※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CD203:
The occurrence of limestone deposits that are so great and so uniform defies explanation except by massive precipitation from chemical-rich waters, consistent with catastrophism, not uniformitarianism. Dolomite sediments are not being formed at all today; they also require an exceptional explanation.

石灰岩の堆積は大量かつ一様であり、これは化学物質を大量に含む自らの析出以外に説明できず、それは天変地異説と整合し、斉一説とは整合しない。ドロマイト堆積物は現在まったく形成されず、これは例外的な説明が必要である。

Source:
Morris, Henry M., 1974. Scientific Creationism, Green Forest, AR: Master Books, p. 104.

Response:
1. 斉一過程の方が、天変地異説よりもはるかに石灰岩の形成をよく説明する:
  • 石灰岩は炭酸カルシウムとしてカリブ海など広い領域で今日も、海水から及び生物活動から析出している。
  • 石灰岩形成は通常の地質学と容易に整合する。
  • 石灰岩は砂岩やその他の岩石の地層の間の地層に出現している。1回のイベントでは、これらすべての地層を説明できない。
  • 石灰岩には天変地異で壊れてしまうような化石が含まれていることが多い。

ドロマイトに例外的な説明は必要ない。ドロマイトは、石灰石の主成分である方解石からの続成作用(地下深部における化学転位の一種)により形成される。創造論はドロマイトの起源を説明していない。ません。

2. 方解石の形成は熱を放出するので、石灰岩は大量析出から急速に形成されない。ノアの洪水で世界の石灰岩の10%が形成されたとすると、5.6x1026ジュールの熱が放出され、それは洪水の水を沸騰させるに十分である[Isaak 1998]。

References:
  1. Isaak, Mark, 1998. Problems with a global flood, 2nd ed.







最終更新:2012年12月31日 06:35