趣味:料理

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ページ作成:玄霧

料理っていいっすよ。なアイドレスです。
休日に一日煮込み料理作るのは意外とストレス軽減になるぞ!



部品構造


  • 大部品: 趣味:料理 RD:7 評価値:4
    • 部品: 料理は段取りが一番
    • 部品: 家庭料理主体
    • 部品: 節約料理レシピ
    • 部品: 大鍋料理の経験
    • 部品: カレーは正義
    • 大部品: お菓子も作る RD:2 評価値:1
      • 部品: お菓子作りは科学
      • 部品: 凝った細工



部品定義


部品: 料理は段取りが一番

手早く料理をこなすのに大事なことは、段取りである。
あれボウルどこだっけ、皿出したっけ、はスムーズな調理の邪魔であり、火を通しすぎておいしくなくなるなどの原因にもなる。
一人でやるときは勿論、皆で料理するときも、まずは段取り最優先である。
道具、食材、盛り付け皿、水回りの整理、キッチンの整理ができていればこそ、手際よい調理が出来る。

部品: 家庭料理主体

野菜炒めやみそ汁、シチュー、カレー。
肉じゃがやハンバーグ。
家で出てくるような、ボリュームがあってみんなが好きそうな料理の数々。
このあたりを抑えておけば、誰かに振舞う時も安心できるだろう。
から揚げをおいしく揚げる、というのもポイントが高い気がする。

部品: 節約料理レシピ

趣味で料理をする人なら、だれもが覚える時間短縮&節約レシピの数々。
ダイコンの葉を刻んで醤油であえるだけのご飯のお供とか、美味しいよね。
個人的にはニンジンをピーラーで向いた後の皮のキンピラとかが好き。ゴミも減るし。

部品: 大鍋料理の経験

大きな鍋で大量に作るのは、実はコストパフォーマンスがよい。
汁物が特にそうだが、肉じゃがや芋煮のようなものも、手間と労力をかんがえると、保存さえ効けば実は大きな鍋で一気に作ったほうがいい。
肉じゃが作りすぎちゃって、は実際に起こりうるのだ。本当に。

部品: カレーは正義

大きな鍋さえあれば一気に大量に作れ、大体何を入れても味がまとまり、味についての文句を言う人も少ない。
二日目や三日目になったら、カレードリアや焼きカレー、ダシで伸ばして和風カレーやカレーうどん。
痛む前に処理するのは大事だが、冷凍してしまえばそれもある程度解決できる。

家庭料理として、数種類のカレーを抑えておけば、まずもって間違いはない。

難点は、カレールーが手に入らない環境では出来ないことだ。

部品: お菓子作りは科学

分量を正確に測れるかどうかが、お菓子の出来栄えを決める。即ちお菓子作りは科学なのだ。
自分や恋人用に手の込んだものを作るのもいいが、クッキーを大量生産して近所の子供に配るのも一興である。

部品: 凝った細工

趣味でお菓子をつくるからこそ、普通ではめったにしない凝った細工をしてみたりもする。
プチシューいっぱい作ってクロカンブッシュつくったり、鼈甲飴で文字作ってみたりと、凝れば凝るほど見栄えも良くなる。
もちろん、センスがあったらの話だが。
それはそれとして、お菓子を作っていると色々細工に凝りたくなるのは確かだ。



提出書式


 大部品: 趣味:料理 RD:7 評価値:4
 -部品: 料理は段取りが一番
 -部品: 家庭料理主体
 -部品: 節約料理レシピ
 -部品: 大鍋料理の経験
 -部品: カレーは正義
 -大部品: お菓子も作る RD:2 評価値:1
 --部品: お菓子作りは科学
 --部品: 凝った細工
 
 
 部品: 料理は段取りが一番
 手早く料理をこなすのに大事なことは、段取りである。
 あれボウルどこだっけ、皿出したっけ、はスムーズな調理の邪魔であり、火を通しすぎておいしくなくなるなどの原因にもなる。
 一人でやるときは勿論、皆で料理するときも、まずは段取り最優先である。
 道具、食材、盛り付け皿、水回りの整理、キッチンの整理ができていればこそ、手際よい調理が出来る。
 
 部品: 家庭料理主体
 野菜炒めやみそ汁、シチュー、カレー。
 肉じゃがやハンバーグ。
 家で出てくるような、ボリュームがあってみんなが好きそうな料理の数々。
 このあたりを抑えておけば、誰かに振舞う時も安心できるだろう。
 から揚げをおいしく揚げる、というのもポイントが高い気がする。
 
 部品: 節約料理レシピ
 趣味で料理をする人なら、だれもが覚える時間短縮&節約レシピの数々。
 ダイコンの葉を刻んで醤油であえるだけのご飯のお供とか、美味しいよね。
 個人的にはニンジンをピーラーで向いた後の皮のキンピラとかが好き。ゴミも減るし。
 
 部品: 大鍋料理の経験
 大きな鍋で大量に作るのは、実はコストパフォーマンスがよい。
 汁物が特にそうだが、肉じゃがや芋煮のようなものも、手間と労力をかんがえると、保存さえ効けば実は大きな鍋で一気に作ったほうがいい。
 肉じゃが作りすぎちゃって、は実際に起こりうるのだ。本当に。
 
 部品: カレーは正義
 大きな鍋さえあれば一気に大量に作れ、大体何を入れても味がまとまり、味についての文句を言う人も少ない。
 二日目や三日目になったら、カレードリアや焼きカレー、ダシで伸ばして和風カレーやカレーうどん。
 痛む前に処理するのは大事だが、冷凍してしまえばそれもある程度解決できる。
 
 家庭料理として、数種類のカレーを抑えておけば、まずもって間違いはない。
 
 難点は、カレールーが手に入らない環境では出来ないことだ。
 
 部品: お菓子作りは科学
 分量を正確に測れるかどうかが、お菓子の出来栄えを決める。即ちお菓子作りは科学なのだ。
 自分や恋人用に手の込んだものを作るのもいいが、クッキーを大量生産して近所の子供に配るのも一興である。
 
 部品: 凝った細工
 趣味でお菓子をつくるからこそ、普通ではめったにしない凝った細工をしてみたりもする。
 プチシューいっぱい作ってクロカンブッシュつくったり、鼈甲飴で文字作ってみたりと、凝れば凝るほど見栄えも良くなる。
 もちろん、センスがあったらの話だが。
 それはそれとして、お菓子を作っていると色々細工に凝りたくなるのは確かだ。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "趣味:料理",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "料理は段取りが一番",
         "description": "手早く料理をこなすのに大事なことは、段取りである。\nあれボウルどこだっけ、皿出したっけ、はスムーズな調理の邪魔であり、火を通しすぎておいしくなくなるなどの原因にもなる。\n一人でやるときは勿論、皆で料理するときも、まずは段取り最優先である。\n道具、食材、盛り付け皿、水回りの整理、キッチンの整理ができていればこそ、手際よい調理が出来る。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "家庭料理主体",
         "description": "野菜炒めやみそ汁、シチュー、カレー。\n肉じゃがやハンバーグ。\n家で出てくるような、ボリュームがあってみんなが好きそうな料理の数々。\nこのあたりを抑えておけば、誰かに振舞う時も安心できるだろう。\nから揚げをおいしく揚げる、というのもポイントが高い気がする。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "節約料理レシピ",
         "description": "趣味で料理をする人なら、だれもが覚える時間短縮&節約レシピの数々。\nダイコンの葉を刻んで醤油であえるだけのご飯のお供とか、美味しいよね。\n個人的にはニンジンをピーラーで向いた後の皮のキンピラとかが好き。ゴミも減るし。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "大鍋料理の経験",
         "description": "大きな鍋で大量に作るのは、実はコストパフォーマンスがよい。\n汁物が特にそうだが、肉じゃがや芋煮のようなものも、手間と労力をかんがえると、保存さえ効けば実は大きな鍋で一気に作ったほうがいい。\n肉じゃが作りすぎちゃって、は実際に起こりうるのだ。本当に。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "カレーは正義",
         "description": "大きな鍋さえあれば一気に大量に作れ、大体何を入れても味がまとまり、味についての文句を言う人も少ない。\n二日目や三日目になったら、カレードリアや焼きカレー、ダシで伸ばして和風カレーやカレーうどん。\n痛む前に処理するのは大事だが、冷凍してしまえばそれもある程度解決できる。\n\n家庭料理として、数種類のカレーを抑えておけば、まずもって間違いはない。\n\n難点は、カレールーが手に入らない環境では出来ないことだ。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "お菓子も作る",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "お菓子作りは科学",
             "description": "分量を正確に測れるかどうかが、お菓子の出来栄えを決める。即ちお菓子作りは科学なのだ。\n自分や恋人用に手の込んだものを作るのもいいが、クッキーを大量生産して近所の子供に配るのも一興である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "凝った細工",
             "description": "趣味でお菓子をつくるからこそ、普通ではめったにしない凝った細工をしてみたりもする。\nプチシューいっぱい作ってクロカンブッシュつくったり、鼈甲飴で文字作ってみたりと、凝れば凝るほど見栄えも良くなる。\nもちろん、センスがあったらの話だが。\nそれはそれとして、お菓子を作っていると色々細工に凝りたくなるのは確かだ。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月19日 22:52