その1‐1

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。






☆朝☆

加賀「提督、朝食の用意が出来ました。起きてください」

提督「Zzz……」

加賀「朝です。提督」

提督「あともうちょっと~Zzz……」

加賀「……起きないのであれば艦載機鼻に突っ込みますよ」

提督「……Zzz」

加賀「えい」ブスッ

提督「ふがっ……Zzz」

加賀「ぷっ」



☆まるで不自然☆

天龍「ふあ~、眠い……」

天龍「ん? ああ、加賀。おは、よ……う゛?」

加賀「ええ、おはようございます」

天龍「あ、ああ……」




愛宕「どうしたの?こんな所で固まってて」

天龍「……加賀が笑っていた」

愛宕「えっ」



☆笑顔☆

愛宕「それって何かおかしいことなの?」

天龍「いや、よく考えても見ろよ! あの加賀だぞ!」

愛宕「うーん、確かに珍しいかもしれないけど。
    あの娘、提督の話をする時は表情からは分かりづらいけどずっと笑顔よ?」

天龍「えっ、そうだったのか」



天龍「いや、なんて言うか、もう笑顔は笑顔なんだけど
    ニコニコを通り越してニヤニヤしてたんだよ……」

愛宕「やだ何それ怖い」



☆早とちり☆

加賀「電。ちょっといいかしら」

電「おはようございます」

加賀「私の代わりに提督をお越しに行ってくれないかしら」

電「私がですか?」

加賀「はい……私にはっ、もう、あの方は、無理です」ブルブル

電「えっ」


電。。(もしかして、司令官さんに振られて泣いてるのです!?)


加賀。。(これ以上あの可笑しな寝顔見てたら腹筋崩壊しちゃう)



☆こっちも☆

電「女の子を泣かしたりしたらいけないのですっ」

電「司令官さんっ」ガチャ

提督「ん? ああ、おはよう……」

電「あれ、もう起きてました?」

提督「そりゃあ今日も仕事あるし」

電「……鼻に艦載機刺さってます」

提督「ハッ、本当だ……おま、まさか電、俺のことそんなに嫌いなのか?」

電「それをやったのは電じゃないのです!」ガーン



☆そういう意味じゃねえよ☆

愛宕「提督~、ポッキゲームしましょー」

提督「何馬鹿みたいなこと言ってるんだ」

愛宕「だって~、今日ポッキーの日よ?」

提督「11月11日の棒がポッキーに見えるって奴だろ?」

愛宕「そうそう」

提督「うちの鎮守府ではあの棒はポッキーとかいう企業の陰謀ではない」

愛宕「えっ、じゃあ何?」

提督「魚雷だ」

愛宕「ふぅ~ん、つまり咥えるのは提督の淫棒ということね?」

提督「誰がうまいことを言えと言った」




☆なんて闇ゲーム☆

天龍「ポッキゲームか……ふっ」

提督「何か可笑しなことでもあったか?」

天龍「生ぬるいな。なんて生ぬるいんだ」

提督「えっ」

天龍「やっぱり男ならポッキーの代わりに刀を咥えるべきだろ」

提督「お前馬鹿だろ」



☆自滅に猪突猛進☆

電「ポッキゲーム……やったことないのです」

提督「へえ、じゃあ加賀とやれば?」

加賀「御意。では、いつでもどうぞ」パクッ

電「えっ!?」

提督「ほら、加賀が咥えながら待ってるぞ」

電「で、では、電の本気を見るのですっ」サクサク

加賀「……」ジィ~

電「はわわっ(サクサク)……はわわっ(サクサク)」


提督。。(あ~、なんだこの可愛い生き物)



☆魚雷ゲーム☆

電「す、すごく、どきどきしたのですっ」

提督「ああ、ある意味俺も」

加賀「手前で折れてしまったのが残念です」

提督「ちょっと黙って」

加賀「それより提督。今日は提督の中では魚雷の日だそうですが」

提督「ああ、魚雷だろ。あの棒は」

加賀「ポッキゲームのように魚雷の端っこを咥えて」

提督「死んでまうわ」



☆魚雷装填ゲーム☆

電「では、魚雷を装填する魚雷装填ゲームはどうでしょう!」

加賀「なるほど。多く装填できた人が勝ちと」

電「なのです」

提督「さっそくやってみるか」



電「それでは魚雷装填ゲーム、開始なのですっ」

天龍「おうっ!」

愛宕「負けないわよ」

加賀「ここは譲れませんっ」

提督「うむ、ほどよく汗を流し、良い光景……ん?」


この時、提督はやっと気がついた。「ただの訓練じゃねーか」



☆コタツ☆

提督「この机もコタツにするか」

加賀「提督はコタツで寝て風邪を引くのでいけません」

提督「その時は看病してくれ」

加賀「もちろんします。ですが、それ以前の問題と言っているのです」

提督「なんだかんだ言って加賀はしてくれるもんな~」

加賀「聞いていますか?」



☆ごもっとも☆


鈴谷「提督じゃん。ちーっす」

提督「じゃんじゃねーよ。執務室来たらそりゃ俺はいるわ」

鈴谷「いやー、暇でさー」

提督「演習行って来いよ」

鈴谷「やだよー、疲れるしぃ」

提督「何をだらしないこと言ってるんだよ、全く」

鈴谷「コタツに肩まで入って加賀に膝枕されてる奴に言われたくないよ」




☆狂犬も見とれる☆


加賀「摩耶ッ!」

摩耶「ハッ、しまっ、ぁぁああ゛あ゛!」大破


…………
……

加賀「戦闘中に他所見だなんてらしくないですね」

摩耶「チッ、悪かったよ」

加賀「野生のイルカに見とれるだなんて」

摩耶「っるせえよ!! 絶対あいつに言うなよ!!」



☆上下☆


提督「お見舞いに来たぞ。大丈夫かー?」

摩耶「んだよ、ウッザいなぁー。別に平気だよ」

加賀「折角、時間を作ってお見舞いに来てくれたんです。礼くらいは」

摩耶「……ぐぬぅ、ありがとよ」



提督「今日はヤケに素直だが、なんかあったのか?」

加賀「いえ、別に」



☆バレてないと思ってるのはお前だけだ☆


電「あ、あのお見舞いにクッキーを焼いたのです」

摩耶「おう、サンキュー」

電「あの、開けてみてください……です」

摩耶「?」カサッ

電「摩耶お姉ちゃん、可愛いの好きだから……クマさんの形にしてみたのです」

摩耶「なぁあ……! か、可愛い~~!! 食べるの勿体無いくらいだ!」

電「喜んでくれて電は嬉しいのです」

摩耶「へへっ電には頭が上がらねえや。で、でも秘密だからなっ」

電「えへへ。はいなのです」



☆大事件☆


天龍「ん? 提督?」

提督「ぐがー」

天龍「アイマスクにイヤホンして寝てやがるし。
    おーい、こんな所で寝たら風邪引くぞ」

天龍「起きないか。一体何を大音量で聞いてやがんだ?
    イヤホン引っこ抜いてスピーカーにでもしてやるか」

天龍「おらっおい提督起きr」


<ああんっ!らめぇぇえ!いぐぅぅ!おち●ぽぉ!気持ちいいのぉぉおち●ぽぉぉ!!


天龍「うわぁぁあああーーー!!」



☆バッドタイミング☆


天龍「な、なんだ今の……咄嗟にイヤホン戻せたから良かったが、
    誰かに聞かれてないだろうなぁ……」

加賀「今誰か叫んでませんでした?」

天龍(よりによってお前かよ……)

加賀「天龍? 顔が真っ赤ですが」

天龍「いや、今の声は俺じゃねえぞ!?」




☆サボり魔☆


加賀「そうですか。それはそうと、またこんな所でサボって……」

天龍「そうなんだよ」

加賀「執務室に強制連行しますか。よいしょっと」

天龍「提督をお姫様抱っこできるのはお前くらいだよ……」

加賀「ん? 何かコードみたいなのが引っかかって」

天龍「ま、待てーー! それはイヤホンの! やめろぉぉーーー!」




☆二次災害☆


加賀「なんですか?」

天龍「いや、とにかく一旦置こう。なっ!?」

加賀「……? まだ提督には仕事が山ほど残っているんです」

天龍「いや、それは分かるが! ダメなんだってば!」

加賀「離してください。提督を甘やかそうたってそうはいきません」

天龍「そんなんじゃねえけど! とにかくちょっと待ってくれって!」




電「はわわ……天龍お姉ちゃんと加賀お姉ちゃんが提督を奪い合ってるのです……!」



☆仕方がない☆


提督「暇だ」

加賀「仕事、終わってないですよ」

提督「リフレッシュターイム! ゲームやろ加賀!」

加賀「だめです」

提督「こういう息抜きも必要なんだよ。じゃあ加賀は一緒にやらないのか?」

加賀「……何やるんですか。マリオカートなら」


提督(……やってくれるんだ)



☆鬼畜☆


提督「いやでも加賀、マリオカート強いし、いつもクッパで俺のピノキオいじめてくるし」

愛宕「ふふ、それはR指定な意味も含まれてるのかしら?」

提督「どっから湧いて出た。ねーよ、そんな意味」

愛宕「私も混ぜて~」

加賀「構いませんよ」

愛宕「やったー!私、提督の書庫のダミーの棚の底を剥がした所から出てきた
    この『陵辱!レイプ沖海戦』ってパソコンゲームが」

提督「うおおおおおおおおおおお!!」

加賀「今、なんて?」

提督「なんでもない! なんでもないから!」




☆愛宕流交渉術☆


提督「ちょっとこっち来い。どうやって見つけた」

愛宕「さぁ~? どうやって、かしら?」

提督「いいか。あれは加賀には絶対に言うなよ!」

愛宕「61cm五連装酸素魚雷」

提督「は?」

愛宕「61cm五連装酸素魚雷、欲しいのよねぇ~」

提督「お、お前……うちにも一つしかないあれを。ホロのあれを」

愛宕「ふふふふ」




☆電車のゲーム☆


愛宕「いっちば~ん!」

提督「またボンビーかよ……」

天龍「ほんとついてないな。あ、エンジェルきた」

加賀「宇和島を買い占めます」

提督「手加減なしかよ」

加賀「勝負の世界にそのようなものは不要です」



☆遊びすぎ☆


提督「負けました」

天龍「一番酷い時で10億の借金か。まあ充分健闘した方だな」

愛宕「じゃ、罰ゲームね」

提督「はい?」

加賀「ええ、罰ゲームですね」

提督「罰ゲームって……何するの?」

加賀「残りの仕事を今日中にしてもらいます」

提督「……はい」



☆クッキー☆


加賀「提督、コーヒーを淹れました」

提督「む、ありがとう」

加賀「クッキーもどうぞ」

提督「む、ありが……ん?」

加賀「クッキーです。電に教わりましたので」


提督(クッキーがコーヒーと同じ色をしているんだけど)



☆下手な奴特有のアレンジ☆


提督「ああ、チョコクッキーね」

加賀「はい、チョコチップでは小腹が空いてくるこの時間帯
    物足りないかと思いましたので代わりに焼きそばを入れてみました」

提督「なんで!?」

加賀「バタークッキーの甘さと焼きそばの香ばしさで脳には糖分が行き、
    お腹も満たされるかと思います」

提督「なんでそんなアレンジ加えたの!?」

提督「これもう、備長炭を輪切りにしたものにしか見えないよ」



☆水分補給は後にしろよ☆


提督「まさかコーヒーも……」コク

提督「糞不味ぅッゴブァッ!!」

加賀「提督!? 大丈夫ですか?」

提督「なんだこれ……何混ぜたんだ」

加賀「この後の予定である全体訓練の時に汗をかかれるかと思ったので
    スポーツドリンク、アク●リアスを配合しました」

提督「なんで!?」



☆何でもは出来ないわよ出来ることだけ☆


提督「まさか何でも出来る加賀がなぁ」

天龍「へえ、何でも出来る……ねえ」

提督「信じてないだろお前」

天龍「まあ何でもは出来ないだろ」

提督「執務室に二人でいて暇だった時にな、
    ホッピングって子どもの頃遊んだぴょんぴょん跳ねるおもちゃあるだろ」

天龍「懐かしいなぁ」

提督「あれに乗せて縄跳びやらせたんだよ」

天龍「お前ら執務室で何やってんだよ」

提督「二重跳びからはやぶさまでやってみせてくれたよ……」

天龍「うわぁ……すごいけど引くわ」



☆その時の様子☆


提督「加賀! 見ろこれ! ほっ、よっ!」びょいんびょいん

加賀「どこ行ってたんですか。ホッピング……懐かしいですね」

提督「だろ? 加賀もやってみてよ」

加賀「結構です。それより仕事が終わってないです」

提督「たまには仕事のモチベーションを上げるためにもこういう娯楽を
    提督である俺に見せて楽しませることも重要だと思うぞ」

加賀「ですが」

提督「へえ、出来ないんだ」

加賀「貸してください」



☆無茶ぶり☆


加賀「ふっ、ふっ」びょいんびょいん

提督(可愛い……少し意地悪したい)

提督「あー、人の見るのは面白く無いな。
    加賀、そのままこの縄跳びで飛んで見せて」

加賀「……何飛びですか?」

提督「じゃあ二重跳び」



加賀「ふっ、はっ」びょいんヒュンヒュンびょいんヒュンヒュン

提督「うおおおお! 加賀すげえーー!」



☆誇り高き一航船☆


提督「それでなんならはやぶさも出来ます、とか言ってやりだした」

天龍「まじかよ」

提督「なんで聞いたらちょっと額に汗かきながらドヤ顔で


加賀「一航船ですから、これくらい当然です」


    って言ってた」

天龍「一航船怖ぇぇ~~」



☆密林からの使者☆


電「司令官さん、あの、外国から郵便物が届いたのです」

提督「外国……? ああ、Amazonか」

電「アマ……ゾン? どういう方なのですか?」

提督「人じゃねーからな?」



☆最早言い逃れできぬ☆


提督「やっとこの時が来たか。加賀には遠征という名の
    ちょっと遠目の買い出しに出かけてもらったし、ふふふ」

提督「あれ? ダンボールがない!? どこへ」

愛宕「ふぅ~ん、なぁに、
    この『艦隊の性感帯調査~こんなに感じちゃあかんたい~』ってぺらっぺらの本」

提督「げっ……」

愛宕「加賀さんを遠征に行かせたのはこういう理由なんだ~?」

提督(どっから湧いたんだこいつ)



☆持ってけ泥棒☆


提督「お願いします!加賀には黙っていてください!」

愛宕「空電探」ボソッ

提督「13号」

愛宕「破いちゃおうかしら。それとも加賀さんに報告してもいいのよ?」

提督「さ、33号で勘弁してください」

愛宕「32」ニコッ

提督「ひぃぃ」




☆今回の敗因☆


加賀「提督?何やら複雑そうな顔をしていますね」

提督「例えるなら、高級風俗店に行ったのに化け物が出てきて
    すごい萎えたのにテクニックはやっぱり高級で何か満足出来ちゃった時の
    あの言い得ない感覚に似ている……」

加賀「……何を言っているのか理解できないのですが」

提督「タイミング悪く入渠してた愛宕が復活したことが今回の敗因……か」

加賀(いつになく真面目に艦隊の指揮を取ろうとしている……?)

提督「やはり次からは遠征に出す時もタイミングを見計らうべきだな」



☆眠気覚ましに永眠薬☆


加賀「ふあ……。はっ、し、失礼しました」

提督「あくび? 眠いのか?」

加賀「いえ、大丈夫です。提督は」

提督「俺は大丈夫だよ」

加賀「コーヒーでも淹れましょうか?」

提督「結構です!ほんと!大丈夫ですので!!」



☆挑戦はする☆


提督「暇だからなあくびも出るさ」

加賀「はあ。忘れてください。というか仕事してください」

提督「そうだ!加賀、なんかラップでもやってくんない?」

加賀「は?何故私が……」

提督「だってこの前大抵のことはできますって言ってたじゃん」

加賀「今ですか?」

提督「うん、やってくれたらしばらくは黙って仕事するからさ」

加賀「ですが、やったことなんて」

提督「え?ないの? なんだ……加賀ならできると思ったのになぁ」

加賀「……」

提督(あ、やべ怒ったかなぁ……)


加賀「誰得要望♪提督横暴♪手痛い指揮から感じる死期♪
    艦隊アイドル即解体♪YO!」

提督(やっぱりやるんだ……)



☆悪意なき悪意☆


電「す、すごいのです!やっぱり加賀お姉ちゃんはすごいのです!」ガチャッ

加賀・提督「 !? 」

電「加賀お姉ちゃんくらいのレベルになるとラップも簡単に出来るようになるのですね!」キラキラ

加賀「……い、電、お願いだからやめて」

電「? 私もあんな風に何でも出来るようになりたいのです!」

加賀「……電、ほんと、お願いだから黙ってください」


提督(珍しく加賀が泣きそうになってる……悪いことしたなぁ)



しらばく加賀は電恐怖症になった。




☆ジェネレーション☆


電「司令官さん、倉庫の整理をしていた時に見つけたのですが、これはなんですか?」

提督「ああ、ご苦労様。ん? それはゲームボーイだよ」

電「ゲームボーイ? これで何をするのですか?」

提督「えっ」

電「古い小型の通信機でしょうか」

提督「……一番最初に遊んだことのあるゲーム機は何?」

電「DSなのです」

提督「なん……だと」




☆自室の鏡の前で☆


摩耶「……」キョロキョロ

摩耶「……ふぅ、誰にも見られてない、な」

ガサッ

摩耶「えへへ、可愛いヘアピン買っちゃったぜー!」

摩耶「似合うかなぁ?似合うかなぁ~?」サッ

摩耶「えへへ」

コンコン ガチャ

加賀「摩耶、入りますよ……? 何故鏡の前で腕立てを?」

摩耶「あ、あぁ? べ、別になんでもいいだろうがよ! そういう気分なんだよ!」

]

☆かーちゃんはだいたいそう☆


摩耶「だ、だいたいちゃんとノックしろよな!」

加賀「? したじゃない」

摩耶「ノックしてから開けるのが早えって言ってるんだよ!」

加賀「そう、ごめんなさい」

摩耶「ったく、気をつけろよな。すればいいってもんじゃないんだからな!」



☆実は遠征の時に見つけてこっそり買った☆


摩耶「で、用事ってなんだよ」

加賀「提督が遠征の報告書を早く持ってこいって」

摩耶「チッ、いつもは仕事しないで遊んでるくせによー。ほらよ」

加賀「ありがとう、渡しておくわ。それじゃ」

摩耶「あ、おい」

加賀「何かしら」

摩耶「あたしがさ、その……可愛いヘアピンとかつけてたら変かなぁ」

加賀「そんなことないわ。とても可愛いと思う」

摩耶「ほんとか!?」



☆恐怖の音☆


提督「知ってるか?ここ横須賀鎮守府には出るらしいんだよ」

加賀「何が?」

提督「幽霊だよ幽霊。幽霊が近づいてくる音が聞こえるんだよ。
    カーン、カーン、カーン……」

加賀「はあ。確かに怖いですね」

提督「あんまり怖がってないんだな……」

加賀「いえ、そんなことはないですよ」

提督「そうなの?」

加賀「はい」



☆可愛い子ほどいじめたくなる☆


提督「ここ横須賀鎮守府には幽霊が出るらしいんだよ」

電「はわわわわ」

提督「近づいてくるとな、音が聞こえるんだよ。
    カーン、カーン、カーン……」

電「はわわわわわわわわわわわわ」ガタガタガタガタ

天龍「いじめんなって」ゴンッ

提督「痛ってぇぇ~~!ちょっとからかっただけじゃんよー」

電「天龍お姉ちゃん~~!!」

天龍「お~、よしよし」



☆その夜☆


加賀「……」

加賀「……」

加賀「……」

加賀「……」

加賀「……眠れない」



☆ちょうど良いところに☆


加賀「……提督のベッドに忍び込もうかしら」

加賀(……夜の鎮守府は暗くて怖い)

加賀(……? 提督の部屋の前に誰かが)


加賀「そこにいるのは?」

電「はわわわ!ご、ごめんなさいなのです!」

加賀「電? 眠れないの?」

電「うぅ……なのです」

加賀「……」

電「うぅ……」

加賀「こっちへいらっしゃい電。一緒に寝ましょう」

電「ありがとうございますぅ……」



☆みんなで朝食☆


電「お、遅れてごめんなさい、なのです!」

天龍「ぷっ、あははは!お、お前、パジャマのまんまだぞ!あははは!ドジだなぁ~」

電「はわわわ!す、すぐ着替えてくるのですっ!!」

摩耶「ったく、気ぃ抜きすぎなんだよなぁ~、そうだろ?加賀」

加賀「え?ええ、そうね」


加賀(電のパジャマ、可愛い……)



☆まだまだ子供ね☆


テレビ「魔女っ娘パワーでプリティ~アターック!」きゃぴる~ん

電「おお~」

電「こほん、魔女っ娘パワーでプリティ~ア

コンコン ガチャ

加賀「電、ちょっといいかし……ら」

電「ターック……はわわわ!!」



☆完璧主義なために☆


電「す、すみませんすみません」

加賀「……」

電「子供みたいですよね……」

加賀「……電、さっきの腕を振るのが逆だったわ」

電「へ?」

加賀「そのアニメ、提督も見てるので、それを横で私も見ているんです」

電「そ、そうなのですか!」

…………
……

電「魔女っ娘パワーでプリティ~アターック!」

加賀「違います。もう少し腕の角度を上げてください。
    こうです。魔女っ娘パワーでプリティ~アターック!」

電「はわわ!さ、さすが加賀お姉ちゃんなのです!」



☆重武装ボディ☆


愛宕「提督~、肩もんであげますよ~」

提督「ん?ああ、悪いな」

愛宕「最近お疲れ気味ですか?」

提督「そんなことはないよ。仕事してないもん」

愛宕「んもうっ、加賀さんは苦労するわ」

提督「うん、肩揉むって言っておきながら手止まるの早いし
    俺の頭をおっぱい置き場にして休むのやめてくれないかな」

愛宕「提督のえっち~!」

提督「俺のせいなのか!?」



☆構って欲しいの☆


愛宕「ねえ提督、明日二人きりでデート(遠征)行きましょう?」

提督「二人で? 加賀に何て言えばいいんだよ」

提督(っていうか高いもの買わされそうですごい嫌なんだけど)

愛宕「いいじゃないたまには~。ね?」

提督「うーん、どうしよっかなぁ~」

愛宕「ふふ、決まりね!明日、鎮守府の正門で待ってるから
    来なかったら承知しないんだからねっ」





☆ちょっとだけ嫉妬☆


提督「……というわけで明日は一日出てくるよ」

加賀「愛宕と二人で、ですか。分かりました。道中気をつけてくださいね」


提督(あれ?意外とすんなり了承したな)


提督「ああ、ありがとう」

加賀「さて、提督。今晩は桃鉄99年でも一緒にどうですか?」

提督「俺を寝かさないで遅刻させる気だな!?」



☆次の日☆


提督「んで、正門来てもいねえし……ってかやべえ眠い」

提督「妥協して20年くらいならとか言って一緒にやるんじゃなかったわ」

愛宕「提督ぅ~お待たせしましたー! ふふ、待ちました?」

提督「さては遅刻の原因はそれがやりたかっただけだな!?」

愛宕「さ、行きましょうー!」ギュッ

提督「ちょ、あんまりくっつくと歩きづらいって……」



☆一方こっちは大事件☆


加賀「という訳で今日は提督がいないので、
    私が代わりに食事当番をします」

天龍「へえ、そうなのか」

鈴谷「何々!? 今日はカレー!?」

電「加賀お姉ちゃんのご飯、楽しみなのです!」

加賀「……提督の留守でも私が完璧に仕事を行い、
    再度提督に私の必要性を認識させる」

摩耶「な、なんかいつにもまして燃えてるな……」



☆せっかくなので全力でバカップル☆


愛宕「提督~、クレープ買って~」

提督「えぇ~、愛宕はしょうがないなぁ~!」

愛宕「はい、あ~ん」

提督「あーむ、ほっほっほ、美味いのう~」

愛宕「やだもう、クリームつけちゃって!」

提督「えー、取って取って」

愛宕「しょうがないんだから~」



☆阿鼻叫喚☆


天龍「ぐぼァッ!!」大破

摩耶「ごふぁッッ!!」大破

電「……ブクブクブクブク」大破

鈴谷「……こ、こんなの、か、カレーじゃ……ない」大破


加賀「みんな優秀な娘ですから。お残しは許されませんよ」




☆地獄へ超特急☆


天龍「ま、まさかこんなに酷いとは……」←逃げてきた

鈴谷「知ってたんなら言ってよ!」

天龍「そうだ、提督がもしもの時に開けなさいって残していったものがあるぞ」

摩耶「あいつは去り際のドラ●もんかよ……」

天龍「ば、バケツだ!みんなの分もあるぞ!」

摩耶「……これで回復してもう一度死地へ迎えってことかよ」

天龍「……」



☆イルミネーションに囲まれて☆


提督「暗くなってきたなぁ」

愛宕「そうねぇ」

提督「そろそろ帰るか?」

愛宕「……」

提督「今日は楽しかったよ」

愛宕「ほんとう?」

提督「ああ、本当だ」

愛宕「また一緒に遊びに行ってくれる?」

提督「ああ、またいつかな」



☆帰ってきた☆


提督「ただいま~」

摩耶「てめぇ、ふざけるなよ!!」大破

提督「何が!?って大丈夫か!?」

摩耶「いつも加賀には頭が上がらないのをいいことに……!」

天龍「このだめ提督」

鈴谷「あほ提督」

電「し、しれいか……んさん」

提督「ふぅ、全く。こんなこともあろうかと。ちゃんとバケツ買ってきたぞー」

天龍「提督ぅーー!」

鈴谷「やったー!!」

提督「現金な奴らだなぁ」



☆そういうことにしておこう☆


加賀「お疲れ様でした」

提督「ああ、加賀もお疲れ様。……どうした、なんか浮かない顔をしているな」

加賀「はい。厨房への出入りが禁止されました」

提督「……そっか」

加賀「何故納得するのですか」

提督「みんなお前が好きだから包丁持ったり火を扱う危ない仕事をして欲しくないんだよ」

加賀「……はあ。そうですか」


提督(すごい喜んでるな)



☆朝の運動☆


加賀「……ふぅ」

愛宕「あら?早朝からランニング?さすがよね~」

加賀「?はい、このあとは基礎体力トレーニングです。どうですか、ご一緒に?」

愛宕「え、遠慮しときまーす」

加賀「そうですか。私のメニューはダイエットにも最適なのですが」

愛宕「さ、早くトレーニングルームに行きましょう!」



☆マシュマロ☆


電「これはなんでしょうか?」

提督「マシュマロだよ。美味いよ?」

電「食べたことないのです。い、いただきます」

電「は、はわわ~~……。あ、あの!もう一個食べても!」

提督「ん? ああ、いいよ。別に一個とか言わなくても普通に食べてていいよ」

電「で、ではもう一つ。はわわ~~~……。甘くて柔らかくて美味しいのです~……」

提督「どうやら痛く気に入ったようだな」



☆鬼のいぬ間に命の洗濯☆


提督「……いや、今日は暇だな。とは言っても仕事はしてるんだぞ?」

提督「ほら、こうやって喋りながらでも一応はできるし」

提督「な、なぁ、ちょっとゲームしないか?」

摩耶「お前ほんっとウザいな。黙って仕事しとけよ」


提督(何故加賀は非番に摩耶を置いて行ったんだ)


摩耶「それと、茶だ。これでも飲んで落ち着いて仕事しろっての」

提督「お、おう。ありがとう」


提督(やりづれえ)



☆パジャマパーティー☆


愛宕「加賀さんのパジャマ可愛い~!」

天龍「今どき三角の帽子がついたパジャマとは……」

加賀「電と一緒に買いに行きましたので」

電「一番可愛いのを選んだのです」

加賀「電は優秀な娘ですから」

電「愛宕お姉ちゃんのピンクのワンピースもとっても可愛いのです」

愛宕「ふふ、そうでしょう?」

天龍「電にはセクシーが行き過ぎて目に毒だよ、こりゃ」

愛宕「上下グレーのスウェットには言われたくないわよ」

天龍「俺はこれでいいんだよ!」



☆ぬいぐるみ大好きっ娘☆


天龍「いざって時に動きやすいだろう?」

愛宕「そんなのないわよ」

鈴谷「ねえねえこれからどうするどうする!?お菓子あるよ?電も食べる?」

電「こ、こんな時間に食べていいのでしょうか?」

鈴谷「いいのいいの!加賀姉も食べて~」

加賀「いただきます」

摩耶「あのさあ」

愛宕「どうしたの?犬の着ぐるみがパジャマだった摩耶ちゃん」

摩耶「っるさいな~いいだろうが!っじゃなくて!」

摩耶「なんであたしの部屋でやるんだよ」

愛宕「だってぬいぐるみばっかりで一番可愛い部屋なんだもーん」



☆殺生はよろしくない☆


愛宕「きゃーー!虫が!」

天龍「ああ?どうしたよ」

愛宕「あそこの窓から虫が入ってきたの!天龍なんとかして~!」

天龍「ったく、しょうがねえなぁ~。こんなのさっと潰して」

愛宕「えっ、やだ天龍の野蛮人」

天龍「どうしろってんだよ!!」



☆何をしている早く行くぞ☆


提督「加賀~、キャッチボールしようよ」

加賀「何故?」

提督「暇だから」

加賀「少しは落ち着いて執務を行っては……」

提督「えぇ~、じゃあいいよもう」

加賀「で、グローブは?」

提督「はい、加賀の」

加賀「少しだけですからね」



☆カレーが大好き☆


鈴谷「カレー食べたいなぁ……」

提督「今日の夕飯はハンバーグです」

鈴谷「間をとってカレーハンバーグにしようよ!」

提督「おいおい、普通ハンバーグカレーじゃないのか?」

鈴谷「どっちでもいいよ!海軍のカレー美味しいよねぇ~」

提督「確かに士官学校の時に食ったカレーはいつも美味かった」

鈴谷「はあ~カレー。愛しのカレー。カレー好きすぎて血液の代わりにカレーが流れてたらいいのに」

提督「それはいやだ」



☆その作り方はあかん☆


電「あの……子供ってどうやって作るか知ってますか?」

提督「ぶほぁッ!」

加賀「……提督、頑張ってください」

提督「えぇえ!? えーっとだなぁ……電、勉強熱心なのは分かるし良いことだが」

電「わくわく」

提督「まずはその手に持ってる錬金術の本をしまってきなさい」



☆初めて見ちゃった☆


摩耶「提督ー、遠征の報告書出しに来たぞ」ガチャ

提督「ん?」←着替え中

摩耶「きゃあああああああ!き、着替えてんなら言えよ!!」

提督「ノックもしないで入ってきたのはお前だろ!」

摩耶「ば、ばかーーーー!!」

提督「摩耶!?どこ行くんだ!報告書ーーー!」

加賀「今、走って行ったのは摩耶?どうしたんですか?
    ……提督、そんな格好でいつまでもいると風邪をひきますよ」

提督「加賀はぶれないなぁ」



☆提督のパソコンで☆


加賀「……子供、作り方、検索……と」カチカチ

加賀「……ふむ。なるほど」

加賀「……」

加賀「さっぱり分かりません」

加賀「しかし提督のパソコンにはよく分からないものが多い……」

加賀「これは? 新しい作戦、もしくは機密事項……?」

加賀「xvieos……一体どのような作戦概要なのでしょうか」カチカチ

加賀「ぶほぉッ!?」



☆全部バレた☆


電「焼き芋美味しいのです」

愛宕「たまにはこんな秋らしいイベントもいいわね~」

加賀「ええ、ちょうどいらない紙や資材が出たので燃やすついでに」

天龍「そ、そんな泣くほど美味いか?」

提督「ほんと……美味しいよなぁ~、うん」



☆モノノ怪☆


天龍「電、紙粘土で何作ってんだ?」

電「秋の夜長にわく創作意欲に任せて小さな司令官さんを作ってるのです……」コネコネ

天龍「へ、へぇ~、頑張れよ……」


天龍(もののけ姫に出てくるこだまにしか見えない)

天龍(しかし、作って……何をするんだ?)



☆ハミ乳って言うと出てくるらしい☆


加賀「コピー機が故障してファミリーマートまで来ることになるなんて」

愛宕「そういえば提督がファミチキも買ってきてって言ってたわよ」

加賀「では私が買ってきましょう」

店員「しゃーせー」

加賀(略称で呼ぶよりも正式名称で注文したほうが
    店員さんにも分かりやすいのかもしれない)

加賀「ファミ……ファミ……」



加賀「ファミリーチキン一つください」

愛宕「ファミチキはファミチキでいいのよ」



☆心配性☆


加賀「待ちなさい電。北のアルフォンシーノ方面への遠征はとても寒いのでこれを」

電「マフラー……ありがとうございます。すごく暖かいのです」

加賀「それから手袋もちゃんとしていきなさい」

電「は、はいなのです」

加賀「あと耳あてもしないと耳が凍傷になるので」

電「はわわ、もふもふなのです」

加賀「それからホッカイロは背中に貼れるタイプと」

摩耶「もうお前一緒に行けよ」



☆もちろん嘘です☆


提督「この前、電がさー」


電「愛宕お姉ちゃんはとても綺麗でスタイルも抜群で……
  どうやったら愛宕お姉ちゃんみたいになれるのでしょう」


提督「って悩んでたぞ」

愛宕「あら、直積聞いてくれればいいのに」

提督「で、綺麗の秘訣なんかあるのか?」

愛宕「そうね、強いて言うなら●ックスよ」

提督「お前それ絶対に聞かれても電には言うなよ」



☆お前にかよ☆


愛宕「もちろん嘘よ」

提督「全く……」

愛宕「私、初めての人は決めてるんです」ズイ

提督「あ、あの……近いんですけど」

愛宕「提督はもし私が良いって言ったらどうします?」

提督「あんまり滅多なことはやらない方がいいぞ、愛宕」

愛宕「え?」

提督「そろそろ彗星一ニ型甲がすっ飛んでくるぞ」



提督「俺に」



☆そうだったの!?☆


提督「そういえば天龍の眼帯は……なんなんだ?」

天龍「ああ?これか?別に何もないけど?」ペロン

提督「えぇーーーー!?そうだったの!?」

天龍「ついでに言うけど、俺、実は男だったんだ」

提督「えぇーーーー!?そうだったの!?」

天龍「あと、実はサイボーグだったんだ」ガショーン

提督「えぇーーーー!?そうだったの!?」


提督「ハッ、夢か……」



☆ウキウキウォッチング☆


提督「あれから気になってしょうがない」

加賀「でしたら聞いてみたらどうですか?」

提督「ば、バッキャロウ! 聞かれたくないこともしれないだろ!」

加賀「……の割りにはさっきから天龍の部屋を双眼鏡で覗くとは興味津々ですね」

提督「いつ取っても見れるように監視しないとな」

加賀「軍法会議は免れませんね」



☆カレー臭☆


摩耶「何だよその大鍋」

鈴谷「摩耶ー!カレーパーティしようよ!」

摩耶「全部カレーかっ!?というかまたあたしの部屋でか!?」

鈴谷「この前やったパジャマパーティのカレー版だよ」

摩耶「いや、さすがにカレーはぬいぐるにも匂いがつきそうで……」

鈴谷「あっ」ドンガラガッシャーン

バシャー

摩耶「あああああああああああああ!!」



☆激おこプンプン丸☆


ドォン……ズドォンッ!! ゴゴゴゴ……!

提督「な、なんだ!?」

鈴谷「ご、ごめんってばぁぁーーー! 提督、どいてどいて!」

提督「鈴谷!? おいこの騒ぎはなんだ!」

摩耶「待て鈴谷ぁぁああああーーーーー!!そこを退けぇぇぇ!!」

提督「ぎゃあああーーー!」



☆それは多分ノリで☆


愛宕「んもう、昨日の晩、うるさいから全然寝付けなかったじゃない」

天龍「なんでもカレーをこぼして摩耶の大事なぬいぐるみの
    ……えっと、なんだっけスミス?を汚したとか」

摩耶「違え、シェリーとココアとガンジーだ」

愛宕「……最後のはどうにかならないの?」

天龍「まあそんな訳で鈴谷は大広間に吊るされたって訳よ」

愛宕「え?じゃあなんで提督もその横で一緒に吊るされてるの?」

天龍「さ、さあ?」



☆無知なる☆


提督「……おい、誰だこんな所に三角木馬置いた奴」

天龍「ああ、それこの前近海にいた海賊を討伐した時に船内で見つけたんだよ」

提督「そういえば報告書にそんなこと書いてあったな。で、誰が持って帰ってきたんだ?」

天龍「積み木か何かかと思ったのか……電が……」

提督「……そうだな、これは積み木だ。そういうことにしよう」



☆有効活用☆


提督「こら、鈴谷。食事中くらい携帯をいじるのをやめなさい」

加賀「そうね。行儀が悪いわ」

鈴谷「うぇえ……はーい。でもさ~」

提督「なんだよ」

鈴谷「なんで提督の椅子、電の積み木なの?」

提督「べ、別にいいだろそんなこと!」



☆一旦にツボに入ると☆


愛宕「はぁ……」

天龍「珍しいな、ため息なんかついて」

愛宕「実は、この前摩耶のぬいぐるみの名前がツボに入って
    以来、摩耶と顔合わせると笑いを堪えるのが大変なのよ」

天龍「ああ、ガンジーのことか?」

愛宕「ぷっ、もうっ!やめてったら!」




☆絶対に笑ってはいけない☆


提督(おい、誰かあいつに注意しろよ)

加賀(そこは提督が)

天龍(あの事件以来、みんなにバレたのが吹っ切れて
    鎮守府にいる時は必ず一体ぬいぐるみを持ち歩くようになったんだよ)

提督「あ、あの……摩耶さん。そのアライグマのぬいぐるみなんだけど」

摩耶「ああ?可愛いだろ?こいつはどぶろくって言うんだ」

愛宕「ぶふぅッ!提督のばかぁあ!」

電「どぶろくちゃん可愛いのです」

愛宕「やめて!もうやめて!」



☆落命の危機☆


提督「あ、図書館の本の返却期限が昨日で切れてる!」

加賀「では今から行きますか」

…………
……

加賀「ふむ、なるほど」

提督「……ん?何をさっきから熱心に読んでいるんだ?」

提督「『愛しの男性を落とす料理の本』……」

提督「おい加賀、早く帰るぞ!」グイ

加賀「も、もう少しだけ……」グググ



☆何も大丈夫ではない☆


天龍「ふふふ、ふっふっふ」

愛宕「今日はずいぶんご機嫌じゃない。どうしたの?」

天龍「ついに……ついに夜間哨戒の任務を任されたんだ!」

愛宕「へ、へぇ~、そうなの。良かったじゃない」

天龍「愛宕もどうだ?」

愛宕「夜更かしは美容の敵だからやらないわ。あなたも女の子なら少しは」

天龍「大丈夫だ。顔パックしたまま行く!」

愛宕「…………」



☆唐突に始まるバカップルコント☆


提督「おーい、愛宕~!」

愛宕「なあにダーリン」

提督「なんだその呼び方……」

愛宕「いいじゃないたまには。私のこともあーちゃんって可愛く呼んで?」

提督「あーちゃんにちょっと遠征に出かけてほしいんだけど~」

愛宕「いや~ん、てっちゃんはあーちゃんと離れたいって言うの~?」

提督「てっちゃんって俺のことか!?」



☆母なる愛☆


加賀「先ほどから何をしているのですか。提督は早くしないと東京の会議に遅刻しますよ?」

愛宕「いや~ん、なんかあの人こっち見てる~!てっちゃんなんとかしてー」

提督「あーちゃん、ごめん。俺、行かなくちゃ」

愛宕「何よ!そっちの女の方がいいって言うの!?てっちゃんのばかぁ!」

加賀「いつまでそのコントしているつもりですか、早くしてください」

提督「あーちゃん、すまない。俺にはかーちゃんがいるから」

加賀「提督、ちょっとお話が」



☆シュールな光景☆


提督「ん?これは電の日記帳か?」

加賀「みたいですね。あの子、ほっぽり出してどこへ行ったのかしら」

提督「ほほう、何々?」

加賀「あまり人の日記を覗くのはいい趣味とは言えませんよ」

提督「○月○日、今日はにんむも出げきもなく、一日中ちんじゅふをおそうじする
    ルンバの後ろをついて歩きました」

提督「俺が言うのもあれだが、この鎮守府大丈夫か?」

加賀「まあ、平和なのは良いことですし」



☆おめでたい奴らだな☆


提督「タイムマシンがあったら何をしよう」

天龍「そうだなぁ~。俺は侍を見に行くかな」

愛宕「私は未来に行ってみたいわ」

電「電はたくさんの歴史を見てまわりたいのです」

加賀「私は一刻も早く提督のお力添えができるよう
    生まれたての私を鍛え抜きにいきます」

提督「加賀、嬉しいけど自分のことはもっと大切に扱いなさい」



☆レロレロレロレロレロレロ☆


電「プーピ~ヒョロロ~♪」

提督「縦笛?どっから見つけてきたんだ?」

電「倉庫にあったので少しお借りしたのです。えへへ、懐かしい音色なのです」

提督「だめじゃないか勝手に持ちだしたら。それに埃で汚れてるかもしれないだろ?」

電「はわわ、ごめんなさいなのです」

提督「これは俺が預かっとくよ」

…………
……

電「……ということがあって怒られてしまったのです」

加賀「彩雲、急いで提督を探して。
    震電改、流星改、彗星一ニ型甲は見つけ次第爆撃を許可します」




☆親父は誰だ☆


天龍「……まだトレーニングしてたのか」

加賀「ええ、日々の鍛錬が重要なのよ」

天龍「ふぅーん。ねえ、ちょっと腹筋見せてよ」

加賀「はい、これでいいかしら」ペロン

天龍「こ、これが幻のシックスパック!」



電(加賀お姉ちゃんお腹見せて何してるんだろう……)

電(まさか……あ、赤ちゃんが!?)



☆ちゃんと加賀が保存してます☆


電「司令官さん、あの……おめでとうございます」

提督「ん?」

提督(この前の皇帝陛下からもらった変な賞状のことかな?亡くしたけど)

提督「ああ、ありがとうな。でもなんで今さら?」

電「もうお名前は決まってるのですか?」

提督「名前?なんだったかなぁー……横須賀平和維持感謝状だったかな」

電「ざ、斬新なお名前ですね」

提督「そうか?普通だろこんなの」

電「最近だと普通なのですか!?」



☆多聞丸とかの丸らしい☆


電「電も授かるのなら……えっと、大日本帝国世界統一快勝丸って名前がいいのです」

提督「丸?丸ってなんだ? まあ日本の統一は無理だろうけど、世界が平和になればいいなあ」

電「世界の平和?なるほど、司令官さんは自分の身内こそが全て。
   身内こそが自分のあるべき世界だと、そう仰るのですね」

提督「それだとまるで俺が世界の支配者みたいにならないか?」

加賀「あら、電。どうしたの?」

電「加賀お姉ちゃん、電は横須賀平和維持感謝状ちゃんが元気に育つことを祈っているのです」

加賀「……賞状を人に見立てる斬新なままごと遊びですか?」


その後、加賀が理解したらしく勘違いは解消した



☆あざとい☆


提督「電のあれ、あいつ本気で言ってるのだろうか」

加賀「あれ、とは?」

提督「はわわ~~」

加賀「今のは電の真似でしょうか?非常に不愉快だったのですが」

提督「あざといよな~、可愛いからいいけれど。
    試しに加賀もなんかあざとい感じに喋ってみてよ」


加賀「ほよよ」

提督「あれ?なんか古い」



☆下敷き☆


提督「おまっ、おいこの汚い報告書はなんだ」

鈴谷「ん?あたしの字は綺麗だし読めるでしょ?」

提督「そうじゃねえよ。よれよれだし、カレーのシミがあるし」

鈴谷「完成したあとにカレー食べるのに下に敷いてたんだよね」

提督「報告書はランチョンマットじゃねえぞ」



☆ぬいぐるみの気持ち☆


摩耶「なあシェリーも連れてっていいだろ?なあなあ!」

提督「だめったらだめ!汚したらあとでうるさいのお前なんだから」

摩耶「心配すんな!ちゃんと透明で中が見えるビニール袋に入れておくから!」

提督「窒息しちゃうよ~~。
    可哀想だよ~~~」

摩耶「ほら、中に海水も入ってこないように口を結んだし、
    それに首のあたりに紐でも巻いとけば持ちやすいだろ!」

提督「苦しいよ~~。
    見てて苦しいよ~~」

加賀「大事だという割りには扱いが意外と雑ですね」



☆ピコピコ動きそうだよな☆


摩耶「じぃ~」

天龍「な、なんだよ」

摩耶「その頭についた耳みたいなの」

天龍「ああ?これか?」

摩耶「……可愛い。あたしもそういうの欲しい」

天龍「えっ!?」



☆じゃあ代わりにこれでいいか☆


摩耶「一回でいいから貸してよそれ」

天龍「さすがの摩耶でもこれはだめだ」

摩耶「そっか、残念だな」

…………
……

提督「あ、それからみんな遠征に行く前に~なんだけど、
    摩耶……そのうさぎ耳のカチューシャは外して行くように」

摩耶「ふっざけるな!あたしはこれがいいんだ!!」

提督「ふざけてんのはお前だ!!」



☆備えあれば憂いなし☆


愛宕「加賀さん可愛い~!」

加賀「ありがとうございます。みんなもとても似合ってますよ」

電「なんか不思議な気分なのです」

鈴谷「これ着けて出るの!?面白いね!」


提督「全員でつけるならいい。って言ったら
    まさか全員分のうさぎ耳持ってくるとは……」


バニーガールが一番似合いそうなのはこの子達の中なら愛宕だなぁ、
と密かに思う提督だった。



☆電はしっかり見ている☆


電「恋してるってどういう気持ちですか?」

愛宕「うーん、例えば電がこの男の人になら無茶苦茶にされてもいい!って思ったり
    この人となら一緒にいたいって思ったり~」

電「……電にはまだ分からないのです」

愛宕「そうねー、提督なんてどう?」

電「司令官さんですか?大好きですけど、
  お姉ちゃん達をたぶらかす所は嫌いです」


愛宕(うわー、たぶん私のせいもあるけど……提督どんまいっ)



☆うっかり本音が出ていた☆


天龍「へえ、電がねー」

愛宕「そういうお年頃になったのかしら」

天龍「ところで……」

愛宕「なに?」

天龍「無茶苦茶にされたいってのは完全にお前の願望だよな?」

愛宕「な、なんのことかしら?」



☆底が見えない☆


加賀「恋ですか?」

電「はい。提督への気持ちはどのようなのですか?」

加賀「電。あなたにはまだ分からないかもしれないけれどこれは愛よ」

天龍「加賀が言うと重いな……」

加賀「深いと言って頂戴」

天龍「どちらにしろイヤだ」



☆ブルマでもイケる時はイケる☆


提督「ふんふふーん♪」

天龍「提督が珍しくご機嫌で掃除をしている……」

提督「へいへい!見たか、このドリフト雑巾がけ!」ドタドタドタ

提督「あっ、」ズボッ

天龍「きゃああああ!ちゃ、ちゃんと前見ろよな!!どこ頭突っ込んでんだ!!」


提督「あ、あ……、最近ちょっと寒いからってブルマなんか履きやがって……糞ぉ!」

天龍「狙ってやったのか。おう歯ぁ食いしばりな」



☆雑念を掃除しろ☆


天龍「そういうのは加賀にでもやれよな」

提督「あいつが応えてくれるわけないだろ?おーい、加賀、今日の下着は何色だい?」

加賀「しょうもないこと言ってると
    廊下の掃除が終わりませんよ」

提督「ほらな?っていうか天龍も手伝えよーう」

天龍「ったく……ほんとしょうがねえ奴らだなぁ」



☆帰り道☆


提督「日が落ちるとやっぱり寒いなぁ」

加賀「早めに帰った方がいいですね」

提督「そうだな。みんな待ってるだろうし」

加賀「提督、手を」

提督「手? 手がどうかしたのか?」

加賀「手、出してください」



☆みんなそうだよ☆


愛宕「あたしはやっぱりきのこかしら」

鈴谷「ええー!たけのこでしょ!」

愛宕「ねえ提督は?」

提督「俺?うーん……」

鈴谷「やっぱりたけのこだよね!?」

愛宕「きのこよね?」

提督「金のなる木かな」




☆オーバーテクノロジー☆


提督「ん?鈴谷?パソコンの前で何してるんだ?」

鈴谷「ああ、提督じゃん。これスイッチが全然つかないんだよね」

提督「ええ?もう壊れたのか?
    おかしいなぁーまだ買い換えて1年も経たないぞ」

鈴谷「だって目の前で待っててもつかないもん」

提督「そりゃあつかないわ」



☆びっくり☆


提督「ほら、ここの横のスイッチを押すんだよ」

鈴谷「ほ、ほんとに?これ押したら変なサイトに通じて
    今すぐ指定の口座に振り込んでくださいとか出ない?」

提督「でねーよ。余計な知識があるせいでごっちゃになっとるじゃないか」

鈴谷「えいっ」ポチッ

提督「どーーーん!!!」

鈴谷「きゃあああああああああ!!!」

提督「あははは!冗談冗談、って鈴谷!? どこ行くんだおい!おーーい!」


鈴谷は少しパソコンがトラウマになった。



☆知らなかったのかよ☆


愛宕「ほら摩耶、じっとしてて」

摩耶「い、いいって髪の毛くらい自分でやるよ」

愛宕「嘘つき、そう言って摩耶、全然私のあげた櫛使わないんだもん」

提督「おや?あんな所に珍しい組み合わせだな」

電「……そうですね」

摩耶「だ、誰かに見られたら恥ずかしいからいいよ。愛宕姉」

提督・電「ね、姉……!? ええぇぇぇええ!?」

摩耶「 !? 」



☆仲良し高雄型☆


提督「ほ、本当だ。ちゃんと書類見たら姉妹になってやがる」

愛宕「もうっ、私達のこと知らなすぎよ」

加賀「ついに仕事を全くしてないことが裏目に出ましたね」

提督「ふぇえ」

摩耶「別に愛宕姉のことをなんて呼ぼうが勝手だろ!」

愛宕「昔は”ねえね”って呼んでたもんねー?」

摩耶「い、言うなよ!!」

愛宕「今でも二人きりで甘えてくる時は”ねえね”だもんねー?」

摩耶「やーめーろーよー!!」



☆妹属性☆


愛宕「でも実は私だって妹属性を持ってるんだからね?」

提督「そうなのか。俺の中で愛宕の株が急上昇したな」

加賀「どれだけ単純なんですか」

電「電もお姉ちゃんがいるのです!」

摩耶「電はみんなの妹って感じだし、本当にいても驚かないな」

電「がーん……なのです」



☆4-2☆


提督「はい、今月分の給料だよ」

電「ありがとうございます! これでわたパチが買えるのです」

提督「お前がいいなら俺は止めないが、
    その使い方で本当にいいのか!?」

鈴谷「ねえ、お給料って2億とかにいきなりならないの?」

提督「ならねーよ。ってかそんなにもらって何する気だよ」

鈴谷「2億なんてもらったらカレーの海が作れるくらいカレーが買えるよ」

提督「これがほんとのカレー洋ってか。やかましいわ!」



☆美味しいけどそれは絶対不味い☆


提督「ん?なんだこのおにぎり……赤飯というよりかは茶色いぞ」

提督「いただきま糞不味ゥッ!ぐぼァッ!!」

加賀「冷蔵庫にあったバン●ーテンココアでご飯を炊いてみました」

提督「お、お前それ電の好物のバンホーテンココアじゃねえの!?
    っていうか加賀、厨房には出入り禁止だったんじゃなかったの?」

電「い、電のバンホー●ンココア……」

加賀「えっ!?」

電「電が楽しみにしてたバ●ホーテンココアが……」シクシク

加賀「電っ、その……ご、ごめんなさい」



☆かがねえ☆


鈴谷「え?二人が姉妹なの?うん、知ってたよ?」

提督「鈴谷が……あの鈴谷が知ってるだと」

鈴谷「失礼しちゃうなー提督ってば」

提督「そうは言ってもなぁ」

鈴谷「あたしが愛宕姉のことをそう呼んでるのは摩耶がそう呼んでたからだよ?
    加賀姉なんかもそこから来てるよ」

提督「ああ、今まで触れなかったけどそういうことだったのか」




☆キュロット考えた奴絶対許さん☆


提督「あ、加賀。そっちの上の方にあるファイルなんだけど」

加賀「あれですね。んっ……ん」


提督(あれ、届かなかったかな?んんっ!?
    ふ、太ももの隙間からパンツ見えるかも!!)


加賀「提督、机に突っ伏して無いで手伝ってください」

提督「頑張れ加賀。俺はだらけながら全力で応援しているぞ!」



☆軍の宣伝の一貫で☆


提督「なんだこの仕事の依頼」

加賀「どうしました?」

提督「いや、みんなにグラビアアイドルみたいな仕事の依頼が来てて……」

加賀「ふふ、そうですか。そうですか」

提督(あれ?まんざらでもない?)




☆ウキウキルンルン☆


加賀「で、どうするのですか?」

提督「どうするって言われてもなぁ~」

加賀「受けないのですか?」

提督「やりたいの?」

加賀「いえ、どちらでも」

提督「じゃあ断ろうかな」

加賀「……そう……ですか」

提督「……。いや、でもたまにはこういうのもいいよな……やってみるか」

加賀「提督の命令とあらば」



☆この世はマニアだらけ☆


愛宕「ねえ、私だけ水着で露出多すぎないかしら」

提督「そんなことないよーマニア向けだよー」

天龍「なんで俺だけガチガチの軍服なんだよ」

提督「マニア向けだよー」

電「い、電はどうして幼稚園児みたいなスモッグなのです?」

提督「マニア向けだよー」

加賀「普通のファッション誌だと聞いていたのに何故私はメイド服を着させられているのですか」

提督「マニア向んがが……鼻に艦載機突っ込むのやめてくだぱい」



☆全ては愛のターメリック☆


鈴谷「あたしカレーの妖精の格好が良かったなぁ~」

提督「分かった。今度同じ仕事の依頼きたら用意してやるから絶対着ろよ」

鈴谷「嘘!嘘だってば!でもみんなに可愛い格好用意してくれてありがとうね」

提督「鈴谷もそうやって普段から大人しくしてれば可愛いんだから」

鈴谷「えー!何それひっどーい!あとで提督の机の引き出しに
    並々カレー入れてあげるんだから!」

提督「それの方がひっどーい!」

鈴谷「ちゃんとその隣の引き出しにはご飯入れとくから大丈夫!」

提督「うわー親切!これでいつでも机の引き出し
    開けたらカレーが食べれるね!……って馬鹿!!」



☆奥までグッサリ☆


提督「ぬいぐるみを増やすのはいいが、もう少し整理しろよ」

摩耶「あたしの勝手だろ!」

提督「勝手じゃないよ。最近部屋に飾れないからって飽きてきた奴を
    鎮守府の至る所に飾るのはやめてくれ!」

摩耶「可愛いからいいだろ!」

提督「上の連中が視察に来た時に見られたらどうするんだ」

摩耶「喉元を一突きで黙らせる」

提督「刺殺してどーする」



☆拒絶の最果て☆


加賀「提督があまりにうるさいから摩耶が拗ねてますよ」

摩耶「ぶすー」

提督「そんなしょぼくれたってだめだ。明日までには片付けるんだぞ」

摩耶「ようこそ ここは よこすかちんじゅふ です」

提督「おい聞いてるのか?」

摩耶「ようこそ ここは よこすかちんじゅふ です」

提督「NPC化しても無駄だぞ」



☆AVK☆


提督「エイリアンVS艦娘? なんだこの仕事の依頼。上の連中は馬鹿なのか?」

天龍「なんだよそれ。そんなことしてねえで仕事しろよな……」

提督「でもこれ受けると資材の支給結構あるんだよね」

天龍「なんで給料が現物支給なんだよ」

…………
……

天龍「そういえばあれどうなったんだ?」

提督「他の所にたらい回しにしてやらせたら
    映画自体はどんずべりして結局首絞まってるらしいよ」

天龍「だろうねー」



☆理由はスモッグだったから☆


提督「何!?電がグレた!?」

電「がむがむくちゃくちゃ」

提督「……電、どうしてこうなっちまったんだ」

天龍「よく見ろ提督」

提督「あ、あれは!噛んだガムはちゃんと包み紙に包んで
    ポイ捨てしようか迷った挙句、ちゃんと机に置いたァーー!」

天龍「悪にはなりきれない所が愛らしいなぁ」

提督「ふっ、天使のイタズラよ」

天龍「何かっこつけながら置いていったガム拾ってんだコラ」




☆鎮守府の正門付近で☆


子供1「あっ、見ろよ!軍だ!今から遠征だよあれ!」

子供2「違えーよ、きっともっと大きい作戦に出るに違いないよ!」

子供1「あの軍服のが司令官だろうな!」

子供2「たぶんな!その隣にいるのもしかして正規空母じゃねえの!?」

子供1「かっけぇー!」

子供2「すっげぇー!」


加賀「良かったですね、提督。とてもこれからコンビニにアイス買いに行くなんて言えませんね」

提督「しっ、聞こえたらどうするんだ。子どもたちの夢を壊すのはよくないだろう」



☆戦車は浪漫☆


子供1「あ、あのもしかしてここの提督ですか?」

提督「ああ、私が横須賀鎮守府に勤務する第一艦隊の提督だよ」

子供1「あの!握手してください!」

提督「ああ、いいとも。君はもしかして海軍志望かい?」

子供1「いえ、陸軍です!やっぱ今の時代ガルパn痛たたたた!」

加賀「提督。提督!」
最終更新:2014年04月29日 21:39