トップページ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここはジョジョメモ(ときジョジョ)やAdobe割れなどの問題を起こした

kuren氏の行動・問題点などをまとめたwikiです
 


 

概要

kuren氏が「ジョジョの奇妙な冒険」と「ときめきメモリアル Girl's Side」のパロディーサイトである
「ときジョジョ」(公開当初のサイト名:ときめきジョジョリアル)を公開し、
TwitterでのRT拡散やまとめブログ・アフィブログ等に多数掲載されたことにより話題になるが、
そのサイトが原作者や声優など実在する名称を無断使用し、
二次創作、パロディでありながら原作である漫画やゲームの権利者を無視したものであったため指摘の声が集まる

現在は「サイトが原因で体調不良、閉鎖した方が自分の精神衛生上よい」(kuren氏談要約)という理由で「ときジョジョ」は閉鎖されている
(ただし内容自体はkuren氏本人のサイト内に移動している)

また、製作者のkuren氏がPhotoshop、Illustrator(合計約15万円)の違法ダウンロード・コピーをしている事も判明した

 

何が問題なのか

*ジョジョメモ問題

  • ジョジョメモ(ときジョジョ)は原作者名などを無断使用する、ロゴをトレスするなど著作権の面でアウトであること
  • それに対するkuren氏の意識が低い(「怒られたら直せばいい」など)こと
  • 二次創作というのは「一般人有志のファン活動」ということで、版権元にお目こぼし・黙認をもらっている状態である
  • プロや業界ゴロの二次創作の場合、海賊版グッズのような違法ゾーンにも入りかねないため、権利を侵害されたと版権元が判断した場合
    ジャンル全体への警告の意味で厳しい行動に出る事がある(特定サークルへの警告、逮捕など)
  • その場合一斉にサークルが活動を自粛し、ジャンル消滅につながることも
  • ときメモの版権元であるコナミは特に厳しい事で有名で、過去にサークルに警告を出した前例多数(
  • 問題のkuren氏は活動を特定のジャンルに限らず色々なジャンルを移動するスタイルなので、ジャンルにダメージがあってもそのまま別の流行ジャンルに移動して知らん顔できる
  • そうやって各ジャンルに迷惑をかけ続けることになるので、被害防止のための警告、追随者が出るのを防止したい

 

*Adobe割れ問題

Photoshopディスクの使い回しとインターネット上での違法ダウンロードの二つの問題がある

  • ディスクの使い回しによって本来支払うべきライセンス料を支払わないことは、ライセンス違反であること
  • 上記の問題が発覚したブログ記事から、kuren氏の企業がライセンス違反をしている可能性が伺えること
  • (違法ダウンロードについて:一時、AdobeからPhotoshop CS2やIllustratorCS2などが無料でダウンロード可能となっていた)
    ライセンスを所持していない人間がこれらを無料でダウンロードすると、ライセンス違反となること


 

 

ジョジョメモサイト(閉鎖)http://orange-star.under.jp/tokijojo/top.html

Pixivhttp://www.pixiv.net/member.php?id=963

Twitterhttps://twitter.com/kuren62

ときジョジョ問題・Adobe割れ問題についての謝罪文の魚拓http://megalodon.jp/2013-0327-0200-03/crazy-diary.orange-star.under.jp/?eid=1264567

 

1999年、コナミが恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」を題材とした
「どきどきイマジネーション」という18禁同人アニメを著作者人格権侵害として訴訟を起こし、
裁判所は該当サークルに227万5000円の支払いを命じたため、該当ゲームの二次創作を行うサークルが自粛を行い
ときメモの二次創作は姿を消したという経緯がある
(判決文:http://www.translan.com/jucc/precedent-1999-08-30.html

 

 

最終更新:2013年04月04日 14:16