趣味:アウトドア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページ作成:玄霧

趣味アイドレスってあるといいよね、ということで作ってみました





部品構造


  • 大部品: 趣味:アウトドア RD:7 評価値:4
    • 部品: アウトドアとは?
    • 部品: 長時間の活動のために
    • 部品: 泳ぐ時には
    • 部品: 釣りの楽しみ方
    • 部品: 火おこしと火の後始末
    • 部品: 服装について
    • 部品: 汗の対応と水分補給の重要性



部品定義


部品: アウトドアとは?

屋外での活動をさす言葉で、一般的な定義では「自然豊かな野外での活動」とされる。
有名なものはキャンプなどだが、天体観測や野鳥観察もアウトドアに含まれる。

部品: 長時間の活動のために

アウトドアと一言で言っても行き先は様々である。
しかし大抵の場合、徒歩による長時間の移動が発生する。その際に備え、よく履きなれた、少しいい靴を用意しておくのが望ましい。
また、荷物はなるべく軽く、もしもの際に連絡が着くものを持つ、等の注意も忘れずにしたい。

部品: 泳ぐ時には

海や川、湖に行けば、泳ぎたくなるのが人のサガかもしれない。
しかし、海には海の、川には川の危険があることを忘れてはならない。
シッカリと準備体操を行って体をほぐし、海でも川・湖でも、陸地から離れすぎない場所で泳ぐことが安全の上では望ましい。

部品: 釣りの楽しみ方

水辺に行けば泳ぎたくなるほかに、釣りをしたくなるのも趣味人のサガであろう。
海には海の、川には川の仕掛けや餌があるので事前の準備はしっかりと。
しかし、釣りを楽しむという意味で一番大事なことは「待つことを楽しめるかどうか」に尽きる。
釣れなくてイライラするのではなく、環境音を楽しみながらのんびりと時間を過ごすのが、一つの贅沢だと思えば釣りはより楽しくなる。
もちろん、そのうえで連れたらもっと楽しい。

部品: 火おこしと火の後始末

キャンプや夜間の天体観察などでは野外で火を起こすこともある。
その際、火を起こす際には周囲に気を付け、可燃物を遠ざけるなどせねばならない。
そして、何より重要なのは火の後始末である。
しっかりと火を消した後、水をかけて完全に火種を消す。さらにその上から砂をかけておく。
ここまでせねば、何かのはずみで燃え上がり、大規模な山火事なども、十分起こり得るのだ。

部品: 服装について

アウトドアにおいては、どこに向かうかによって服装はかなり変わってくる。
そのうえで大事なのは、野外活動をする際には長袖と長ズボンをが推奨される。
袖や裾が短いと、虫にかまれる・植物で足を切る等が起こり、最悪の場合は傷口からの感染症もありうる。
そういったことを避けるために、なるべく服装はしっかりとするのが望ましい。
夏の暑い日などは大変だが、そういった時こそ気を付けたい。

部品: 汗の対応と水分補給の重要性

外を歩くことの多いアウトドアでは、汗をかくことが多い。
夏場は特に汗をかくため、充分な水分と塩分補給をすることが必要だ。
冬場は冬場で、着込んだ服の中で汗をかき、休憩中に服をはだけることで外気で汗が冷え、同時に体が冷える。ということが起こる。
衛生面を考えても汗をそのままにするのは良くないため、汗を拭くタオルと簡単に水分補給できるような水筒だけは最低でも持ち歩こう。



提出書式


 大部品: 趣味:アウトドア RD:7 評価値:4
 -部品: アウトドアとは?
 -部品: 長時間の活動のために
 -部品: 泳ぐ時には
 -部品: 釣りの楽しみ方
 -部品: 火おこしと火の後始末
 -部品: 服装について
 -部品: 汗の対応と水分補給の重要性
 
 
 部品: アウトドアとは?
 屋外での活動をさす言葉で、一般的な定義では「自然豊かな野外での活動」とされる。
 有名なものはキャンプなどだが、天体観測や野鳥観察もアウトドアに含まれる。
 
 部品: 長時間の活動のために
 アウトドアと一言で言っても行き先は様々である。
 しかし大抵の場合、徒歩による長時間の移動が発生する。その際に備え、よく履きなれた、少しいい靴を用意しておくのが望ましい。
 また、荷物はなるべく軽く、もしもの際に連絡が着くものを持つ、等の注意も忘れずにしたい。
 
 部品: 泳ぐ時には
 海や川、湖に行けば、泳ぎたくなるのが人のサガかもしれない。
 しかし、海には海の、川には川の危険があることを忘れてはならない。
 シッカリと準備体操を行って体をほぐし、海でも川・湖でも、陸地から離れすぎない場所で泳ぐことが安全の上では望ましい。
 
 部品: 釣りの楽しみ方
 水辺に行けば泳ぎたくなるほかに、釣りをしたくなるのも趣味人のサガであろう。
 海には海の、川には川の仕掛けや餌があるので事前の準備はしっかりと。
 しかし、釣りを楽しむという意味で一番大事なことは「待つことを楽しめるかどうか」に尽きる。
 釣れなくてイライラするのではなく、環境音を楽しみながらのんびりと時間を過ごすのが、一つの贅沢だと思えば釣りはより楽しくなる。
 もちろん、そのうえで連れたらもっと楽しい。
 
 部品: 火おこしと火の後始末
 キャンプや夜間の天体観察などでは野外で火を起こすこともある。
 その際、火を起こす際には周囲に気を付け、可燃物を遠ざけるなどせねばならない。
 そして、何より重要なのは火の後始末である。
 しっかりと火を消した後、水をかけて完全に火種を消す。さらにその上から砂をかけておく。
 ここまでせねば、何かのはずみで燃え上がり、大規模な山火事なども、十分起こり得るのだ。
 
 部品: 服装について
 アウトドアにおいては、どこに向かうかによって服装はかなり変わってくる。
 そのうえで大事なのは、野外活動をする際には長袖と長ズボンをが推奨される。
 袖や裾が短いと、虫にかまれる・植物で足を切る等が起こり、最悪の場合は傷口からの感染症もありうる。
 そういったことを避けるために、なるべく服装はしっかりとするのが望ましい。
 夏の暑い日などは大変だが、そういった時こそ気を付けたい。
 
 部品: 汗の対応と水分補給の重要性
 外を歩くことの多いアウトドアでは、汗をかくことが多い。
 夏場は特に汗をかくため、充分な水分と塩分補給をすることが必要だ。
 冬場は冬場で、着込んだ服の中で汗をかき、休憩中に服をはだけることで外気で汗が冷え、同時に体が冷える。ということが起こる。
 衛生面を考えても汗をそのままにするのは良くないため、汗を拭くタオルと簡単に水分補給できるような水筒だけは最低でも持ち歩こう。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "趣味:アウトドア",
     "type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "アウトドアとは?",
         "description": "屋外での活動をさす言葉で、一般的な定義では「自然豊かな野外での活動」とされる。\n有名なものはキャンプなどだが、天体観測や野鳥観察もアウトドアに含まれる。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "長時間の活動のために",
         "description": "アウトドアと一言で言っても行き先は様々である。\nしかし大抵の場合、徒歩による長時間の移動が発生する。その際に備え、よく履きなれた、少しいい靴を用意しておくのが望ましい。\nまた、荷物はなるべく軽く、もしもの際に連絡が着くものを持つ、等の注意も忘れずにしたい。",
         "type": "parts",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "泳ぐ時には",
         "description": "海や川、湖に行けば、泳ぎたくなるのが人のサガかもしれない。\nしかし、海には海の、川には川の危険があることを忘れてはならない。\nシッカリと準備体操を行って体をほぐし、海でも川・湖でも、陸地から離れすぎない場所で泳ぐことが安全の上では望ましい。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "釣りの楽しみ方",
         "description": "水辺に行けば泳ぎたくなるほかに、釣りをしたくなるのも趣味人のサガであろう。\n海には海の、川には川の仕掛けや餌があるので事前の準備はしっかりと。\nしかし、釣りを楽しむという意味で一番大事なことは「待つことを楽しめるかどうか」に尽きる。\n釣れなくてイライラするのではなく、環境音を楽しみながらのんびりと時間を過ごすのが、一つの贅沢だと思えば釣りはより楽しくなる。\nもちろん、そのうえで連れたらもっと楽しい。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "火おこしと火の後始末",
         "description": "キャンプや夜間の天体観察などでは野外で火を起こすこともある。\nその際、火を起こす際には周囲に気を付け、可燃物を遠ざけるなどせねばならない。\nそして、何より重要なのは火の後始末である。\nしっかりと火を消した後、水をかけて完全に火種を消す。さらにその上から砂をかけておく。\nここまでせねば、何かのはずみで燃え上がり、大規模な山火事なども、十分起こり得るのだ。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "服装について",
         "description": "アウトドアにおいては、どこに向かうかによって服装はかなり変わってくる。\nそのうえで大事なのは、野外活動をする際には長袖と長ズボンをが推奨される。\n袖や裾が短いと、虫にかまれる・植物で足を切る等が起こり、最悪の場合は傷口からの感染症もありうる。\nそういったことを避けるために、なるべく服装はしっかりとするのが望ましい。\n夏の暑い日などは大変だが、そういった時こそ気を付けたい。",
         "type": "parts"
       },
       {
         "title": "汗の対応と水分補給の重要性",
         "description": "外を歩くことの多いアウトドアでは、汗をかくことが多い。\n夏場は特に汗をかくため、充分な水分と塩分補給をすることが必要だ。\n冬場は冬場で、着込んだ服の中で汗をかき、休憩中に服をはだけることで外気で汗が冷え、同時に体が冷える。ということが起こる。\n衛生面を考えても汗をそのままにするのは良くないため、汗を拭くタオルと簡単に水分補給できるような水筒だけは最低でも持ち歩こう。",
         "type": "parts"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月14日 14:51