※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CC212:
There are no transitional fossils between fish and tetrapods.
魚類と四足歩行動物の中間化石がない

Source:
Morris, Henry M., 1974. Scientific Creationism, Green Forest, AR: Master Books, pp. 82-83.
Watchtower Bible and Tract Society, 1985. Life--How Did It Get Here? Brooklyn, NY, p. 72.

Response:
  1. 幾つかの良い中間化石がある:
    1. 大半の魚類は前方と後方に外部鼻孔を持っている。四足方向動物では、後方の鼻孔は口蓋に開いた内部鼻孔に置き換わっている。中国で発見された3億9500万年前の化石であるKenichtysはこの二者のまったくの中間で、上顎の縁に鼻孔がある[Zhu and Ahlberg 2004]。
    2. 8本の骨の指がある"lobed fish"の前鰭の化石は、陸上四足歩行する前に指を発達させていたことを示す証拠である[Daeschler and Shubin 1998]。
    3. デボン紀の上腕骨のひとつには、身体を前肢で上に向けることができるが、四肢で前後には歩けない水生四足歩行動物のものと思われるものがある[Shubin et al. 2004]。
    4. Acanthostega: デボン紀の化石で、全長60cmで、おそらく河に住んでいた[Coates 1996]。手首や足首がない複数の指がある四肢をもっていた。完全にではないが主として水生。魚類のような内部のエラを持ち[Coates and Clack 1991]、四肢と脊柱は体重を十分には支えられない。また、鐙骨と魚類のような側生感覚システムがあった。
    5. Ichthyostega: デボン紀の流れから見つかった四足歩行動物で、全長1.5mで、おそらく水陸両生。後肢には7つの指があるが、前肢は不明。Acanthostegaよりも四肢と脊柱は堅牢で、胸郭は大きい。尾部には魚類のような脊柱があるが、Acanthostegaよりも小さい。頭蓋は原始的な魚類のような特徴も幾つか持っているが、おそらく内部のエラはなかった[Murphy 2002]。
    6. Tulerpeton: 河口堆積物から見つかった、AcanthostegaやIchthyostegaとおおよそ同じ年代で、前肢には6つの指があり、後肢には7つの指がある。肩はAcanthostegaより堅牢で、少し水生でなくなってきていて、頭蓋はAcanthostegaやIchthyostegaよりも石炭紀の後期の両生類に近い。

Links:
  1. Morton, Glenn R., 1997. Fish to amphibian transition.

References:
  1. Coates, M. I. 1996. The Devonian tetrapod Acanthostega gunnari Jarvik: postcranial anatomy, basal tetrapod interrelationships and patterns of skeletal evolution. Transactions of the Royal Society of Edinburgh: Earth Sciences 87: 363-421.
  2. Coates, M. I. and J. A. Clack, 1990. Polydactyly in the earliest known tetrapod limbs. Nature 347: 66-69.
  3. Coates, M. I. and J. A. Clack, 1991. Fish-like gills and breathing in the earliest known tetrapod. Nature 352: 234-236.
  4. Daeschler, Edward B. and Neil Shubin, 1998. Fish with fingers? Nature 391: 133.
  5. Murphy, Dennis C., 2002. Devonian times: Ichthyostega stensioei.
  6. Shubin, N. H., E. B. Daeschler and M. I. Coates, 2004. The early evolution of the tetrapod humerus. Science 304: 90-93. See also: Clack, J. A., 2004. From fins to fingers. Science 304: 57-58.
  7. Zhu, Min and Per E. Ahlberg, 2004. The origin of the internal nostril of tetrapods. Nature 432: 94-97. See also: Janvier, Philippe, 2004. Wandering nostrils. Nature 432: 23-24.

Futher Readings:
  1. Clack, J. A., 2002. Gaining Ground: The origin and early evolution of tetrapods. Bloomington, IN: Indiana Univ. Press.
  2. Murphy, Dennis C., 2002. Devonian times.
  3. Pojeta, John Jr. and Springer, Dale A., 2001. Evolution and the fossil record, Alexandria, VA: American Geological Institute, , PDF
  4. Zimmer, Carl, 1998. At the Water's Edge. New York: Touchstone, ch. 1-4.