果実蒸留酒

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作成者:佐藤ぶそあ

部品構造


  • 大部品: 果実蒸留酒 RD:8 評価値:5
    • 部品: 果実酒を蒸留して作るお酒
    • 部品: 酒好きによる蒸留酒への熱烈な支持
    • 大部品: 果実酒 RD:6 評価値:4
      • 部品: 果物から作られたお酒
      • 部品: 原料は国産果実
      • 部品: 藩国伝統の手作り製法
      • 部品: 発酵による酒の長期保存
      • 部品: 樽による酒の熟成
      • 部品: 酒蔵ごとに変わる味



部品定義


部品: 果実酒を蒸留して作るお酒

水とアルコールの沸点の差を利用して、原料となる果実酒を蒸留することで得られる高いアルコール濃度のお酒。加水して調整することもあるが、より雑味の少ない味わいを得ることができる。


部品: 酒好きによる蒸留酒への熱烈な支持

蒸留酒はその製造過程から原料となる酒よりも高いアルコール濃度を持つこととなり、酒をあまり飲まない者からは「飲みにくい」と評価を受けることもある。
しかし、蒸留酒ならではの喉や胃に熱くたまる飲み口や、揮発性の高さからくる香りの強さに病みつきになる者もまた多い。その高いアルコール濃度があるからこそカクテルのレシピで使用されることも多く、酒好きからすると蒸留酒はなくてはならない酒なのである。

部品: 果物から作られたお酒

果物を原料としたお酒を果実酒と呼ぶ。制作過程については酒の種類によるが、概ね果実を絞って果汁をとり、これを適切な温度などの管理のもとで発酵させる手順となる。
香りや味が原料となった果物の影響を大きくうけることもあり、酒の苦手なものにも飲みやすい味わいとなるものも多い。また、長期間の発酵と熟成を行う種類の酒もあり、この場合は甘味がほぼなくなり独特の味わいと香りの虜となるものも多い。
いずれにせよ、飲み過ぎれば体を壊すため注意が必要である。

部品: 原料は国産果実

藩国ではリンゴやブドウなどの果実栽培がさかんであり、単純に消費されるだけでなく、加工食品の原料としても用いられる。
国内の作物であるため、輸送費や時間を抑えることができ、新鮮で安価に仕入れることが可能である。

部品: 藩国伝統の手作り製法

藩国に伝わる昔ながらの手作り。工場生産されていないため作れる数に限りがあるが、連綿と伝えられてきた技術と、積み上げられてきた歴史の中で少しずつ改善を重ねた確かな実績がある。

部品: 発酵による酒の長期保存

酒を造る過程で原液からは甘みが減じ、酒精が増え、適切な温度で保存することで腐りにくくなる。酒造におけるこの一連の過程を発酵とも呼ぶが、その原理が解明される前から経験的に広く知られていた酒に関する知識である。

部品: 樽による酒の熟成

醸造された酒は樽に移されて保管される。このとき、樽に使用された木材の香りが酒へ移り、熟成されることでも味が変わっていく。特に原料となった果実の質が良かった年の酒を長期にわたって熟成させた酒は、高額で取引されることがある。

部品: 酒蔵ごとに変わる味

お酒の味は酒蔵ごとに変わる。原料にする果実の種類から異なることがあるのはもちろん、同じ果実を使った同じ種類の酒であったとしても、蔵ごとに少しずつ異なる製法や、設備の違いからも味が変わる。
高物理域においては酵母、低物理域においては酒の精とも呼ばれるものの働きが、蔵の立地や条件によって異なってくることも大きいと言われている。



提出書式


 大部品: 果実蒸留酒 RD:8 評価値:5
 -部品: 果実酒を蒸留して作るお酒
 -部品: 酒好きによる蒸留酒への熱烈な支持
 -大部品: 果実酒 RD:6 評価値:4
 --部品: 果物から作られたお酒
 --部品: 原料は国産果実
 --部品: 藩国伝統の手作り製法
 --部品: 発酵による酒の長期保存
 --部品: 樽による酒の熟成
 --部品: 酒蔵ごとに変わる味
 
 
 部品: 果実酒を蒸留して作るお酒
 水とアルコールの沸点の差を利用して、原料となる果実酒を蒸留することで得られる高いアルコール濃度のお酒。加水して調整することもあるが、より雑味の少ない味わいを得ることができる。
 
 
 部品: 酒好きによる蒸留酒への熱烈な支持
 蒸留酒はその製造過程から原料となる酒よりも高いアルコール濃度を持つこととなり、酒をあまり飲まない者からは「飲みにくい」と評価を受けることもある。
 しかし、蒸留酒ならではの喉や胃に熱くたまる飲み口や、揮発性の高さからくる香りの強さに病みつきになる者もまた多い。その高いアルコール濃度があるからこそカクテルのレシピで使用されることも多く、酒好きからすると蒸留酒はなくてはならない酒なのである。
 
 部品: 果物から作られたお酒
 果物を原料としたお酒を果実酒と呼ぶ。制作過程については酒の種類によるが、概ね果実を絞って果汁をとり、これを適切な温度などの管理のもとで発酵させる手順となる。
 香りや味が原料となった果物の影響を大きくうけることもあり、酒の苦手なものにも飲みやすい味わいとなるものも多い。また、長期間の発酵と熟成を行う種類の酒もあり、この場合は甘味がほぼなくなり独特の味わいと香りの虜となるものも多い。
 いずれにせよ、飲み過ぎれば体を壊すため注意が必要である。
 
 部品: 原料は国産果実
 藩国ではリンゴやブドウなどの果実栽培がさかんであり、単純に消費されるだけでなく、加工食品の原料としても用いられる。
 国内の作物であるため、輸送費や時間を抑えることができ、新鮮で安価に仕入れることが可能である。
 
 部品: 藩国伝統の手作り製法
 藩国に伝わる昔ながらの手作り。工場生産されていないため作れる数に限りがあるが、連綿と伝えられてきた技術と、積み上げられてきた歴史の中で少しずつ改善を重ねた確かな実績がある。
 
 部品: 発酵による酒の長期保存
 酒を造る過程で原液からは甘みが減じ、酒精が増え、適切な温度で保存することで腐りにくくなる。酒造におけるこの一連の過程を発酵とも呼ぶが、その原理が解明される前から経験的に広く知られていた酒に関する知識である。
 
 部品: 樽による酒の熟成
 醸造された酒は樽に移されて保管される。このとき、樽に使用された木材の香りが酒へ移り、熟成されることでも味が変わっていく。特に原料となった果実の質が良かった年の酒を長期にわたって熟成させた酒は、高額で取引されることがある。
 
 部品: 酒蔵ごとに変わる味
 お酒の味は酒蔵ごとに変わる。原料にする果実の種類から異なることがあるのはもちろん、同じ果実を使った同じ種類の酒であったとしても、蔵ごとに少しずつ異なる製法や、設備の違いからも味が変わる。
 高物理域においては酵母、低物理域においては酒の精とも呼ばれるものの働きが、蔵の立地や条件によって異なってくることも大きいと言われている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "果実蒸留酒",
     "children": [
       {
         "title": "果実酒を蒸留して作るお酒",
         "description": "水とアルコールの沸点の差を利用して、原料となる果実酒を蒸留することで得られる高いアルコール濃度のお酒。加水して調整することもあるが、より雑味の少ない味わいを得ることができる。\n",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "酒好きによる蒸留酒への熱烈な支持",
         "description": "蒸留酒はその製造過程から原料となる酒よりも高いアルコール濃度を持つこととなり、酒をあまり飲まない者からは「飲みにくい」と評価を受けることもある。\nしかし、蒸留酒ならではの喉や胃に熱くたまる飲み口や、揮発性の高さからくる香りの強さに病みつきになる者もまた多い。その高いアルコール濃度があるからこそカクテルのレシピで使用されることも多く、酒好きからすると蒸留酒はなくてはならない酒なのである。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "果実酒",
         "children": [
           {
             "title": "果物から作られたお酒",
             "description": "果物を原料としたお酒を果実酒と呼ぶ。制作過程については酒の種類によるが、概ね果実を絞って果汁をとり、これを適切な温度などの管理のもとで発酵させる手順となる。\n香りや味が原料となった果物の影響を大きくうけることもあり、酒の苦手なものにも飲みやすい味わいとなるものも多い。また、長期間の発酵と熟成を行う種類の酒もあり、この場合は甘味がほぼなくなり独特の味わいと香りの虜となるものも多い。\nいずれにせよ、飲み過ぎれば体を壊すため注意が必要である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "原料は国産果実",
             "description": "藩国ではリンゴやブドウなどの果実栽培がさかんであり、単純に消費されるだけでなく、加工食品の原料としても用いられる。\n国内の作物であるため、輸送費や時間を抑えることができ、新鮮で安価に仕入れることが可能である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "藩国伝統の手作り製法",
             "description": "藩国に伝わる昔ながらの手作り。工場生産されていないため作れる数に限りがあるが、連綿と伝えられてきた技術と、積み上げられてきた歴史の中で少しずつ改善を重ねた確かな実績がある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "発酵による酒の長期保存",
             "description": "酒を造る過程で原液からは甘みが減じ、酒精が増え、適切な温度で保存することで腐りにくくなる。酒造におけるこの一連の過程を発酵とも呼ぶが、その原理が解明される前から経験的に広く知られていた酒に関する知識である。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "樽による酒の熟成",
             "description": "醸造された酒は樽に移されて保管される。このとき、樽に使用された木材の香りが酒へ移り、熟成されることでも味が変わっていく。特に原料となった果実の質が良かった年の酒を長期にわたって熟成させた酒は、高額で取引されることがある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "酒蔵ごとに変わる味",
             "description": "お酒の味は酒蔵ごとに変わる。原料にする果実の種類から異なることがあるのはもちろん、同じ果実を使った同じ種類の酒であったとしても、蔵ごとに少しずつ異なる製法や、設備の違いからも味が変わる。\n高物理域においては酵母、低物理域においては酒の精とも呼ばれるものの働きが、蔵の立地や条件によって異なってくることも大きいと言われている。",
             "expanded": true,
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true,
         "part_type": "group"
       }
     ],
     "expanded": true,
     "part_type": "group"
   }
 ]
最終更新:2017年08月15日 21:00