※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

THE EXILED HUNTER


依頼者:CAPTAIN BRACKENBROOK

「私がいったいどれくらい間違っているかを計ることができない」
「私はCalder Cobを信じていて、長い事彼のアドバイスを聞いていた」
「私自身の息子が彼の二枚舌について私に警告しようとした後と同じだ」
「私の息子Jonは立派なハンターだ、しかし、彼は3年前にこの村から出て行ってしまった」
「彼は私を決して許さないだろう」
「私はなんて愚かなんだ!私は彼が嫉妬している子供のように振る舞うのを止めたとき、初めてArchetで彼を歓迎したいと言いました」
「今彼と彼のハンター仲間が私たちの希望だ」
「だが私に何かできるか?彼は私の愚かさにより深く関わるのに値しません」
「いやいや、Archetは助けなしでこの嵐に耐えなければなりません」



目的1

Brackenbrookは絶望している。馳夫(STRIDER)に相談してみよう

馳夫(STRIDER)

「絶望しちゃいけない!」
「あなたは著しく成長した、勿論私が教えるよりもだ」
「君はCaptain Brackenbrookに真実を教えた」
「彼の息子Jonにもう1度彼の願いを伝えるべきだ」
「私はすぐには離れられない、そしてArchetはすべての助けを必要としているし、父親の威信もある」
「私はあなたがハンターを引きつけて、この町に勝ち目を与えることができると確信しています」
「そうしてるうちに、私は急がないと」
「Amdirは休息を必要とすることを私に知らせます」


目的2

出奔したハンターにArchetの救援に来ないか聞いてみる

JON BRACKENBROOK

「村から来られたのですね?」
「私は空が暗くなり落ちてきてから監視していました」
「そして影の不安はArchetを飲み込んでしまいます」
「人も動物も樹木も」
「察するに私の父には、そのようなことを観測する知恵がありません」
「あなたは彼から出奔した息子の事を聞いて、救援要請で私の所に来られたのですね」
「いいでしょう!あなたが何どういう要求を伝えるのか」


背景

Captain Brackenbrook、彼の信頼できるCalder Cob。
彼の息子とCalder Cobが口論をした後で息子と疎遠になった。
CaptainがCobの側について以来、彼の息子はArchetを離れた。


クエスト・データ

適正レベル:4
クエスト・タイプ:ソロ
前提クエスト:A Plea For Aid
次のクエスト:Into The Shadow