※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH503.1:
Giant anchor stones found in the Durupinar area of the Middle East are too large and too far from water to have been transported by normal means. They are evidence for Noah's ark.
大きな錨石が中東のDurupinarで見つかった。これは非常に重く、かつ海などから遠すぎて、通常の手段では運べない。これらはノアの箱舟の証拠である。」

Source:
Wyatt, Ron, 1989. Discovered: Noah's Ark. Nashville, Tennessee: World Bible Society, pp. 21-22,24.
Fasold, David, 1988. The Ark of Noah, New York: Knightsbridge Publishing.

Response:
  1. その"錨"石はキリスト教や箱舟とは関係がありそうにない。そのおうな石はキリスト教がアルメニアに布教される前の異教が拝礼のために作ったことが知られている。"ロープを通す穴"は灯りのための穴である。この地域にキリスト教が布教されたとき、これらの石はキリスト教のシンボルを描かれて、キリスト教のものになった[Merling n.d.]。
  2. 錨石の素材となった岩石は、錨石が見つかったアララト山まわりで見つかる火成岩であり、これらはノアが出港したとされるメソポタミア(イラク)では見つからない[Collins and Fasold 1996]。その石がノアの手になるものであれば、素材となる岩石はノアが到着した場所ではなく、出港した地域から見つからなければならない。

Link:
  1. Merling, David, n.d., Has Noah's Ark been found?

References:
  1. Merling, David, n.d., Has Noah's Ark been found?
  2. Collins, L. G. and D. F. Fasold, 1996. Bogus "Noah's Ark" from Turkey exposed as a common geologic structure. Journal of Geoscience Education 44(4): 439-444.




最終更新:2010年05月09日 17:32