※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CH503:
Noah's ark has been found at the Durupinar site near Dogubayazit, Turkey. A symmetrical streamlined stone structure near there has the right dimensions, and interior structure and symmetrically arranged traces of metal are consistent with the ark. Also, anchor stones have been found near there.
ノアの箱舟がトルコのDogubayazit近くのDurupinarで発見された。左右対称の流線形をした岩石構造で、大きさや内部構造や、左右対称に配置された金属の痕跡は聖書に書かれた箱舟と一致している。さらに錨石も近くで発見された。

Source:
Fasold, David, 1988. The Ark of Noah, New York: Knightsbridge Publishing.
Wyatt, R. E., 1989. Discovered - Noah's Ark. Nashville, TN: World Bible Society. Also, Wyatt, R. E., 1994. "Discovered - Noah's Ark: Video documentary of research and field work". Wyatt Archaeological Research, 713 Lambert Drive, Nashville, TN, 3722

Response:
  1. 鉄の金具だと解釈された金属の痕跡は、実際には水和酸化鉄である針鉄鉱だった。この鉱物は徹底的に粘土、方解石、石英、および直閃石粒子と混合され、サンプル内に様々な化学物質が大量にあった。このようなことは、精錬された鉄ではありえない。
    箱舟の壁とされるものはリモナイトの集積である。その船のような形状は浸蝕された二重傾状向斜と一致している。そのような褶曲のストレスは、地層をまたぐ断面を形成する。そのような断面に水が流れると、壁だと解釈されたようなリモナイトの集積が形成される。
    要するに、この構造物は以下の地質学的過程を経てきたものと一致しており、以下の解釈はこの構造物の構造および周辺の地質とも整合している[Collins and Fasold 1996]。
    1. 近くの火山岩の浸蝕物が堆積して形成された岩石が圧縮される
    2. 3つの地層が褶曲して二重傾状向斜を形成する
    3. 海洋の流れで岩石の裂け目を浸蝕し、その中に化石の石灰岩を堆積させる
    4. 海底が隆起し、浸蝕によって大半の石灰岩が失われ、褶曲が露わになる
    5. 地滑りにより向斜構造のまわりに岩石や泥の塊が運ばれる
  2. 化石化した木材や木材の痕跡やアシや元素化した炭素などが構造物の周りに見られない[Collins and Fasold 1996]。
  3. Durupinarは聖書の記述と合致しない。創世記8章4-6節には、箱舟が到着してから、他の山々が見えるようになるまで2ヶ月半かかったと書かれている。DurupinarはAgri Daghの山頂から10000フィートも低いところにある。Agri Daghは箱舟が到着する前から水の上に見えていたことになる[Standish and Standish 1999, 236]。
    聖書は直方体の形状の箱舟を描写している。Wyattの箱舟は船の形をしていて、聖書に書かれた形状よりも50%幅が広い[Standish and Standish 1999, 106, 230-231]。

Link:
  1. Collins, L. G. and D. F. Fasold, 1996. Bogus "Noah's Ark" from Turkey exposed as a common geologic structure. Journal of Geoscience Education 44(4): 439-444.

References:
  1. Collins and Fasold, 1996. (see above)
  2. Standish and Standish, 1999. (see below)

Further Reading::
  1. Bailey, Lloyd, 1989. Noah: The Person and the Story in History and Tradition. Columbia, SC: University of South Carolina Press.
  2. Standish, Russell R. and Colin D. Standish, 1999. Holy Relics or Revelation. Rapidan, VA: Hartland Publications, pp. 226-251



最終更新:2010年05月09日 22:34