政庁内の売店

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


部品構造


  • 大部品: 玄霧藩国の政庁内売店 RD:4 評価値:3
    • 大部品: 政庁内の売店 RD:3 評価値:3
      • 部品: 政庁内にある売店の役割
      • 部品: 売店の品揃え
      • 部品: 売店の店員
    • 部品: 玄霧藩国での売店事情



部品定義


部品: 政庁内にある売店の役割

政庁の職員や来庁した民が細々としたものを購入することのできる売店。
営業時間は開庁から閉庁まで。営業前後に清掃や開店・閉店の準備があるため、店員の業務時間自体はもう少し長い。
職員にとっては仕事中に必要となった私物を手近で補給できる場所であり、来庁した民にとっては手続きに必要だがうっかり忘れてきた物品などをその場で用意することができる場所でもある。
政庁という環境で必要とされる商品が充実しており、街などで複数の商店を巡って買い求めるよりも、いっそ政庁までやってきて売店で購入した方が早いということさえある。

部品: 売店の品揃え

文房具や事務用品が豊富に揃っていることが一つの特徴となっており、政庁で何らかの手続きを行おうとしたときに足りないものがあれば、大概は売店で買い求めることができる。
また、飲食物についても取り扱っており、来庁した民だけでなく、職員が昼食や間食を買い求めることも多い。ただし、飲食物といってもアルコールの取り扱いはしていない。
タオルやちり紙、肌着などといった日用品も若干ではあるが取り扱っている。これらは売れ筋商品というわけではないが、急な残業や泊まり込みが必要となった職員が買い求める姿が確認されている。
こういった職員の買い物については、業務で使用するものと言うよりも、個人的に必要な細かい物品が主である。
当然であるが、藩国が認可した商品だけを取り扱っている。商品の取り扱いや発注に問題がないか、定期的に監査が入る。

部品: 売店の店員

店員の作業内容としては会計、店頭在庫の補充および注文の申請、店内の清掃を含む環境整備などが挙げられる。
その特性上、昼休憩とされる時間も営業が続くため、店員は休憩時間をずらして交代で昼食を取る形となる。

部品: 玄霧藩国での売店事情

玄霧藩国では、売店の店員は所属として政庁職員である。これはセキュリティ面の問題から外注せず、雇用時に素性のチェックなどが行われる理由による。
しかし、要求されるスキルの違いから、政庁の窓口などで業務を行う職員とは明確に職務が異なる。例えば、窓口業務を行う職員や売店の店員が食堂の調理スタッフへ異動することはない、ということだ。

また、事務用品の発注窓口としての役割を持っているため、売店の商品とは別に、政庁で使用する消耗品についての一括注文も管理している。これは品によっては納品する業者が売店の商品の業者と被るため、書類等の管理の手間を省くことが目的となっている。




提出書式


 大部品: 玄霧藩国の政庁内売店 RD:4 評価値:3
 -大部品: 政庁内の売店 RD:3 評価値:3
 --部品: 政庁内にある売店の役割
 --部品: 売店の品揃え
 --部品: 売店の店員
 -部品: 玄霧藩国での売店事情
 
 
 部品: 政庁内にある売店の役割
 政庁の職員や来庁した民が細々としたものを購入することのできる売店。
 営業時間は開庁から閉庁まで。営業前後に清掃や開店・閉店の準備があるため、店員の業務時間自体はもう少し長い。
 職員にとっては仕事中に必要となった私物を手近で補給できる場所であり、来庁した民にとっては手続きに必要だがうっかり忘れてきた物品などをその場で用意することができる場所でもある。
 政庁という環境で必要とされる商品が充実しており、街などで複数の商店を巡って買い求めるよりも、いっそ政庁までやってきて売店で購入した方が早いということさえある。
 
 部品: 売店の品揃え
 文房具や事務用品が豊富に揃っていることが一つの特徴となっており、政庁で何らかの手続きを行おうとしたときに足りないものがあれば、大概は売店で買い求めることができる。
 また、飲食物についても取り扱っており、来庁した民だけでなく、職員が昼食や間食を買い求めることも多い。ただし、飲食物といってもアルコールの取り扱いはしていない。
 タオルやちり紙、肌着などといった日用品も若干ではあるが取り扱っている。これらは売れ筋商品というわけではないが、急な残業や泊まり込みが必要となった職員が買い求める姿が確認されている。
 こういった職員の買い物については、業務で使用するものと言うよりも、個人的に必要な細かい物品が主である。
 当然であるが、藩国が認可した商品だけを取り扱っている。商品の取り扱いや発注に問題がないか、定期的に監査が入る。
 
 部品: 売店の店員
 店員の作業内容としては会計、店頭在庫の補充および注文の申請、店内の清掃を含む環境整備などが挙げられる。
 その特性上、昼休憩とされる時間も営業が続くため、店員は休憩時間をずらして交代で昼食を取る形となる。
 
 部品: 玄霧藩国での売店事情
 玄霧藩国では、売店の店員は所属として政庁職員である。これはセキュリティ面の問題から外注せず、雇用時に素性のチェックなどが行われる理由による。
 しかし、要求されるスキルの違いから、政庁の窓口などで業務を行う職員とは明確に職務が異なる。例えば、窓口業務を行う職員や売店の店員が食堂の調理スタッフへ異動することはない、ということだ。
 
 また、事務用品の発注窓口としての役割を持っているため、売店の商品とは別に、政庁で使用する消耗品についての一括注文も管理している。これは品によっては納品する業者が売店の商品の業者と被るため、書類等の管理の手間を省くことが目的となっている。
 
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "玄霧藩国の政庁内売店",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "政庁内の売店",
         "description": "",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "政庁内にある売店の役割",
             "description": "政庁の職員や来庁した民が細々としたものを購入することのできる売店。\n営業時間は開庁から閉庁まで。営業前後に清掃や開店・閉店の準備があるため、店員の業務時間自体はもう少し長い。\n職員にとっては仕事中に必要となった私物を手近で補給できる場所であり、来庁した民にとっては手続きに必要だがうっかり忘れてきた物品などをその場で用意することができる場所でもある。\n政庁という環境で必要とされる商品が充実しており、街などで複数の商店を巡って買い求めるよりも、いっそ政庁までやってきて売店で購入した方が早いということさえある。",
             "part_type": "part",
             "localID": 2
           },
           {
             "title": "売店の品揃え",
             "description": "文房具や事務用品が豊富に揃っていることが一つの特徴となっており、政庁で何らかの手続きを行おうとしたときに足りないものがあれば、大概は売店で買い求めることができる。\nまた、飲食物についても取り扱っており、来庁した民だけでなく、職員が昼食や間食を買い求めることも多い。ただし、飲食物といってもアルコールの取り扱いはしていない。\nタオルやちり紙、肌着などといった日用品も若干ではあるが取り扱っている。これらは売れ筋商品というわけではないが、急な残業や泊まり込みが必要となった職員が買い求める姿が確認されている。\nこういった職員の買い物については、業務で使用するものと言うよりも、個人的に必要な細かい物品が主である。\n当然であるが、藩国が認可した商品だけを取り扱っている。商品の取り扱いや発注に問題がないか、定期的に監査が入る。",
             "part_type": "part",
             "localID": 3
           },
           {
             "title": "売店の店員",
             "description": "店員の作業内容としては会計、店頭在庫の補充および注文の申請、店内の清掃を含む環境整備などが挙げられる。\nその特性上、昼休憩とされる時間も営業が続くため、店員は休憩時間をずらして交代で昼食を取る形となる。",
             "part_type": "part",
             "localID": 4
           }
         ],
         "localID": 1,
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "玄霧藩国での売店事情",
         "description": "玄霧藩国では、売店の店員は所属として政庁職員である。これはセキュリティ面の問題から外注せず、雇用時に素性のチェックなどが行われる理由による。\nしかし、要求されるスキルの違いから、政庁の窓口などで業務を行う職員とは明確に職務が異なる。例えば、窓口業務を行う職員や売店の店員が食堂の調理スタッフへ異動することはない、ということだ。\n\nまた、事務用品の発注窓口としての役割を持っているため、売店の商品とは別に、政庁で使用する消耗品についての一括注文も管理している。これは品によっては納品する業者が売店の商品の業者と被るため、書類等の管理の手間を省くことが目的となっている。\n",
         "part_type": "part",
         "localID": 5
       }
     ],
     "expanded": true,
     "localID": 0,
     "description": "玄霧藩国"
   }
 ]
最終更新:2018年07月18日 20:25