※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH505.8:
Ed Behling, a clinical psychologist working for the U.S. government in Turkey, was led to Noah's ark on Ararat in 1973 by a very old Turkish shepherd. He saw it on a cliff about 100 feet above him in foggy conditions. The front was broken off; it was basically square in cross-section. He saw 150-200 feet of it, beyond which it tapered off into the snow.
トルコで米国政府のために働いている臨床心理士Ed Behlingは、1973年に、非常に年老いたトルコ人羊飼いにアララト山のノアの箱舟に導かれた。彼は霧の中で、自分より100フィートくらい上の崖の上にノアの箱舟を見た。先端は壊れており、断面は基本的に四角形だった。彼には150~200フィート分が見えていて、あとは細くなって雪の中に埋もれていた。

Source:
Shockey, Don, 1986. Agri-Dagh, Mount Ararat: The Painful Mountain, Fresno, CA: Pioneer Publishing, pp. 35-36.

Response:
  1. Behlingの物語はおそらくホラである。彼は、箱舟研究者から彼の証言の多くの矛盾について質問されて以降、1980年代半ばから、ノアの箱舟について語るのを拒否している。たとえば、彼は13000フィートでキャンプファイアをしたと述べたが、どのようにしたかを語るのを拒否した。彼の友人はBehlingを真摯なキリスト教徒だが、大げさに話をする傾向があると評している[Crouse 1993]。
  2. もしBehlingの物語が正しいなら、何故Behlingは時代を超えて最も顕著な発見についてフォローアップしていないか疑問である。箱舟が見つからないままであることをはもっともらしくない。Behlingは彼を導いた羊飼いについて「彼は5年前に死んだのに、それに気づいていないかのように見えた」と評している。したがって、ノアの箱舟に辿りつくのは困難なことではありえない。

Link:
  1. Lippard, Jim, 1993. Sun goes down in flames -- The Jammal Ark hoax. Skeptic 2(3), or COPY

References:
  1. Crouse, Bill, 1993. Ararat Report #32, Christian Information Ministries, International, 2050 N. Collins Blvd., Suite 100, Richardson, TX 75080.




最終更新:2010年05月01日 22:43