※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CC301:
In the Cambrian explosion, all major animal groups appear together in the fossil record fully formed instead of branching from a common ancestor, thus contradicting the evolutionary tree of life.
カンブリア爆発において、すべての主要な動物のグループが共通祖先から分岐したのではなく、完成した形で化石記録に一気に出現する。これは進化論の"Tree of Life"を否定する。

Source:
Wells, Jonathan, 2000. Icons of Evolution, Washington DC: Regnery, pp. 40-45

Response:
  1. カンブリア爆発は、完全に完成した形で同時にすべてのグループが出現したことを示していない。いくつかの動物のグループ(植物と真菌と微生物のグループをのぞく)は、今日に目にする形態とは非常に違った形態で数百万年かけて出現している。
  2. カンブリア紀の間に、動物の殻や歯などの硬い器官が初めて出現している。容易に化石化する器官がないので、先カンブリア紀の化石記録は非常に不完全なものになるだろう。先カンブリア紀の古い時代は、化石があまり残らない。
  3. 発見された先カンブリア紀の化石は分岐パターンと一致しており、突如としてカンブリア紀に出現したというのとは矛盾する。たとえば、細菌は多細胞生物の出現よりも、十分に早く出現しており、halkieridsと節足動物にいたる移行の証拠となる化石がある。
  4. 遺伝子の証拠は先カンブリア紀の分岐パターン、たとえば、動物から菌類が分岐する前に、植物は共通祖先から分岐したことを示している。