※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH501:
We can expect to find Noah's ark on Mount Ararat.
ノアの箱舟はアララト山で見つかるはずだ。

Source:
LaHaye, Tim and John Morris, 1976. The Ark on Ararat, Nashville: Thomas Nelson Inc. and Creation Life Publishers.

Response:
  1. アララト山(現地ではAgri Dagi)はノアの箱舟を探すには、ほぼ確実に間違った場所だ。創世記には箱舟はアララトの山々に到着したとだけ書かれていて、アララトは単一の山ではなく地域を指している[列王記下19章37節, イザヤ書37章38節, エレミア書51章27節)。この地域は、アッシリアの記録ではUrartuとして知られ、おおよそ、西はユーフラテス河、南は北イラクのTaurus Mountains西部、Lake Urmiaより少し東、北はAraxes Riverの平原を含む範囲である。「アララトの山々」は単一の山ではなく、この地域の山岳を意味する。たとえば、Lake Urmiaの西にある北クルドのQardu地域など。ノアの箱舟についての初期の記録では、ノアの箱舟はQardu地域を含む複数の違う山々にあったとされている。11世紀もしくは12世紀までは、アララト山がノアの箱舟の到着地点だと書かれたことはない[Bailey 1989, 61-82]。
  2. 箱舟のような木造の構造物は、4500年後までそのまま残るとは考えられない。アララト山の天候は厳しく変わりやすいので、野ざらしになっていれば箱舟は破壊されてしまう。ある人々は、箱舟が氷河の下で厚い氷に守られたと主張するが、これは考えにくい。まず、氷のよって箱舟は破壊される。さらに、氷河は流れているので、中にあるものは運び去られる。氷河は一様には流れないので、中にある箱舟は変形する。そして、箱舟は初めは地面の上にあったのだから、氷河によって浸蝕を受ける。

References:
  1. Bailey, 1989, see below.

Further Reading::
  1. Bailey, Lloyd, 1989. Noah: The Person and the Story in History and Tradition. Columbia: University of South Carolina Press.




最終更新:2010年05月09日 18:48