※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB926:
Evolutionists invoke preadaptation as an explanation for how some features arose. Preadaptation says that organs and other features evolved before they were needed. But an unneeded feature would never be selected, so the whole concept contradicts the theory of evolution.

進化論はある特性の出現の説明として、前適用を持ち出す。前適応は器官やその他の特性が必要になる前に進化したと主張する。しかし、不必要な特性は選択されえないので、前適応の考え自体が進化論と矛盾する。

Response:
1. 前適応は、最終的に実現する機能に必要な特性が、それ以前に進化したことを意味するが、まったく必要になる前ではない。多くの器官や特性はある用途に使われるように進化し、それが偶然に別御用途にも使えるものだった。ある目的に使われた器官や特性は、新たな、より発達した用途にも使えるようになり、新たな用途に対して自然選択が働く。以下は、その可能性のある例である:

  • サメの皮膚の固い真皮の鱗は、歯になる前に、もともと耐摩耗性により選択された。
  • 恐竜や爬虫類の皮膚上の羽毛は、もともと体温保護や性的ディスプレイとして、飛ぶための羽になる前に選択された。
  • 魚類のヒレは、脚になる前に、海中の稠密な植物の間を「歩く」能力として選択された。

これらの例では、器官や特性は最終的な用途とは別の用途に対して進化した。ある用途に有益になる前に進化したものはなく、最終的な用途に有益になる前に進化しただけである。

一部の科学者たちは、上記の主張につながる誤解を生じる「前適応(preadaptation)」という用語を意図的に避けて、「外適応(exaption)」という用語を使う。

2. ある種の前的には、最終的なニッチによく似たニッチへの適応から生じた。たとえば、

Further Readings:
  1. Gould, Stephen J., 1977. The problem of perfection, or How can a clam mount a fish on its rear end? In: Ever Since Darwin, New York: W.W. Norton & Co., pp. 103-110. Excerpted at







最終更新:2012年12月31日 22:56