※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

THE ASSAULT ON ARCHET


依頼者:JON BRACKENBROOK

Jon Brackenbrookと彼のハンター達が既に燃え盛るArchetの村外れに到着した。
彼らの村を救う絶体絶命の危機は始まろうとしています。
あなたはなんとか間に合った。


Jon Brackenbrook
「奴らは我々を目視している 移動しよう!」


目的1

Jon Brackenbrookと話す
Jon Brackenbrookを守る

Jon Brackenbrook

「遅かったか」
「アーチェトは火の海だ!」
「東門を抜けるから、ここでグズグズしてる時間はないぞ」
「私たちも安全ではなことに恐怖を感じる・・」

目的2

Jon Brackenbrookの側で戦う

Jon Brackenbrook

「父を助けるんだ!」

Jailor Ned Pruner

「うぁぁぁぁ!」

Otto the Brigand

「Ned よくも捕らえてくれたな」

hunter

「見失った!ヤツらは我等が見えてる?」

「何?どこだ?」

Otto the Brigand

「哀れなNedどうしてやろうか!」

「彼らが見ている、俺はやるぞ」

Peg Pruner

「止まれ!Ned、今行くぞ」

Jailor Ned Pruner

「哀れな!」

Otto the Brigand

「よくも囚えてくれたなPruner!」

Peg Pruner

「なぜこの扉を閉めた?」

JON BRACKENBROOK

「Nedを助けろ!」

Otto the Brigand

「十分楽しんだ。下がるぞ!」
「私の靴を舐めるか?看守?」

Jailor Ned Pruner

「動けない・・」

Peg Pruner

「この鍵を壊してくれない?」

Jailor Ned Pruner

「Peg 何処にいる・・」


目的3

Ned Prunerと話す
Jon Brackenbrookを守る


Jailor Ned Pruner

「Amdir、Amdirが閉めたんだ」
「彼は私たちを奴らの殺戮から逃がしてくれた」
「あなたは彼を助けにいってくれ、村民も守ってくれ!」

「BlackwoldはホビットとCaptainを狙っている」
「炎の中に何かを見た、行ってくれ!」
「彼らを助けてくれ!」


目的4

Jon Brackenbrookと話す
Jon Brackenbrookを守る

Jon Brackenbrook

「Calder Cobと裏切り者Ottoは丁度私が恐れていた戦いを仕掛けたばかりだ」
「私達はMad Badger INNへの道を見つけないと」
「Pegは私達に広場への道から行けと言った」
「恐らくそこから行けるだろう」
「ついてきてくれ!」


Peg Pruner

「Ned!なんてこと・・」
「あなたは村民を見つけたら逃がしてやって」
「Blackwoldたちは村のいたる場所を攻撃している」
「急いで、Amdirを見つけてBlackwoldを倒して!」
「私とかわいそうなNedはほっといて」


Jon Brackenbrook

「広場の安全を確保しよう、ついてきてくれ」
「この道は塞がれているようだ!新しい道を見つけよう」
「この先だ」
「よく戦ってくれた!しかしこの先に嫌な予感がする」


目的5

Jon Brackenbrookと話す
Jon Brackenbrookを守る

Jon Brackenbrook

「広場は安全になったぞ、しかし私達は進まないと!」
「もし私達がグズグズしてると、アーチェトは敗れてしまう!」

「村中央への別ルートを探そう!」


Jon Brackenbrook

「工房エリアを護ろう、来てくれ!」
「あの邪悪な悪魔たちは我らの村に手間取ってる。希望はまだある!」
「見ろ!Atliがいるぞ!まだ敗れていない」
「ようやく会えたな友よ。工房は安全か?」

Atli Spider-bane

「Blackwoldの連中はついさっき、そこの建物から進入してきたぞ、Jon」
「合流して、ヤツらを叩こう、そこを取り戻す!」

「なんてこった!遅かったか。アーチを護らないと・・見ろ!」

Blackwold

「Angmarがおまえのドアをノックする時、おまえは土下座する」

Jon Brackenbrook

「最悪の事態を食い止めないと!」


目的6

Jon Brackenbrookの側で戦う

Jon Brackenbrook

「君はよくやってくれた、友よ、しかし私達にはもう戦力がない」
「我等は広場と工房を守った」
「Mad Badger INNは燃えてしまった」
「恐らく父は生きてはいる、が・・わずかな希望だ」

「Atliとついて来てくれ!我等はこの村が壊滅するのを防ぐべきだ」

Jon Brackenbrook

「我等はここだ、父は生きている。私にはわかる」
「父よ!助太刀にきたぞ!」


Captain Brackenbrook

「ワシは生きているぞ息子よ、しかしワシは連戦で疲れている」
「Archetは陥落したのか?私がバカだった!」

JON BRACKENBROOK

「燃え尽きる時間ではない。我等は安全になるまで守らないと」

Captain Brackenbrook

「わかった。ワシはホビットたちと怪我人を護衛しよう。攻撃してくれるか?」
「仕掛けるんだ!ワシらを守ってくれ」


目的7

Blackwoldと彼等のリーダーを倒す
Jon Brackenbrookを守る

JON BRACKENBROOK

「最後の害虫退治の準備だ」

Blckwold

「最悪の時間のおでましだ」
「Skunkwoodの異人と取引をすべきではなかった・・・」
「我々の友人は北から来た、おまえらには最悪すぎるほど最高だぜ!」

Cargul

「遊びは終わりだ!我々は野伏のために来た!」

Captain Brackenbrook

「Calde Cob、何でおまえがいる?何しに来た?」

Calder Cob

「いつも関係はあったのさ、Captain,あなたの見てないところでな、私のことは理解できまい」


Captain Brackenbrook

「ワシが知っているすべては、オマエが家と皆を裏切ったということだ、恥じるべきだ」

Cargul

「話は終わりにしろ。Amdirは今よりMordorの従者だ。Dunadaと共に来い」

Amdir

「はい、マスター」

Captain Brackenbrook

「何が起きた??」
「Amdir!行ってはいかん、ワシとここに居るんだ!」


Cargul

「Calder Cob、おまえが来た目的を果たせ」

Cader Cob

「喜んで。私はArchetで力を得たんだ、Brackenbrook!」

JON BRACKENBROOK

「父よ!!あああ・・」


目的8

Jon Brackenbrookと話す
Jon Brackenbrookを守る

JON BRACKENBROOK

「今日は最悪の日となった」
「アーチェトは燃え上がり、父は死んだ、そして野伏は連れていかれた」

「今、村の火が治まるのを待つしかできることはない」
「幸運と共に、我等はみすぼらしくなった村を再建しよう」


目的9

Jon Brackenbrookと話す

JON BRACKENBROOK

「今夜はなんと悲劇的な事があった夜なんであろう!」
「しかしBlackwoldの脅威は撃退した」
「しかし、そう長くない間に、また襲って来るかもしれない」
「Angmarの悪の主人と共に」

背景

Archet村は襲撃を受けた。
Jon Brackenbrookと彼のハンター達は村の東門から突入する事にした。
あなたは先頭に立ち、Mundo,Celandine,Amdir,Captain Brackenbrookの現在をつきとめろ。


クエスト・データ

適正レベル:5
クエスト・タイプ:ソロ
前提クエスト:THE STORM IS UPON US
派生クエスト:[[]]