※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CA320.1:
Forrest M. Mims III was fired from a job editing Scientific American's "Amateur Scientist" column because he was a creationist, a clear case of religious discrimination.

Forrest M. Mims IIIは創造論者だったので、Scientific Americanの"Amateur Scientist"コラムの編集の仕事を解雇された。これは明確な宗教差別である。


Response:
  1. Mimsは解雇されなかった。彼はそもそも雇用されていなかった[Scientific Americanの編集者であるPielによる。PielはMimsに対して彼が雇用されるだろうという信じるにたる理由をもともと提示していた]。私企業は好ましくないと思う人物を雇用しない理由を説明する必要はない。
  2. 多くの、おそらく大半の進化論者は、Pielが適切に行動しなかったことに同意するだろう。Mimsの業績は、それ自体で半田されるべきだ。
  3. ただし、Mimsはその立場にはふさわしくなかっただろう。創造論者は生物学と地質学と天文学の大半の有効性を否定し、これらの分野における創造論者の力量を疑わしいものにしている。Pielは雑誌が創造論と関連しているというパブリックリレーションの問題を気にしていて[Piel and Mims 1991]、その後の事態の推移は、彼の懸念を正当化した。多くの人々はPielが誤った判断をしたと考えるが、彼の決定にメリットがなかったわけではない。
  4. Mims自身もこの件で高潔だったわけではない。(弁護士の友人の助言にしたがったとはいえ)彼はPielとの電話を断りなく録音した。Mimsが雇用されなかったとき、Pielに対して、執拗に公に厳しく話した。この問題が大きくなったのは両者が過剰反応したことによる。

References:
  1. Piel, J. and F. Mims. 1991. Science's litmus test (telephone transcript). Harper's 282(1690) (Mar.): 28-30,32.

Further Readings:
  1. Mims, Forrest M. III. 2004. Feedback letter.







最終更新:2013年01月01日 16:05