※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB822:
According to the theory of evolution, life evolved with different forms branching from a common ancestor. Recent scientific work contradicts this expectation. Molecular data indicate that the tree of life should be uprooted and discredits the homology concept.
進化論によれば、生物は共通祖先から分岐して異なる形態に進化した。分子データは"Tree of life"(生命の樹)は根こそぎにすべきで、相同性の概念を破棄すべきだと示している。


Response:
  1. この主張は、生命の初期段階で遺伝子の水平伝播が一般的だったことを指している。言い換えるなら、遺伝的情報を、単一の直接の祖先からのみ継承したわけではない。一部はまったく別の生物から得た。結果として、生命の樹は単一の幹から生じたのではなく、網状の幹から生じた[Woese 2000]。これは進化論を否定しない。これは、もうひとつの継承メカニズムがかつて一般的だったと言っているにすぎない。
  2. 遺伝子の水平伝播は生物の系統発生を否定しない。遺伝子の水平伝播は、あらゆる大型生物を含む現生生物に影響を及ぼす主要な要因ではない。「遺伝子の水平伝播は重要な進化的帰結をもたらしたが、古典的なダーウィン系統は現生生物の進化の主たるモードである」[Kurland et al. 2003, 9658; see also Daubin et al. 2003]。遺伝子の水平伝播を考慮しても、系統発生を計算することは可能である[Kim and Salisbury 2001]。

Links:
  1. Tamzek, Nic. 2002. Icon of obfuscation.

References:
  1. Daubin, V., N. A. Moran and H. Ochman. 2003. Phylogenetics and the cohesion of bacterial genomes. Science 301: 829-832. See also: Pennisi, E., 2003. Passages found through labyrinth of bacterial evolution. Science 301: 745-746.
  2. Kim, Junhyong and Benjamin A. Salisbury. 2001. A tree obscured by vines: Horizontal gene transfer and the median tree method of estimating species phylogeny. Pacific Symposium on Biocomputing 6: 571-582.
  3. Kurland, C. G., B. Canback and Otto G. Berg. 2003. Horizontal gene transfer: A critical view. Proceedings of the National Academy of Science USA 100: 9658-9662.
  4. Woese, Carl R. 2000. Interpreting the universal phylogenetic tree. Proceedings of the National Academy of Science USA 97(15): 8392-8396

Further Readings:
  1. Doolittle, W. F. 2000. Uprooting the tree of life. Scientific American 282: 90-95.
  2. Woese, Carl. 1998. The universal ancestor. Proceedings of the National Academy of Science USA 95: 6854-6859, (technical).







最終更新:2013年01月01日 01:28