特徴は異なる速さで進化し、特には逆に進む。ある種は漸進的に出現し、別の種は突然に出現する。これらはすべて、我々が進化論および生物学一般から予測される乱雑さと調和している。
  2. ある創造論者たちは、ウマ科の種すべてを同じ種類(kind)だと考えている。これらの創造論者たちはノアの洪水時点のヒラコテリウムから最初に記録された現代の馬やロバへの400年未満の期間の小進化を受け入れている[Wood and Cavanaugh 2003]。この変化は、生物学者が受け入れる変化率よりも、はるかに大きい。

Links:
  1. FLMNH, n.d. Fossil horses in hyperspace.
  2. Hunt, Kathleen, 1995. Horse evolution.

References:
  1. Wood, T. C. and D. P. Cavanaugh, 2003. An evaluation of lineages and trajectories as baraminological membership criteria. Occas. Papers of the BSG 2: 1-6.

Futher Readings:
  1. Gould, Stephen J., 1991. Life's little joke. In: Bully for Brontosaurus, New York: W.W. Norton, pp. 168-181.