書庫

ページ作成者:ニム

部品構造


  • 大部品: 書庫 RD:4 評価値:3
    • 部品: 背の高い本棚
    • 部品: 数多の本
    • 部品: 作業机とゆったりとした椅子
    • 部品: 本の保存に関する気配り



部品定義


部品: 背の高い本棚

多くの本が入る本棚。
書庫では見上げる程の大きな本棚が壁一面に並んでいたり、図書館然と本棚が整列していたりすることが多い。
管理者の趣味により、美しい彫刻が彫られているものもある。

部品: 数多の本

書庫には沢山の本が存在している。
その種類は書庫の管理者の趣味嗜好、必要性に応じて変わるが、総じて本の数は多い。
その本の多さが、書庫に収められた知恵と知識の量となるのだ。
整理整頓されているかどうかも管理者や使用者により、あまり頓着しない人物の場合床や机に本が積み上がっていたりする。


部品: 作業机とゆったりとした椅子

本を読んだり何かを書いたりするための机と椅子。
椅子に関してはソファなどを別途置いて本を読みやすい環境にしている所もある。


部品: 本の保存に関する気配り

書庫は多くの本が存在する為、本が劣化しないように管理者が環境や構造に気を配っている。
本棚は本が直接太陽光に当たらない位置と向きに設置され、
風を通すための窓や設備が供えられる。定期的な清掃も本の保全には大切である。
また書庫はその可燃性故、どんなに小さくとも室内で火を扱うことは固く禁じられている。




提出書式


 大部品: 書庫 RD:4 評価値:3
 -部品: 背の高い本棚
 -部品: 数多の本
 -部品: 作業机とゆったりとした椅子
 -部品: 本の保存に関する気配り
 
 
 部品: 背の高い本棚
 多くの本が入る本棚。
 書庫では見上げる程の大きな本棚が壁一面に並んでいたり、図書館然と本棚が整列していたりすることが多い。
 管理者の趣味により、美しい彫刻が彫られているものもある。
 
 部品: 数多の本
 書庫には沢山の本が存在している。
 その種類は書庫の管理者の趣味嗜好、必要性に応じて変わるが、総じて本の数は多い。
 その本の多さが、書庫に収められた知恵と知識の量となるのだ。
 整理整頓されているかどうかも管理者や使用者により、あまり頓着しない人物の場合床や机に本が積み上がっていたりする。
 
 
 部品: 作業机とゆったりとした椅子
 本を読んだり何かを書いたりするための机と椅子。
 椅子に関してはソファなどを別途置いて本を読みやすい環境にしている所もある。
 
 
 部品: 本の保存に関する気配り
 書庫は多くの本が存在する為、本が劣化しないように管理者が環境や構造に気を配っている。
 本棚は本が直接太陽光に当たらない位置と向きに設置され、
 風を通すための窓や設備が供えられる。定期的な清掃も本の保全には大切である。
 また書庫はその可燃性故、どんなに小さくとも室内で火を扱うことは固く禁じられている。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "書庫",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "背の高い本棚",
         "description": "多くの本が入る本棚。\n書庫では見上げる程の大きな本棚が壁一面に並んでいたり、図書館然と本棚が整列していたりすることが多い。\n管理者の趣味により、美しい彫刻が彫られているものもある。",
         "part_type": "part",
         "localID": 1
       },
       {
         "title": "数多の本",
         "description": "書庫には沢山の本が存在している。\nその種類は書庫の管理者の趣味嗜好、必要性に応じて変わるが、総じて本の数は多い。\nその本の多さが、書庫に収められた知恵と知識の量となるのだ。\n整理整頓されているかどうかも管理者や使用者により、あまり頓着しない人物の場合床や机に本が積み上がっていたりする。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 2
       },
       {
         "title": "作業机とゆったりとした椅子",
         "description": "本を読んだり何かを書いたりするための机と椅子。\n椅子に関してはソファなどを別途置いて本を読みやすい環境にしている所もある。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 3
       },
       {
         "title": "本の保存に関する気配り",
         "description": "書庫は多くの本が存在する為、本が劣化しないように管理者が環境や構造に気を配っている。\n本棚は本が直接太陽光に当たらない位置と向きに設置され、\n風を通すための窓や設備が供えられる。定期的な清掃も本の保全には大切である。\nまた書庫はその可燃性故、どんなに小さくとも室内で火を扱うことは固く禁じられている。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 4
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": ""
   }
 ]