※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH505.4:
In 1908 and again in 1910 (or in 1902, by another account), a local Armenian Georgie Hagopian, then just a boy, visited the ark with his uncle. The ark was on the edge of a cliff; its wood was like stone. He reported these details to ark searchers in 1970.

1908年と1910年(別の説明では1902年)に、地元のアルメニア人Georgie Hagopian, 後の話ではとある少年が、伯父とともにノアの箱舟を訪れた。箱舟は崖淵にあり、木材は石のようだった。彼はその詳細を箱舟研究家に1970年に語った。

Source:
LaHaye, Tim and John Morris, 1976. The Ark on Ararat, Nashville: Thomas Nelson Inc. and Creation Life Publishers, pp. 69-72.

Response:
  1. Hagopianは箱舟に少年にときに行っている。彼の叔父は明らかに箱舟の位置を正確に知っていた。Hagatopianが箱舟から帰って、若い友人たちのその話をして、多くの友人たちが箱舟を見に行った。簡単に箱舟にたどりつけることと、簡単にたどり着けないという他の探検家たちの証言は矛盾している。
  2. 箱舟の詳細は、他の証言とも創世記の記述とも一致しない。Hagopianの計測した大きさ(1000フィート×600~700フィート×40フィート)は箱舟としては大きすぎる。また、箱舟の上部は開いているが、内部に扉がない。木材は石のように硬かった。

Further Reading::
  1. Bailey, Lloyd, 1989. Noah: The Person and the Story in History and Tradition. Columbia, SC: University of South Carolina Press, pp. 86-87.



最終更新:2010年05月01日 23:49