【下水道と脱毛剤】

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

312. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:01:39.29 ID:zUbBrOXh0
マミ「かっこいいって、重要よね!」

ほむら「わけがわからないわ」ホムーン

マミ「さて、>>291さんの反応が無いようなので、今回は私が仕切らせてもらうわ!」

ほむら「次のお題は、>>315よ!」
315. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:02:37.56 ID:01VrGdyQ0
下水道と脱毛剤
318. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:06:25.34 ID:zUbBrOXh0
マミ「次のお題は、『下水道と脱毛剤』よ!」

QB「わけがわからないよ」

マミ「正直私もどんな話ができるのかまったく想像できないわ!」

QB「制限時間は20:25までとさせてもらうよ」
319. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:06:53.27 ID:6nc32crW0
ほむら「んっほおおおお!脱毛剤のおかげでまどかの髪の毛がこんなにどっさり大儲けええええっやっほおおおおうあああ!!!!!」
321. 榊鳥 ◆SSkkOxOZ3M 2011/06/18(土) 20:12:40.12 ID:AHcSzmDL0
ほむら「爆弾の材料を調合して…」ドロドロ

ほむら「ん、脱毛剤?間違えたわね」

ほむら「もったいないけど捨てましょう」ドボンドボン



  橋の下

杏子「そろそろ銭湯に忍び込む季節かぁ…川寒っ…」ジャバジャバ

杏子「………」ジーー

杏子「…無駄毛」

杏子「…カミソリ買わなきゃなぁ」カアァ




杏子「と思っていた矢先に何故か全身脱毛+つるつるお肌を手に入れた」

さやか「まぁ…よかったんじゃない?」

ほむら「…………」
322. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:13:15.68 ID:iMOcy/BDP
ほむら「落し物を探しに来た下水道で脱毛剤を拾ったわ。しかし使い道が無いわね」

杏子「・・・って、あれ?お前、こんな所で何してるんだ?」

ほむら「(杏子・・・ちょっとくらいいたずらしてもいいわよね)」

ほむら「ちょっと探し物をね・・・ちょうどいいわ。これをあなたにあげる」

杏子「なんだこれ?漢字が読めねぇんだってば」

ほむら「それは・・・そうね、最近あなたお風呂とか入ってる?」

杏子「さっぱり入れてねーけど」

ほむら「それを頭からかぶってみなさい。凄くさっぱりするわよ」

杏子「マジで?そりゃありがてぇや。後で早速やってみるよ」

ほむら「そう、どういたしまして」


〜〜
後日

さやか「・・・あれ?杏子、いつの間に帽子なんて被るようになったの?」

杏子「うるさい放っとけ。二度とくんな」
323. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:15:08.18 ID:e5CYBTWjO
QB「うう…また暁美ほむらにスペアを壊されたよ…。」

QB「仕方ない、気乗りはしないけど下水道を伝って鹿目家に侵入しよう。」

QB「流石の暁美ほむらにも下水道で出会うことは無いだろうし。」

鹿目家・お風呂
詢子「あー…ねみー…うおっ!?いけねっ!!純銀使用の脱毛剤こぼしちまった…高かったのに〜…」

下水道
QB「この辺りがまどかの家の敷地内に繋がっているはず。」

QB「ん…?なんだ、この銀色の液体は、がっ、がががが…」


まどか「ほむらちゃん、QB知らない?最近顔見せないんだ。」
ほむら「さぁ…ごめんなさい、本当にわからないわ。」

ほむら(私の前にも現れない…本当にどこかに行ったのかしら…?)


下水道
QB「あの銀色の液体に触れただけで体がこんな大きく、体組織も変わるなんて…わけがわからないよ…」

今、その謎の巨大生物はあなたの家の下水道にいるかもしれない…
324. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:15:47.49 ID:C0h7i7jgP
ほむら「脱毛剤をキュゥべえに塗りたくってみたわ」

QB「やぁ、まどか」ゲッソリ

まどか「うわっ、無毛だとキモっ!下水道に流しちゃえ!」

QB「わけが  わ  か  ら    な      い        よ          ぉ            ぉ              ぉ                ぉ                ぉ」ジャーーー

まどか「あんなのと契約なんて絶対無理!」

ほむら「計画通り!」
325. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:16:01.89 ID:W6PDkYGg0
ほむら「QBを脱毛させて下水道に捨てたわ」

QB「わけがわからないよ」
326. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:16:40.91 ID:/5f1z5SW0
杏子「うぅ、食うもんがなさすぎて下水道ぐらいしか探すところがなくなっちまった…」トボトボ

杏子「なんでもいいから落ちてねーかな…なんだこれ?」ヒョイ

杏子「脱毛剤の空容器と…ピンクの髪の毛?」

杏子「こんなもん食えやしねぇ…そうだ!」

――――――――――――――――――――――――――

杏子「まどかの奴がこん中に愛液貯めてたの見たぞ」モウステタミテーダケド

ほむら「マジでっ!?」

杏子「あぁ、陰毛だって入ってるだろ?  1万で売ってやんよ」

ほむら「買った!!!!」

杏子「まいどありー(くくっ、これでしばらく食いつなげる…!)」

ほむら「マドカノアイエキハァハァ…ウッ」

――――――――――――――――――――――――――

まどか「おはよーさやかちゃん…どうしたのその髪?」

さやか「ふふふ、まどかとおそろいに染めてみたんだー」
327. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:16:43.71 ID:ZWMN+j1f0
ほむら「QBがいまいち憎めない感じがする一因は、やはりあの毛並みだと思うの」

マミ「確かにそうね…ふっかふかで気持ちいいのよ」

QB「否定はしないよ、君たちが親しみやすい形態をとるようにしているからね」

ほむら「そこでこれよ」

杏子「なんだそれ?」

ほむら「脱毛剤よ」

さやか「まさかそれでQBを脱毛するってんじゃ…」

QB「やめてよ!…抜ける毛がもったいないじゃないか」



まどか「ダメだよ、ほむらちゃん」

ほむら「まどか…でも…」

まどか「そんなにいっぱいやったら、下水道が詰まっちゃうよ」ウィヒヒ

QB「元に戻っても、やり続けるの前提なんだね…」
328. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:17:21.23 ID:zUbBrOXh0
QB「下水道の水から脱毛剤を作ったよ!」

QB「これをお店の育毛剤コーナーに紛れ込ませれば」

QB「日本中の育毛剤に希望を抱いていたお父さん達が大量に絶望するという作戦さ!」

QB「早速これを近所のドラッグストアに・・・きゅっぶい!」ドグシャアッ!

まどか「お父さんの頭皮は・・・私が守る!」
329. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:18:24.50 ID:v8WU6UQK0
QB?「僕と契約して魔法少女になってよ!」

まどか「ひぃっ!?」トンズラッシュ

QB?「……一体どういう事なんだ、訳が分からないよ」



ほむら「下水道に流した脱毛剤は上手く作用したようね。見事にキュゥべえの毛が禿げ上がっているわ」

さやか「ちょっと待って、アイツ下水道に住んでんの!?」

ほむら「定住はしていないわ。巴マミ、あなたの家で寝ていることもあったわよね?」

マミ「ま、待って頂戴!  そんな、匂いとかは全然……」

ほむら「そこ宇宙テクノロジーならぬ魔法の力で消臭しているそうよ」

マミ「嫌あぁっっ!!」

さやか「マミさん、気を確かに!」

杏子「けどほむら、それを知ってて脱毛剤を仕込んだっつーことは、あんたも下水道に入ったっつーことだよな?」

ほむら「……」

ゆま「えんがちょー♪」

タツヤ「えんがちょー♪」
330. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:19:14.28 ID:YSVrBESS0
ほむら「ファーストステップ、まどかの家のボディーソープを脱毛剤と入れ換える!」

ほむら「セカンドステップ、まどかの家の排水溝下に待ち構える!」

ほむら「サードステップ! まどげってぃチュルチュル!」

ほむら「ふふ……、
我ながら完璧すぎる作戦ね!」

ほむら「あら。噂をすれば毛が流れてきたわ!」

ほむら「あーん、もぐもぐ
……、うっ、うげええええええええ!!!?」




知久「はあー、やっぱり一番風呂はいいもんだね」

331. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:19:23.37 ID:xY+1bRm30
マミ「マリオの1-2がクリアできないわ...」ピコピコ

QB「マミはゲームが下手だなぁ
      そこは天井の上を行けば簡単だよ」

マミ「」イラッ

----------

QB「...僕を縛ってどうするつもりだい?
      それにその手に持っているのは...」

マミ「ふふふ...バカにした上にネタバレなんてするから...」ヌリヌリ

QB「ぎゃあああぁぁぁ自慢の毛があああぁぁぁぁ」


332. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:22:07.25 ID:7W9YCItl0
さやか「あんた家は?」

杏子「下水処理場の近く」ヌリヌリ

マミ「あなた泳げるの?」

杏子「近くの川で練習した」ヌリヌリ

まどか「下水処理場の近くに川なんてあったっけ?」

ほむら「さっきから何塗ってるのかしら?」

杏子「一応日焼け止め」ヌリヌリ

まどか「それ、脱毛剤って書いてあるよ?」
333. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:23:12.11 ID:s8QKMZAD0
まどか「お風呂きもちーなー」ザー…カチリ

ほむら(まどか、貴方はツルツルであるべきよ。私かこれで綺麗にしてあげるわ)ペタペタ

〜〜〜〜〜

マミ「まさか下水道に魔女が出るなんて…」

マミ「髪もべったべた…自慢の縦ロールなのに…」

〜〜〜〜〜

次の日

まどか「マミさー…マミさんの頭がおっぱいに…!」

マミ「しばき倒すぞ」
334. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:23:28.65 ID:ZdCIjejE0
ほむら「なんとなく興味本位で脱毛剤なんかを作ってしまったけれど」

ほむら「使う相手なんかいないし、何かの役に立つでもなし……」

ほむら「……捨てるわ」


ほむらが洗面台から捨てた脱毛剤は、排水口を流れ、下水道へ至った。

そしてたまたま下水道に篭もり、潜んでいた魔女の結界内に盛大に流れ込んだ。

その脱毛剤は、下水にまみれ何千倍にも希釈されてなお、人一人のふさふさした頭上を

ツルツルのハゲ坊主に変えてしまえるほど強力なものであり、相手が人外のものであろうと

お構いなしの、トンデモ効能すら備えているものであった。

―――悲劇としか言い表しようがない。

その魔女は、生前10代の少女であるにも関わらず、ひどい抜け毛に悩まされていて、友人に

ハゲを指摘された絶望で、そのソウルジェムを濁らせた。

哀れ、抜け毛の魔女は誰に知られることもなく、その魔女生にひっそりと幕を下ろしたのである。

無意識ではあるが、ほむらの手によって……。
335. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:24:23.72 ID:B1TDHuhX0
かずみ「目を覚ませ、脱毛剤の魔女!  リーミティ・エステールニ!」

魔女「ダツモォォォッゥ……」

海香「ふぅ、お疲れ様」

カオル「おつかれーっ!」

かずみ「……ってか、どうして脱毛剤?」

海香「脱毛剤には魔女になる素質があるのかもしれないわね……」

カオル「いや、ないって」

かずみ「ほほう!」

カオル「それより、さっさとここから出ようよ。  ひどい匂いだ」

かずみ「はっ、下水道に流された脱毛剤の怨念が魔女に……」

海香「脱毛剤を流された下水道の怨念かもしれないわ」

カオル「脱毛剤の魔女だったんだから、脱毛剤の怨念だろ?」

かずみ「ううーん!  謎は深まった!」

海香「そうね」

カオル「もうなんでもいいや……」
336. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:24:36.29 ID:65yZBXcI0
ほむら「想像以上に抜けすぎて詰まってしまったわ…」ツルピカー
337. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:27:28.36 ID:zUbBrOXh0
ほむら「ここまでよ」ホムッ

マミ「難しいお題なのに、こんなにも力作揃いとは、侮れないわね」

まどか「それじゃあ投票開始だよ、時間は22:40までで!」
338. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:28:54.45 ID:e5CYBTWjO
>>328
お  の  れ  Q  B  !
どこまでも残酷なやつ!!www
339. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:28:58.39 ID:xY+1bRm30
>>325
ほむらさんマジパネェっす
340. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:29:24.86 ID:ZdCIjejE0
>>324で
どうにも感情が篭ったQBのわけがわからないよに弱いww
341. 榊鳥 ◆SSkkOxOZ3M 2011/06/18(土) 20:29:31.51 ID:AHcSzmDL0
>>335
何故だろう
本当に何故だかわからないんだけどかずマギを読みたくなった…
342. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:30:42.02 ID:v8WU6UQK0
一体作者たちの脳みその構造はどうなってるんだ……
まどかが凛々しい>>328で
343. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:32:15.63 ID:W6PDkYGg0
>>319
安定のほむらさん
344. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:32:25.86 ID:iMOcy/BDP
>>330の勢いとヤケっぱちな漢字が好き
345. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:32:44.00 ID:B1TDHuhX0
しまったさやかの出番が

>>331
発想がすごいわ
346. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:32:57.58 ID:ZWMN+j1f0
>>330
落ちひどすぎwwww
347. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:33:33.51 ID:6nc32crW0
>>327
348. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:35:45.90 ID:C0h7i7jgP
よくこのテーマでこんなに投稿あったな

投票は>>321で
349. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:36:00.55 ID:UODTvJDJ0
>>323
QBざまあwwww
350. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:37:29.76 ID:zKadiU6j0
お、建ってた、>>1乙

つか、お題難度高すぎワロタwwwww
351. 以下、名無しにかわりましてMMPがお送りします 2011/06/18(土) 20:39:40.85 ID:I3+r56hp0
>>330
毛で区別つくのかwww

しかし、みんなスゴいな
352. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:41:26.92 ID:zKadiU6j0
>>328に一票
353. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/18(土) 20:48:17.92 ID:zUbBrOXh0
マミ「集計結果の発表よ!」

>>330  3票  「勢いとヤケっぱちな漢字が好き」
                「落ちひどすぎwwww」
>>328  3票  「お  の  れ  Q  B  !」
>>325  1票  「ほむらさんマジパネェっす」
>>324  1票  「どうにも感情が篭ったQBのわけがわからないよに弱いww」
>>335  1票  「本当に何故だかわからないんだけどかずマギを読みたくなった…」
>>319  1票  「安定のほむらさん」
>>331  1票  「発想がすごいわ」
>>327  1票
>>321  1票
>>323  1票  「QBざまあwwww」

マミ「という結果になったわ!」

杏子「しかしこんだけ難しいお題によくこんなに投稿あったな」

マミ「本当に凄いわね、さて>>328は私なので次の仕切りは>>330さん、お願いね!」


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。