※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CA343:
Many prominent evolutionists have declined to participate in Mastropaolo's "Life Science Prize" challenge. According to the terms of this challenge, the evolutionist and creationist each put $10,000 in escrow; they present their evidence in a courthouse to a mutually agreeable trial court judge; the judge decides which side has the science and which is religion; the side declared science wins the $20,000.

多くの著名な進化論者はMastropaoloの生命科学賞チャレンジに参加を辞退した。このチャレンジの条件によれば、進化論者と創造論者は1万ドルをエスクローする。そして、相互に合意できる裁判官に対して、法廷で証拠を提示する。裁判官はどちらが科学で、どちらが宗教かを判決する。科学と判定された側が2万ドルを受け取る。


Response:
  1. ブタと格闘するな。どちらも汚れる。そして、ブタが楽しんでいることに気付く。チャレンジ自体が、Mastropaoloに科学の能力がないことを示している。(科学者は、証拠を論じるのに法廷が必要でないことを知っている、チャレンジの条件のひとつに、証拠は科学的、すなわち客観的で、有効で、信頼できるもので、キャリブレートされたものでなければならないとある(Evidence must be scientific, that is, objective, valid, reliable and calibrated.")。キャリブレーションは測定器に対して行うもので、証拠に対するものではない。)そして、チャレンジを無視した人々を異教信仰する"Debate Dodgers"を呼ぶ。そのような声明は、チャレンジを生命科学の分野から取り出して、まったくの変人世界に置くものだ。

    進化理論の共同発見者であるAlfred Russel Wallaceは、一度、別の変人John Hampdenの地球の曲率を示すチャレンジを受けた。Wallaceはそれを成し遂げたが、その後のHampdenの法廷闘争や嫌がらせに、チャレンジを受けたのが大きな誤りだと考えるようになった[Raby 2001, 206-207]。

  2. チャレンジは法的に無効である。二人が法廷に判決を求めることはできない。裁判になるのは、一方が他方を訴えたときであり、裁判官選定権はない。

  3. 同等のチャレンジはあった。McLean vs. Arkansas裁判は創造論が宗教か科学かを問うもので、Overton裁判官は宗教だと判決した。

  4. チャレンジの条件によれば、宗教は負け側である。そのことにより、Mastropaolo は不適切に宗教に敵対的になる。

Links:
  1. Brayton, Ed. 2004 (1/13, 1/19, and 1/22). The JoMo Creationist Challenge. 2004/01/0/-1 , 2004/01/01-2 , 2004/01/01-3

References:
  1. Brayton, Ed. 2004 (Jan. 22). (see above)
  2. Raby, Peter. 2001. Alfred Russel Wallace: A Life. New Jersy: Princeton University Press.

Further Readings:
  1. Zimmerman, Michael. 2005. The Life Science Prize. Reports of the National Center for Science Education 25(5-6): 33-34.







最終更新:2013年01月20日 13:37