※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CD741:[backup]
Plate tectonics became widely accepted when bands of reversed magnetic orientation were found mirrored on either side of the Mid-Atlantic Ridge. According to the theory, the sea floor spread gradually from the Mid-Atlantic Ridge, and periodic flips in the earth's magnetic field were preserved and recorded in the rocks as emerging magma cooled. But these bands of magnetism were misinterpreted; there are no magnetic reversals. Although magnetic intensities fluctuate, these are slight deviations around a high average. A compass needle would not change direction over these bands.
地磁気の方向が大西洋中央海嶺の両側で対称になっていることが発見されたことにより、プレートテクトニクスは広く受け入れられた。この理論によれば、海洋底は大西洋中央海嶺から次第に拡大していて、地磁気の周期的な反転を記録していて、それは出現したマグマが冷却された岩石に記録されている。しかし、これらの磁場の帯は誤って解釈されている。地磁気の反転はない。地磁気の強度は変動しているが、これらは大きな値のまわりの小さな変動である。これらのバンドを乗り越えても磁針は方向を変えない。


Response:
  1. 岩石そのものに記録された地磁気の方向は変化している。1950年代の地磁気測定は海洋表面での測定であり、海底の岩の磁場の上に、現在の磁場が重ね合わさっていた[Bishop 1981]。
  2. 最も目立つデータは中央海嶺の両側で対称になっているパターンである。これは海洋底が拡大している場合に期待されるパターンである。
  3. プレートテクトニクスには大量の証拠がある。

References:
  1. Bishop, A. C., 1981. The development of the concept of continental drift. In The Evolving Earth, ed. L. R. M. Cocks, London: British Museum, pp. 155-164.