ネクロマンサー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページ作成:玄霧


ようやっとできた・・・




部品構造


  • 大部品: ネクロマンサー RD:27 評価値:8
    • 大部品: ネクロマンサーの着用制限 RD:3 評価値:2
      • 部品: 前提条件:竜牙の使い手
      • 部品: 影響を最小限に抑える手段を持つ
      • 部品: そもそもネクロマンサーになるには
    • 大部品: 概要と役目 RD:5 評価値:3
      • 部品: 広義のネクロマンサー
      • 部品: フィクションにおけるネクロマンサー
      • 部品: NWにおけるネクロマンサー
      • 部品: 為すべき役割
      • 部品: 悪用した際の結末
    • 大部品: 特徴的な容姿 RD:1 評価値:0
      • 部品: 落ちくぼんだ目
    • 大部品: ネクロマンサーの能力 RD:18 評価値:7
      • 部品: 死を操る
      • 部品: 死者の霊を呼びよせる
      • 部品: 死者を蘇らせる(不完全)
      • 部品: ゾンビ作成
      • 部品: 不敵な笑い
      • 部品: 禍々しい短剣
      • 大部品: 死の指 RD:6 評価値:4
        • 部品: 呪いの一種
        • 部品: 細胞を殺す
        • 部品: 直接接触による付与
        • 部品: 指をさすことで発動できる
        • 部品: ガンド撃ち
        • 部品: 即座に判別できない
      • 大部品: 還環の魔法 RD:6 評価値:4
        • 部品: 魂の循環を正す
        • 部品: 魂を正しく導く
        • 部品: 光の環
        • 部品: さまよう魂を命の環に戻す
        • 部品: 大地を浄化する
        • 部品: 対アンデッド能力



部品定義


部品: 前提条件:竜牙の使い手

ネクロマンサーとなるためには、まずは竜牙の使い手とならねばならない。
竜牙の使い手の着用制限もかかるため、ネクロマンサーとなる者は極めて少ない。

部品: 影響を最小限に抑える手段を持つ

極めて特殊な職業のため、影響力の高いものが着用し、広まってしまうと多大な問題を引き起こすこととなる。
そのため、ネクロマンサーとなるには
  • 影響力の極めて少ない存在である(知名度が低い、表に出てこない等)
  • 変装の手段を持つ
  • 一定の場所にとどまらない旅人である
などの、影響力の低い存在でなければならない
稀に、暗黒の大司祭のような存在ならばそもそも隠さないこともある。

部品: そもそもネクロマンサーになるには

前提条件の竜牙の使い手の条件が希少である。
そのうえでネクロマンサーになるためには、生と死に触れ、それが世界にもたらす影響を知り、扱うことの意味を知ったものが何かのきっかけで開眼するしかない。
その条件を満たすのは100万人に一人とも1000万人に一人ともいわれている。
一説には、星見司や緑オーマ(もしくはカラー診断で緑と言われた人)が多いとされるが、これも真偽は不明。

部品: 広義のネクロマンサー

広義では、ネクロマンサーとはネクロマンシー(死者や霊を介して行われる魔術)を操る術者とされる。
死体による占い全般を指す通俗的な呼称であり、未来・過去の情報を得るために死者の霊魂を呼び出し、一時的な生命を与えることで情報を得る。
呼び出した霊魂にその死体を宛がって活をいれ、仮初めの生命を与え、会話により情報を得るわけである。

なお、霊魂のみを呼びよせるものはネクロマンシーではなく「影占い」「口寄せ」とされる。

部品: フィクションにおけるネクロマンサー

死者の霊魂などを自在に操り、ゾンビやスケルトンを生み出す所謂「死霊魔術」を操る魔術師として描かれることが多い。
扱う術法の内容からか、悪役であることが多く、また、自らもアンデッドであることが多い。


部品: NWにおけるネクロマンサー

NWと我々におけるネクロマンサーとしては、クーリンガンの存在を抜きには語れないだろう。
恐ろしい計略の数々とゾンビやスケルトンの群れ、そして本人や高弟たちに苦しめられた人は少なくない。
だがしかし、幾度とない戦いの末に協調するようになったいま、彼は「光と闇」「生と死」のバランスをとる番人としての側面が強い。
ネクロマンサーになる者は、元締めとしてクーリンガンが存在することを忘れてはいけない。

部品: 為すべき役割

NWでは、ネクロマンサーは死体の穢れを魔力としてこれを払い、輪に帰ることが出来ない魂を還すことが役目とされる。
竜牙の使い手が竜の死骸に宿る魔力を拡散させて無害化するように、死者の体に宿る穢れを払う。
変なたとえであるが、魂の清掃員のようなものである。

部品: 悪用した際の結末

ネクロマンサーの力を悪用するものは、クーリンガンに目を付けられる。
これだけでどうなるかは、もはや説明する必要もないだろう。
そうならないように気を付けるべきである。

部品: 落ちくぼんだ目

死を操ることに長けた反動か、目の下に深いクマがうまれ、落ちくぼんだような目になってしまう。
これを隠すために、アイシャドウ等の化粧をしたり、サングラスやバイザーを掛けたりする。
稀にそのままの人もいる。もともと不健康そうな見た目なら意外と気づかれないのかもしれない。

部品: 死を操る

死者に宿る穢れ(魔力)を使い、霊魂や死体等を操ったり、抵抗力の無いものをを死亡させたりと、まさに「死」を操る力を持つ。
死体があればあるほど利用・使役できるものは増えていくが、やりすぎると光と闇のバランスを壊してしまう。
そのようなことになれば、目を付けられる。あとは語るまでもない。

部品: 死者の霊を呼びよせる

ネクロマンシーは降霊術の一種でもある。死者の霊魂に働きかけ、また、輪廻の輪に帰れず地にとどまっている霊魂を呼び寄せることが出来る。

部品: 死者を蘇らせる(不完全)

ネクロマンサーとは、生きている者に死を与えるだけではなく、死したものに生を与えるものでもある。
ただし、これには術者の技量がそのまま直接反映されるため、ネクロマンサーだとしても、生者を即死させたり、死者を完全によみがえらせることは不可能。
より高位のネクロマンサーともなれば可能にもなるが、世界のバランスを著しく崩す技術・存在である。

部品: ゾンビ作成

竜牙兵ではなく、死者の霊魂を操り、死体に憑依させることでゾンビを作ることが可能。
NWではこの技術にひどく苦しめられた経緯があるため、PCのネクロマンサーは使いたがらない。

部品: 不敵な笑い

ネクロマンサーとは、常に冷静でなければならない。
扱うものが死霊である以上、感情のブレは術に多大な影響を与えるからだ。
常に落ち着き、笑みを浮かべるくらいの精神を保つ事が重要。

また、ふてぶてしい態度を崩さないことはハッタリともなり、ピンチの時でも余裕を崩さないことは、相手の判断を誤らせることもできる。

部品: 禍々しい短剣

ネクロマンサーは皆、禍々しい短剣を持っている。
これには殺傷力はないが、能力を使用する際の焦点具としての用途があるほか、身分証明のようなものでもある。

部品: 呪いの一種

この技は、魔法的な力による呪いの一種である。
魔法系の治療により解呪に成功すれば無力化されるが、術者同士の実力により解呪の難易度は変動する。

部品: 細胞を殺す

この技は、相手の体細胞に魔力を流して働きかけ、自滅させていく技である。
自滅した細胞は隣接する細胞にじわじわと影響を与えてゆき、最終的には体全体の細胞を死滅させる。

部品: 直接接触による付与

相手の体に直接触れることで、より強力に力を流し込む方法。
触れた場所からじわじわと細胞が死滅していくが、気づかれるまでには時間が必要。
街角ですれ違いながらそっと触る、挨拶と同時に肩をたたく、などの動作に含めて行えるため、判別が難しいのも特徴。

部品: 指をさすことで発動できる

本来、相手を指さすという行為は呪いの一種である。
そのため、指を向けた相手に向けて魔力を放ち、体の一部の細胞に向けて働きかけることで死の指を発動させることも可能。

部品: ガンド撃ち

相手に指を向けて魔力を注ぐ際、注ぐ魔力を集中することで直接的に被害を与えることも可能。
当たった場所に損傷を与え、その傷口の周りが波紋が広がるように死滅していく。
しかし、あまりに目立ちすぎるため、この方法で死の指を発動させることは極めて稀である。

部品: 即座に判別できない

この呪いは遅効性であり、指さされた瞬間、触れられた瞬間には魔力に対する抵抗が無い人では判断がつかない。
そのため、体に変調をきたしてから判明し、解呪の難易度が上がっていることが多い。
対応としては魔除けのお守り等があるが、極めて悪質な技である。

部品: 魂の循環を正す

本来、人の魂は肉体が死滅した後に大いなる命の環に帰る。
しかし、大地が汚染されていたり、肉体が汚染されていたりすると、魂が正常な環に戻れなくなり、魂が澱んで変質してしまう。
ネクロマンサーの仕事のとして、そういった魂を正しく循環させることがあり、この魔法はそのための技術である。

部品: 魂を正しく導く

還環の魔法で働きかけるのは、循環するための道を開き、魂に正しき道を教えることにある。
魂に直接作用させるのではなく、道を整え、誘導する技術である。

部品: 光の環

還環の魔法を発動させると、光の環が現れる。
これをガイドビーコンのように使い、魂に行き先を教え、天に昇らせ誘導する。

部品: さまよう魂を命の環に戻す

死者の魂は別の世界をめぐる。それが滞り、命が廻らなくなった世界は滅んでしまう。
そのバランスをとるためにも、この魔法により魂を正しく天に還すのが必要である

部品: 大地を浄化する

命とは何も、人間だけにあるものではない。
大地に生きる動物、海を行く魚たち、空を飛ぶ鳥たち。果ては植物にだって、大地にも命は満ちている。
それらの循環も滞ると、土地そのものが汚染されていく。
還環の魔法は、そういった魂も導くことで、汚染された土地を浄化する側面もある

部品: 対アンデッド能力

命を正しい環に還すための還環の魔法は、生み出されたアンデッドを浄化し、命の環に還す効果がある。
そのため、ゾンビやスケルトン程度ならば、正しく魔法が発動すれば浄化が可能である。
それよりも上位の物等にはそこまでの効果はないが、働きかけることは可能。



提出書式


 大部品: ネクロマンサー RD:27 評価値:8
 -大部品: ネクロマンサーの着用制限 RD:3 評価値:2
 --部品: 前提条件:竜牙の使い手
 --部品: 影響を最小限に抑える手段を持つ
 --部品: そもそもネクロマンサーになるには
 -大部品: 概要と役目 RD:5 評価値:3
 --部品: 広義のネクロマンサー
 --部品: フィクションにおけるネクロマンサー
 --部品: NWにおけるネクロマンサー
 --部品: 為すべき役割
 --部品: 悪用した際の結末
 -大部品: 特徴的な容姿 RD:1 評価値:0
 --部品: 落ちくぼんだ目
 -大部品: ネクロマンサーの能力 RD:18 評価値:7
 --部品: 死を操る
 --部品: 死者の霊を呼びよせる
 --部品: 死者を蘇らせる(不完全)
 --部品: ゾンビ作成
 --部品: 不敵な笑い
 --部品: 禍々しい短剣
 --大部品: 死の指 RD:6 評価値:4
 ---部品: 呪いの一種
 ---部品: 細胞を殺す
 ---部品: 直接接触による付与
 ---部品: 指をさすことで発動できる
 ---部品: ガンド撃ち
 ---部品: 即座に判別できない
 --大部品: 還環の魔法 RD:6 評価値:4
 ---部品: 魂の循環を正す
 ---部品: 魂を正しく導く
 ---部品: 光の環
 ---部品: さまよう魂を命の環に戻す
 ---部品: 大地を浄化する
 ---部品: 対アンデッド能力
 
 
 部品: 前提条件:竜牙の使い手
 ネクロマンサーとなるためには、まずは竜牙の使い手とならねばならない。
 竜牙の使い手の着用制限もかかるため、ネクロマンサーとなる者は極めて少ない。
 
 部品: 影響を最小限に抑える手段を持つ
 極めて特殊な職業のため、影響力の高いものが着用し、広まってしまうと多大な問題を引き起こすこととなる。
 そのため、ネクロマンサーとなるには
 ・影響力の極めて少ない存在である(知名度が低い、表に出てこない等)
 ・変装の手段を持つ
 ・一定の場所にとどまらない旅人である
 などの、影響力の低い存在でなければならない
 稀に、暗黒の大司祭のような存在ならばそもそも隠さないこともある。
 
 部品: そもそもネクロマンサーになるには
 前提条件の竜牙の使い手の条件が希少である。
 そのうえでネクロマンサーになるためには、生と死に触れ、それが世界にもたらす影響を知り、扱うことの意味を知ったものが何かのきっかけで開眼するしかない。
 その条件を満たすのは100万人に一人とも1000万人に一人ともいわれている。
 一説には、星見司や緑オーマ(もしくはカラー診断で緑と言われた人)が多いとされるが、これも真偽は不明。
 
 部品: 広義のネクロマンサー
 広義では、ネクロマンサーとはネクロマンシー(死者や霊を介して行われる魔術)を操る術者とされる。
 死体による占い全般を指す通俗的な呼称であり、未来・過去の情報を得るために死者の霊魂を呼び出し、一時的な生命を与えることで情報を得る。
 呼び出した霊魂にその死体を宛がって活をいれ、仮初めの生命を与え、会話により情報を得るわけである。
 
 なお、霊魂のみを呼びよせるものはネクロマンシーではなく「影占い」「口寄せ」とされる。
 
 部品: フィクションにおけるネクロマンサー
 死者の霊魂などを自在に操り、ゾンビやスケルトンを生み出す所謂「死霊魔術」を操る魔術師として描かれることが多い。
 扱う術法の内容からか、悪役であることが多く、また、自らもアンデッドであることが多い。
 
 
 部品: NWにおけるネクロマンサー
 NWと我々におけるネクロマンサーとしては、クーリンガンの存在を抜きには語れないだろう。
 恐ろしい計略の数々とゾンビやスケルトンの群れ、そして本人や高弟たちに苦しめられた人は少なくない。
 だがしかし、幾度とない戦いの末に協調するようになったいま、彼は「光と闇」「生と死」のバランスをとる番人としての側面が強い。
 ネクロマンサーになる者は、元締めとしてクーリンガンが存在することを忘れてはいけない。
 
 部品: 為すべき役割
 NWでは、ネクロマンサーは死体の穢れを魔力としてこれを払い、輪に帰ることが出来ない魂を還すことが役目とされる。
 竜牙の使い手が竜の死骸に宿る魔力を拡散させて無害化するように、死者の体に宿る穢れを払う。
 変なたとえであるが、魂の清掃員のようなものである。
 
 部品: 悪用した際の結末
 ネクロマンサーの力を悪用するものは、クーリンガンに目を付けられる。
 これだけでどうなるかは、もはや説明する必要もないだろう。
 そうならないように気を付けるべきである。
 
 部品: 落ちくぼんだ目
 死を操ることに長けた反動か、目の下に深いクマがうまれ、落ちくぼんだような目になってしまう。
 これを隠すために、アイシャドウ等の化粧をしたり、サングラスやバイザーを掛けたりする。
 稀にそのままの人もいる。もともと不健康そうな見た目なら意外と気づかれないのかもしれない。
 
 部品: 死を操る
 死者に宿る穢れ(魔力)を使い、霊魂や死体等を操ったり、抵抗力の無いものをを死亡させたりと、まさに「死」を操る力を持つ。
 死体があればあるほど利用・使役できるものは増えていくが、やりすぎると光と闇のバランスを壊してしまう。
 そのようなことになれば、目を付けられる。あとは語るまでもない。
 
 部品: 死者の霊を呼びよせる
 ネクロマンシーは降霊術の一種でもある。死者の霊魂に働きかけ、また、輪廻の輪に帰れず地にとどまっている霊魂を呼び寄せることが出来る。
 
 部品: 死者を蘇らせる(不完全)
 ネクロマンサーとは、生きている者に死を与えるだけではなく、死したものに生を与えるものでもある。
 ただし、これには術者の技量がそのまま直接反映されるため、ネクロマンサーだとしても、生者を即死させたり、死者を完全によみがえらせることは不可能。
 より高位のネクロマンサーともなれば可能にもなるが、世界のバランスを著しく崩す技術・存在である。
 
 部品: ゾンビ作成
 竜牙兵ではなく、死者の霊魂を操り、死体に憑依させることでゾンビを作ることが可能。
 NWではこの技術にひどく苦しめられた経緯があるため、PCのネクロマンサーは使いたがらない。
 
 部品: 不敵な笑い
 ネクロマンサーとは、常に冷静でなければならない。
 扱うものが死霊である以上、感情のブレは術に多大な影響を与えるからだ。
 常に落ち着き、笑みを浮かべるくらいの精神を保つ事が重要。
 
 また、ふてぶてしい態度を崩さないことはハッタリともなり、ピンチの時でも余裕を崩さないことは、相手の判断を誤らせることもできる。
 
 部品: 禍々しい短剣
 ネクロマンサーは皆、禍々しい短剣を持っている。
 これには殺傷力はないが、能力を使用する際の焦点具としての用途があるほか、身分証明のようなものでもある。
 
 部品: 呪いの一種
 この技は、魔法的な力による呪いの一種である。
 魔法系の治療により解呪に成功すれば無力化されるが、術者同士の実力により解呪の難易度は変動する。
 
 部品: 細胞を殺す
 この技は、相手の体細胞に魔力を流して働きかけ、自滅させていく技である。
 自滅した細胞は隣接する細胞にじわじわと影響を与えてゆき、最終的には体全体の細胞を死滅させる。
 
 部品: 直接接触による付与
 相手の体に直接触れることで、より強力に力を流し込む方法。
 触れた場所からじわじわと細胞が死滅していくが、気づかれるまでには時間が必要。
 街角ですれ違いながらそっと触る、挨拶と同時に肩をたたく、などの動作に含めて行えるため、判別が難しいのも特徴。
 
 部品: 指をさすことで発動できる
 本来、相手を指さすという行為は呪いの一種である。
 そのため、指を向けた相手に向けて魔力を放ち、体の一部の細胞に向けて働きかけることで死の指を発動させることも可能。
 
 部品: ガンド撃ち
 相手に指を向けて魔力を注ぐ際、注ぐ魔力を集中することで直接的に被害を与えることも可能。
 当たった場所に損傷を与え、その傷口の周りが波紋が広がるように死滅していく。
 しかし、あまりに目立ちすぎるため、この方法で死の指を発動させることは極めて稀である。
 
 部品: 即座に判別できない
 この呪いは遅効性であり、指さされた瞬間、触れられた瞬間には魔力に対する抵抗が無い人では判断がつかない。
 そのため、体に変調をきたしてから判明し、解呪の難易度が上がっていることが多い。
 対応としては魔除けのお守り等があるが、極めて悪質な技である。
 
 部品: 魂の循環を正す
 本来、人の魂は肉体が死滅した後に大いなる命の環に帰る。
 しかし、大地が汚染されていたり、肉体が汚染されていたりすると、魂が正常な環に戻れなくなり、魂が澱んで変質してしまう。
 ネクロマンサーの仕事のとして、そういった魂を正しく循環させることがあり、この魔法はそのための技術である。
 
 部品: 魂を正しく導く
 還環の魔法で働きかけるのは、循環するための道を開き、魂に正しき道を教えることにある。
 魂に直接作用させるのではなく、道を整え、誘導する技術である。
 
 部品: 光の環
 還環の魔法を発動させると、光の環が現れる。
 これをガイドビーコンのように使い、魂に行き先を教え、天に昇らせ誘導する。
 
 部品: さまよう魂を命の環に戻す
 死者の魂は別の世界をめぐる。それが滞り、命が廻らなくなった世界は滅んでしまう。
 そのバランスをとるためにも、この魔法により魂を正しく天に還すのが必要である
 
 部品: 大地を浄化する
 命とは何も、人間だけにあるものではない。
 大地に生きる動物、海を行く魚たち、空を飛ぶ鳥たち。果ては植物にだって、大地にも命は満ちている。
 それらの循環も滞ると、土地そのものが汚染されていく。
 還環の魔法は、そういった魂も導くことで、汚染された土地を浄化する側面もある
 
 部品: 対アンデッド能力
 命を正しい環に還すための還環の魔法は、生み出されたアンデッドを浄化し、命の環に還す効果がある。
 そのため、ゾンビやスケルトン程度ならば、正しく魔法が発動すれば浄化が可能である。
 それよりも上位の物等にはそこまでの効果はないが、働きかけることは可能。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "ネクロマンサー",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "ネクロマンサーの着用制限",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "前提条件:竜牙の使い手",
             "description": "ネクロマンサーとなるためには、まずは竜牙の使い手とならねばならない。\n竜牙の使い手の着用制限もかかるため、ネクロマンサーとなる者は極めて少ない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "影響を最小限に抑える手段を持つ",
             "description": "極めて特殊な職業のため、影響力の高いものが着用し、広まってしまうと多大な問題を引き起こすこととなる。\nそのため、ネクロマンサーとなるには\n・影響力の極めて少ない存在である(知名度が低い、表に出てこない等)\n・変装の手段を持つ\n・一定の場所にとどまらない旅人である\nなどの、影響力の低い存在でなければならない\n稀に、暗黒の大司祭のような存在ならばそもそも隠さないこともある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "そもそもネクロマンサーになるには",
             "description": "前提条件の竜牙の使い手の条件が希少である。\nそのうえでネクロマンサーになるためには、生と死に触れ、それが世界にもたらす影響を知り、扱うことの意味を知ったものが何かのきっかけで開眼するしかない。\nその条件を満たすのは100万人に一人とも1000万人に一人ともいわれている。\n一説には、星見司や緑オーマ(もしくはカラー診断で緑と言われた人)が多いとされるが、これも真偽は不明。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "概要と役目",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "広義のネクロマンサー",
             "description": "広義では、ネクロマンサーとはネクロマンシー(死者や霊を介して行われる魔術)を操る術者とされる。\n死体による占い全般を指す通俗的な呼称であり、未来・過去の情報を得るために死者の霊魂を呼び出し、一時的な生命を与えることで情報を得る。\n呼び出した霊魂にその死体を宛がって活をいれ、仮初めの生命を与え、会話により情報を得るわけである。\n\nなお、霊魂のみを呼びよせるものはネクロマンシーではなく「影占い」「口寄せ」とされる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "フィクションにおけるネクロマンサー",
             "description": "死者の霊魂などを自在に操り、ゾンビやスケルトンを生み出す所謂「死霊魔術」を操る魔術師として描かれることが多い。\n扱う術法の内容からか、悪役であることが多く、また、自らもアンデッドであることが多い。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "NWにおけるネクロマンサー",
             "description": "NWと我々におけるネクロマンサーとしては、クーリンガンの存在を抜きには語れないだろう。\n恐ろしい計略の数々とゾンビやスケルトンの群れ、そして本人や高弟たちに苦しめられた人は少なくない。\nだがしかし、幾度とない戦いの末に協調するようになったいま、彼は「光と闇」「生と死」のバランスをとる番人としての側面が強い。\nネクロマンサーになる者は、元締めとしてクーリンガンが存在することを忘れてはいけない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "為すべき役割",
             "description": "NWでは、ネクロマンサーは死体の穢れを魔力としてこれを払い、輪に帰ることが出来ない魂を還すことが役目とされる。\n竜牙の使い手が竜の死骸に宿る魔力を拡散させて無害化するように、死者の体に宿る穢れを払う。\n変なたとえであるが、魂の清掃員のようなものである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "悪用した際の結末",
             "description": "ネクロマンサーの力を悪用するものは、クーリンガンに目を付けられる。\nこれだけでどうなるかは、もはや説明する必要もないだろう。\nそうならないように気を付けるべきである。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "特徴的な容姿",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "落ちくぼんだ目",
             "description": "死を操ることに長けた反動か、目の下に深いクマがうまれ、落ちくぼんだような目になってしまう。\nこれを隠すために、アイシャドウ等の化粧をしたり、サングラスやバイザーを掛けたりする。\n稀にそのままの人もいる。もともと不健康そうな見た目なら意外と気づかれないのかもしれない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "ネクロマンサーの能力",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "死を操る",
             "description": "死者に宿る穢れ(魔力)を使い、霊魂や死体等を操ったり、抵抗力の無いものをを死亡させたりと、まさに「死」を操る力を持つ。\n死体があればあるほど利用・使役できるものは増えていくが、やりすぎると光と闇のバランスを壊してしまう。\nそのようなことになれば、目を付けられる。あとは語るまでもない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "死者の霊を呼びよせる",
             "description": "ネクロマンシーは降霊術の一種でもある。死者の霊魂に働きかけ、また、輪廻の輪に帰れず地にとどまっている霊魂を呼び寄せることが出来る。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "死者を蘇らせる(不完全)",
             "description": "ネクロマンサーとは、生きている者に死を与えるだけではなく、死したものに生を与えるものでもある。\nただし、これには術者の技量がそのまま直接反映されるため、ネクロマンサーだとしても、生者を即死させたり、死者を完全によみがえらせることは不可能。\nより高位のネクロマンサーともなれば可能にもなるが、世界のバランスを著しく崩す技術・存在である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ゾンビ作成",
             "description": "竜牙兵ではなく、死者の霊魂を操り、死体に憑依させることでゾンビを作ることが可能。\nNWではこの技術にひどく苦しめられた経緯があるため、PCのネクロマンサーは使いたがらない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "不敵な笑い",
             "description": "ネクロマンサーとは、常に冷静でなければならない。\n扱うものが死霊である以上、感情のブレは術に多大な影響を与えるからだ。\n常に落ち着き、笑みを浮かべるくらいの精神を保つ事が重要。\n\nまた、ふてぶてしい態度を崩さないことはハッタリともなり、ピンチの時でも余裕を崩さないことは、相手の判断を誤らせることもできる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "禍々しい短剣",
             "description": "ネクロマンサーは皆、禍々しい短剣を持っている。\nこれには殺傷力はないが、能力を使用する際の焦点具としての用途があるほか、身分証明のようなものでもある。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "死の指",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "呪いの一種",
                 "description": "この技は、魔法的な力による呪いの一種である。\n魔法系の治療により解呪に成功すれば無力化されるが、術者同士の実力により解呪の難易度は変動する。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "細胞を殺す",
                 "description": "この技は、相手の体細胞に魔力を流して働きかけ、自滅させていく技である。\n自滅した細胞は隣接する細胞にじわじわと影響を与えてゆき、最終的には体全体の細胞を死滅させる。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "直接接触による付与",
                 "description": "相手の体に直接触れることで、より強力に力を流し込む方法。\n触れた場所からじわじわと細胞が死滅していくが、気づかれるまでには時間が必要。\n街角ですれ違いながらそっと触る、挨拶と同時に肩をたたく、などの動作に含めて行えるため、判別が難しいのも特徴。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "指をさすことで発動できる",
                 "description": "本来、相手を指さすという行為は呪いの一種である。\nそのため、指を向けた相手に向けて魔力を放ち、体の一部の細胞に向けて働きかけることで死の指を発動させることも可能。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "ガンド撃ち",
                 "description": "相手に指を向けて魔力を注ぐ際、注ぐ魔力を集中することで直接的に被害を与えることも可能。\n当たった場所に損傷を与え、その傷口の周りが波紋が広がるように死滅していく。\nしかし、あまりに目立ちすぎるため、この方法で死の指を発動させることは極めて稀である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "即座に判別できない",
                 "description": "この呪いは遅効性であり、指さされた瞬間、触れられた瞬間には魔力に対する抵抗が無い人では判断がつかない。\nそのため、体に変調をきたしてから判明し、解呪の難易度が上がっていることが多い。\n対応としては魔除けのお守り等があるが、極めて悪質な技である。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "還環の魔法",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "魂の循環を正す",
                 "description": "本来、人の魂は肉体が死滅した後に大いなる命の環に帰る。\nしかし、大地が汚染されていたり、肉体が汚染されていたりすると、魂が正常な環に戻れなくなり、魂が澱んで変質してしまう。\nネクロマンサーの仕事のとして、そういった魂を正しく循環させることがあり、この魔法はそのための技術である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "魂を正しく導く",
                 "description": "還環の魔法で働きかけるのは、循環するための道を開き、魂に正しき道を教えることにある。\n魂に直接作用させるのではなく、道を整え、誘導する技術である。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "光の環",
                 "description": "還環の魔法を発動させると、光の環が現れる。\nこれをガイドビーコンのように使い、魂に行き先を教え、天に昇らせ誘導する。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "さまよう魂を命の環に戻す",
                 "description": "死者の魂は別の世界をめぐる。それが滞り、命が廻らなくなった世界は滅んでしまう。\nそのバランスをとるためにも、この魔法により魂を正しく天に還すのが必要である",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "大地を浄化する",
                 "description": "命とは何も、人間だけにあるものではない。\n大地に生きる動物、海を行く魚たち、空を飛ぶ鳥たち。果ては植物にだって、大地にも命は満ちている。\nそれらの循環も滞ると、土地そのものが汚染されていく。\n還環の魔法は、そういった魂も導くことで、汚染された土地を浄化する側面もある",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "対アンデッド能力",
                 "description": "命を正しい環に還すための還環の魔法は、生み出されたアンデッドを浄化し、命の環に還す効果がある。\nそのため、ゾンビやスケルトン程度ならば、正しく魔法が発動すれば浄化が可能である。\nそれよりも上位の物等にはそこまでの効果はないが、働きかけることは可能。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月20日 19:51