※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CC211:
No fossils have been found transitional between invertebrates and vertebrates.
無脊椎動物と脊椎動物の中間化石が見つかっていない。

Source:
Morris, Henry M. 1985. Scientific Creationism. Green Forest, AR: Master Books, p. 82

Response:
  1. 脊椎動物と無脊椎動物の中間化石がカンブリア紀の化石にある:
    1. Pikaia: 初期の無脊椎の脊索動物。これは再分析で脊索が見つかるまでは、体節のあるワームに分類されていた。
    2. Yunnanozoon: 初期の脊索動物。
    3. Haikouella: Yunnanozoonと似た脊索動物だが、心臓や大きめの脳など特徴がある[CHe et al. 1999]。
    4. Conodont動物は骨な歯を持っていたが、体の残りの部分は柔らかだった。それらは脊索を持っていた[Briggs et al. 1983; Sansom et al. 1992]。
    5. Cathaymyrus diadexus: 最古の既知の脊索動物(5億3500万年前)[Shu et al. 1996]。
    6. MyllokunmingiaとHaikouichthys: 初期の脊椎動物で、明確な頭部と骨格と歯はなかった。これらは初期の無脊椎の脊索動物とは違って、部分に別れた筋肉がジグザグに配置され、エラの配置は単純なスリットよりも複雑だった[Monastersky 1999]。
  2. Branchiostoma (ナメクジオウ)や尾索動物などの無脊椎の脊索動物と、メクラウナギやヤツメウナギなどの原始的な脊椎動物という、もっとらしい中間形態の現生の動物が存在している。

Links:
  1. Monastersky, Richard, 1999. Waking up to the dawn of vertebrates. Science News 156: 292.

References:
  1. Briggs, D. E. G., E. N. K. Clarkson and R. J. Aldridge, 1983. The conodont animal. Lethaia 16: 1-14.
  2. Chen, J.-Y., D.-Y. Huang and C.-W. Li, 1999. An early Cambrian craniate-like chordate. Nature 402: 518-522.
  3. Monastersky, R., 1999. (see above).
  4. Sansom, I. J., M. P. Smith, H. A. Armstrong and M. M. Smith, 1992. Presence of the earliest vertebrate hard tissues in conodonts. Science 256: 1308-1311.
  5. Shu, D.-G., S. Conway Morris and X.-L. Zhang, 1996. A Pikaia-like chordate from the Lower Cambrian of China. Nature 384: 157-158.

Futher Readings:
  1. Speer, B. R. 2000. Introduction to the Deuterostomia.
  2. Waggoner, Ben. 1996. Introduction to the Cephalochordata.