※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH504.1:
In 1876, English explorer James Bryce found a four-foot long hand-tooled piece of wood on Ararat at the 13,000 feet level.

1876年に英国の探検家James Bryceがアララト山の高度13000フィートの地点で、人間の手で加工された4フィートの木片を発見した。

Source:
LaHaye, Tim and John Morris, 1976. The Ark on Ararat, Nashville: Thomas Nelson Inc. and Creation Life Publishers, pp. 51-55.

Response:
  1. Bryceが発見した木片は箱舟とは別のものから取り外されたものかもしれない。歴史上、何度もアララト山に繰り返し木材が運びあげられている[Bailey 1989, 105]。
    • 1829年には、Friedrich Parrotが5フィートと10フィートの重い十字架を運びあげ、それらは山頂および16000フィートの位置に長きにわたって立てられていた。
    • 1845年に、Hermann von Abichが7フィートの十字架を西側斜面高くに設置した。
    • 1859年にJ Khodzkoロシア軍大佐が7フィートの十字架を山頂に立てている。
    • アララト山には幾つかお大きな構造物と、様々な小屋が建てられている。
Bryce自身が「しかし、私が見つけた肋材の欠片の存在について、別の説明がありうることを認めなければならない。誰も遺物を疑う必要があるわけではない。このように示唆すことで、私は読書の心を煩わせたり、合理的説明をつけようとするものではない。」と書いている。 [quoted in Bailey 1989, 84].

References:
  1. Bailey, Lloyd, 1989. Noah: The Person and the Story in History and Tradition. Columbia, SC: University of South Carolina Press.




最終更新:2010年05月09日 17:02