※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB930.1:
The coelacanth, thought to have been extinct for seventy million years and used as an example of a fish-tetrapod transition, is found still alive, unchanged in form, today.
7000万年の間絶滅していたと考えられ、魚類から四足歩行への中間形態の例として挙げられるシーラカンスは今も生きている。そしてその形態は変化していない。

Source:
Morris, Henry M., 1974. Scientific Creationism, Green Forest, AR: Master Books, pp. 82-83,89.

Response:
  1. 現在のシーラカンスはシーラカンス目ラティメリア科ラティメリア属のLatimeria chalumnaeである。化石のシーラカンスは主に肉鰭綱シーラカンス亜綱シーラカンス目という別の分類群に属している。彼らは現生種よりも小さく、ある内部構造を欠いている。Latimeriaの化石は見つかっておらず、したがって「生きた化石」ではありえない。
  2. たとえ、現在のシーラカンスと化石のシーラカンスが同じだったとしても、それは進化論にとって重大な問題ではない。進化論は全生物が進化しなければならないとは主張しない。環境が変化しないなら、自然選択は生物形態をおおよそ変えない傾向がある。
  3. 大半の魚類と比べて、シーラカンスには原始的な特徴があるので、一頃は魚類と四足歩行動物の中間形態の最近接種として知られていた。現在では、我々は、魚類と四足歩行動物の中間形態を示す他の化石をいくつか知っている。

Links:
  1. Lindsay, Don, 2000, Living fossils like the coelacanth.

Further Readings:
  1. Forey, Peter L., 1998. History of the Coelacanth Fishes. London: Chapman & Hall.