仮眠室

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 玄霧藩国の仮眠室 RD:5 評価値:4
    • 部品: 玄霧藩国政庁の仮眠室の概要
    • 大部品: 仮眠室 RD:4 評価値:3
      • 部品: 仮眠室の概要
      • 部品: 寝具
      • 部品: 睡眠に適した環境
      • 部品: 定期的な清掃



部品定義


部品: 玄霧藩国政庁の仮眠室の概要

玄霧藩国政庁に用意されている仮眠室は、巨木を政庁にする際に出た木材を利用した二段ベッドが複数配置された部屋となっており、これが男女別に二部屋存在する。
ベッドにはそれぞれカーテンが用意され、閉めれば中は見えなくなるようになっており、最低限のプライバシーを保てるようになっている。
また、蒸し暑くならないよう風通しを考慮した窓が複数用意されており、寒い時期には断熱効果のある雨戸を閉めることで冷たい外気が入ってこないようになっている。


部品: 仮眠室の概要

仮眠室とは、職員が職場に泊まり込んだり、長時間の労働または待機を行う際に仮眠を取り、体調を整える部屋である。
その目的上、寝具以外の家具が用意されていることは少なく、シンプルな部屋となっている事が多い。
ただし、複数人数用の設備では性別ごとに区切ったり、カーテンを用意したりとプライバシーに配慮することも多い。

部品: 寝具

布団やベッドといった、仮眠を取るための家具。
規模により、利用人数が多いケースなどでは多段ベッドなどを用いて省スペースでより多くの職員が利用できるようにすることがある。


部品: 睡眠に適した環境

その目的上、仮眠室は睡眠を取るのに適切な環境を整える必要がある。
蒸し暑かったり寒かったりする部屋では仮眠が取れず、または、仮眠をとっても体調が回復しないといった事態につながってしまう。
空調や窓など、その調整方法はそれぞれの環境に応じて異なるが、温度湿度がある程度一定に保たれる仕組みを設けている。
また、睡眠を取るためにカーテンや雨戸など、遮光の仕組みを設けているのが一般的である。

部品: 定期的な清掃

仮眠室はその目的上、清潔さを保つ必要がある。でなければ、睡眠を取った職員が健康を害してしまい、体調を整えるという目的を果たせなくなるためである。
このため、仮眠室にある寝具や部屋そのものは、定期的に清掃を行うよう定められている。



提出書式


 大部品: 玄霧藩国の仮眠室 RD:5 評価値:4
 -部品: 玄霧藩国政庁の仮眠室の概要
 -大部品: 仮眠室 RD:4 評価値:3
 --部品: 仮眠室の概要
 --部品: 寝具
 --部品: 睡眠に適した環境
 --部品: 定期的な清掃
 
 
 部品: 玄霧藩国政庁の仮眠室の概要
 玄霧藩国政庁に用意されている仮眠室は、巨木を政庁にする際に出た木材を利用した二段ベッドが複数配置された部屋となっており、これが男女別に二部屋存在する。
 ベッドにはそれぞれカーテンが用意され、閉めれば中は見えなくなるようになっており、最低限のプライバシーを保てるようになっている。
 また、蒸し暑くならないよう風通しを考慮した窓が複数用意されており、寒い時期には断熱効果のある雨戸を閉めることで冷たい外気が入ってこないようになっている。
 
 
 部品: 仮眠室の概要
 仮眠室とは、職員が職場に泊まり込んだり、長時間の労働または待機を行う際に仮眠を取り、体調を整える部屋である。
 その目的上、寝具以外の家具が用意されていることは少なく、シンプルな部屋となっている事が多い。
 ただし、複数人数用の設備では性別ごとに区切ったり、カーテンを用意したりとプライバシーに配慮することも多い。
 
 部品: 寝具
 布団やベッドといった、仮眠を取るための家具。
 規模により、利用人数が多いケースなどでは多段ベッドなどを用いて省スペースでより多くの職員が利用できるようにすることがある。
 
 
 部品: 睡眠に適した環境
 その目的上、仮眠室は睡眠を取るのに適切な環境を整える必要がある。
 蒸し暑かったり寒かったりする部屋では仮眠が取れず、または、仮眠をとっても体調が回復しないといった事態につながってしまう。
 空調や窓など、その調整方法はそれぞれの環境に応じて異なるが、温度湿度がある程度一定に保たれる仕組みを設けている。
 また、睡眠を取るためにカーテンや雨戸など、遮光の仕組みを設けているのが一般的である。
 
 部品: 定期的な清掃
 仮眠室はその目的上、清潔さを保つ必要がある。でなければ、睡眠を取った職員が健康を害してしまい、体調を整えるという目的を果たせなくなるためである。
 このため、仮眠室にある寝具や部屋そのものは、定期的に清掃を行うよう定められている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "玄霧藩国の仮眠室",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "玄霧藩国政庁の仮眠室の概要",
         "description": "玄霧藩国政庁に用意されている仮眠室は、巨木を政庁にする際に出た木材を利用した二段ベッドが複数配置された部屋となっており、これが男女別に二部屋存在する。\nベッドにはそれぞれカーテンが用意され、閉めれば中は見えなくなるようになっており、最低限のプライバシーを保てるようになっている。\nまた、蒸し暑くならないよう風通しを考慮した窓が複数用意されており、寒い時期には断熱効果のある雨戸を閉めることで冷たい外気が入ってこないようになっている。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 6
       },
       {
         "title": "仮眠室",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "仮眠室の概要",
             "description": "仮眠室とは、職員が職場に泊まり込んだり、長時間の労働または待機を行う際に仮眠を取り、体調を整える部屋である。\nその目的上、寝具以外の家具が用意されていることは少なく、シンプルな部屋となっている事が多い。\nただし、複数人数用の設備では性別ごとに区切ったり、カーテンを用意したりとプライバシーに配慮することも多い。",
             "part_type": "part",
             "localID": 2
           },
           {
             "title": "寝具",
             "description": "布団やベッドといった、仮眠を取るための家具。\n規模により、利用人数が多いケースなどでは多段ベッドなどを用いて省スペースでより多くの職員が利用できるようにすることがある。\n",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           },
           {
             "title": "睡眠に適した環境",
             "description": "その目的上、仮眠室は睡眠を取るのに適切な環境を整える必要がある。\n蒸し暑かったり寒かったりする部屋では仮眠が取れず、または、仮眠をとっても体調が回復しないといった事態につながってしまう。\n空調や窓など、その調整方法はそれぞれの環境に応じて異なるが、温度湿度がある程度一定に保たれる仕組みを設けている。\nまた、睡眠を取るためにカーテンや雨戸など、遮光の仕組みを設けているのが一般的である。",
             "part_type": "part",
             "localID": 4
           },
           {
             "title": "定期的な清掃",
             "description": "仮眠室はその目的上、清潔さを保つ必要がある。でなければ、睡眠を取った職員が健康を害してしまい、体調を整えるという目的を果たせなくなるためである。\nこのため、仮眠室にある寝具や部屋そのものは、定期的に清掃を行うよう定められている。",
             "part_type": "part",
             "localID": 5
           }
         ],
         "expanded": true,
         "localID": 1,
         "description": ""
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": ""
   }
 ]
最終更新:2018年07月08日 21:15