※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CC201.1:
The theory of punctuated equilibrium was proposed ad hoc to explain away the embarrassing gaps in the fossil record.
断続平衡理論は、いやになるほどある化石記録の隙間を説明するためにアドホックに提唱された。


Response:
  1. 断続平衡理論は、現生および絶滅した種のグループについての精力的な研究を含む、ポジティブな証拠に基づいている[Eldredge and Gould 1972]。
  2. 漸進的系統進化(phyletic gradualism)は、隙間がないことを正当化するために提唱されたが、集団生物学の証拠にあわなかった。
  3. データに合う理論を提唱することに何の問題もない。

Links:
  1. Elsberry, Wesley, 1996. Punctuated equilibria.

References:
  1. Eldredge, N. and S. J. Gould, 1972. Punctuated equilibria: An alternative to phyletic gradualism. In: Models In Paleobiology (T. J. M. Schopf, ed.), San Francisco: Freeman, Cooper & Co., 82-115.

Futher Readings:
  1. Company, pp. 253-262.