※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH505.5:
In 1916, a story by Vladimir Roskovitsky told how he and other Russian aviators sighted the ark, nearly intact, grounded on the shore of a lake on Ararat. An expedition reached the ark about a month later. Photographs and plans were sent to the czar, but the Bolsheviks overthrew the czar a few days later, and the evidence was lost.

Later testimony revealed that that account -- even the name Roskovitsky -- was 95 percent fiction, but other Russian soldiers have told of hearing of an expedition mounted in 1917 to discover Noah's ark, based on something in a lake spotted from the air.

1916年にVladimir Roskovitskyの物語によれば、彼らロシア人パイロットたちは、アララト山の湖岸にある、ほぼ完全な形の箱舟を発見した。その約一ヶ月後に探検隊が箱舟に到達した。写真や概要が皇帝に届けられたが、ボルシェヴィキが数日後に皇帝を打倒し、証拠は失われた。

その後の証言で、Roskovitskyという名前を含めてノアの箱舟の発見の物語が95%フィクションであることが明らかになったが、他のロシア兵が、空から特定された湖の中の何らかのものに基づいて、ノアの箱舟を発見するために1917年に行われた探検について聞いたことを話した。

Source:
LaHaye, Tim and John Morris, 1976. The Ark on Ararat, Nashville: Thomas Nelson Inc. and Creation Life Publishers, pp. 76-87.

Response:
  1. 元の物語は明らかに真実ではない。しかし、物語の歴史的な核とされた部分も信頼できない。伝えられるところでは、探検がノアの箱舟にたどりつくのを、ヘビがたくさんいる沼地に妨げられたことになっている。しかし、沼地はアララト山の麓にしか存在しない[Bailey 1989, 87]。

References:
  1. Bailey, Lloyd, 1989. Noah: The Person and the Story in History and Tradition. Columbia, SC: University of South Carolina Press.




最終更新:2010年05月01日 23:40