『時計じかけのオレンジ』論の読み方がわかる項(事実関係の確認編)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/06/29(日) 18:09:24.28 /5EMucwB 
【事実誤認?】時計じかけのオレンジ

町山智浩「<映画の見方>がわかる本」
第5章『時計じかけのオレンジ』
P134映画公開後の事件

まずランカッシャーで、オランダから来ていた十七歳の少女が
少年たちに輪姦された。犯人たちは犯行の最中『雨に唄えば』
を口ずさんでいた。


「<映画の見方>がわかる本」の巻末に参考文献としてあげられている
キューブリック全書
P238

不良少年たちは『雨に唄えば』を歌っていたという
ランカシャーでレイプされた十七歳のオランダ人少女
の訴えに対し、目撃者たちは残念ながら誰もそれを
裏付ける証言をしなかった。

17 名前:名無シネマさん 投稿日:2014/06/29(日) 18:10:02.82 /5EMucwB 
【事実誤認?】時計じかけのオレンジ

町山智浩「<映画の見方>がわかる本」
第5章『時計じかけのオレンジ』
P135映画の上映禁止

キューブリックは、七四年、自ら配給元のワーナー・ブラザーズ
に『時計じかけ~』をイギリス国内では永遠に上映しないように
約束させた。この『封印』は九三年まで続いた。


「<映画の見方>がわかる本」の巻末に参考文献としてあげられている
キューブリック全書
P241

四分の一世紀以上の上映禁止の後、キューブリックのほとんど
一周忌にあたる二〇〇〇年三月一七日に、『時計じかけのオレンジ』は、
二五〇本のプリントで大々的に再公開された。


【町山智浩】<映画の見方>がわかる本【検証】
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/movie/1403779475/l50
最終更新:2014年07月02日 03:54