※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Claim CB211:
An unusual antigen receptor protein structure is shared by camels and nurse sharks (Roux et al. 1998). This, and many other similarities, can't be explained by having a common ancestor.

珍しい抗原受容体タンパク質の構造が、ラクダとシロワニ(ネズミザメ目オオワニザメ科に属するサメ)で共有されている[Roux et al. 1998]。これや、多くの類似性は共通祖先では説明できない。

Source:
Sarfati, Jonathan, 2002. Refuting Evolution 2. Green Forest, AR: Master Books, p. 113.

Response:
  1. 収斂進化は、コウモリと鳥類の翼のような大きな構造で起きていることが、以前から知られている。Roux et al.[1998]は「分子レベルの収斂進化は広く起きていると考えられているが、あまり実証されていない。タンパク質もその例である。

    類似性は、進化論のもとで、遺伝や収斂や偶然で説明される。収斂では、類似した器官に対して、類似した選択圧がかかったと考える。そして、類似した構造の詳細部分の違いがあると考える。そして、まさしくここで我々は観察している。タンパク質をコーディングしているサメとラクダのDNAシーケンスは違っている[Roux et al. 1998]。

References:
  1. Roux, Kenneth H. et al. 1998. Structural analysis of the nurse shark (new) antigen receptor (NAR): Molecular convergence of NAR and unusual mammalian immunoglobulins. Proceedings of the National Academy of Science USA 95(20): 11804-11809.




最終更新:2013年01月20日 13:57