※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB325:
A giraffe's heart must be quite large (it is over 24 lbs) to pump blood to the giraffe's head. A series of special one-way valves in the neck regulates blood flow, and there is a special net of elastic blood vessels at the base of the brain. Without these valves and elastic blood vessels, the blood pressure in the giraffe's head would be immense when it bends over, enough to cause brain damage. All of these features -- large heart, valves in the jugular vein, and wondernet of vessels -- must be in place simultaneously or the giraffe would die. They could not have evolved gradually.

キリンの心臓はキリンの頭に血液を送り出すために(24ポンド超の)非常に大きなものでなければならない。首の特殊な一方向弁の連なりが、血流を制御し、脳の基底部に弾性血管の特殊なネットがある。これらの弁と弾性血管がなければ、キリンが頭を曲げると、頭部の血圧が脳に損傷を引き起こすほとに高くなる。大きな心臓や頸静脈内弁や血管のネットなどの機能のすべてが同時にそろわないと、キリンは死んでしまうだろう。キリンは漸進進化できない。

Source:
Davis, Percival and Dean H. Kenyon, 1989. Of Pandas and People: The Central Question of Biological Origins (2nd ed.). Dallas, TX: Haughton, pp. 69-72.
Setterfield, Barry, 1998. Birds, beetles, and life.

Response:
  1. ダーウィンはこの主張に1868年に応えている。主張は「漸進」を「一度に、ひとつの機能」と仮定している。しかし、実際はそうではない。このなる特性が同時かつ漸進的に進化することは可能であり、ほぼ確実に同時かつ漸進的に進化した。一方向弁は血圧の低下にある程度は有効である。中間的な心臓は短い首には十分な血圧をつくれる。頭部の小さな血管ネットは、低めの血圧に対処できる。より長い首が選択されると、その他の器官・要素も少しずつ変化する。言い換えるなら、首がインチ単位で長くなると、キリンの生理機能は、次の1インチの進化前に、これをサポートするように進化した。

References:
  1. Darwin, Charles, 1868. Variation of Animals and Plants Under Domestication, vol. 2, chpt. 20. London: John Murray.

Further Readings:
  1. Gould, Stephen J., 1998. The tallest tale. In: Leonardo's Mountain of Clams and the Diet of Worms, New York: Three Rivers Press, 301-318.







最終更新:2012年12月31日 23:19