「+β」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

+β」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 
 <center>
-<h2 align="left"><span class="0"><b><font color=
-"gray">Climax+β Side-Strawberry</font></b></span></h2>
+<h2 align="left"><span><b><font color="#808080">Climax+β Side-Strawberry</font></b></span></h2>
 </center>
-<center><br></center>
-<p align="left"><br>
-<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> さぁて、裏路地でゆぜを出迎える準備でもしますか(笑)<br>
+<center> </center>
+<p align="left"><br />
+<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> さぁて、裏路地でゆぜを出迎える準備でもしますか(笑)<br />
+<b>GM </b> 麟さん、となりにいらっしゃるのですから<br />
+<b>GM </b> 素敵に突っ込んで差し上げなさいよ。(苦笑<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ごめん…これには無理(苦笑<br />
+<b>GM </b> ぇぇー<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> みんな手を出せない(笑)<br />
+<b>GM </b> いや、手を出せるNPCを持っていたら突っ込んでいたのですけれど。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> こんなストロベリー入った空間に突っ込むなんてとてもとても<br />
+<b>見学者1</b>   目が「邪魔する奴はヤル」とw<br />
+<b><font>神楽 </font></b> さらば譲二、永遠なれ(笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> はっはっは。体を張って色々と世界を救ったのだ(笑?)<br />
+<b>見学者1</b>   救ったのか?w<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> /一方その頃バースメバミヤコでは・・・<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 救ったのです。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ざっしゅざっしゅ。<br />
+<b><font>神楽 </font></b> むしろ戦力減少?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「うむう、中々青色がおちぬぞな」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 譲二は店内の清掃作業をしていた<br />
+<b>GM </b> 何の為に出てきたんだろうでしょう、ゆぜ?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> と、そのとき!突如目の前の空間に裂け目が!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そして中から・・・<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「じょおおおおじぃぃぃぃ!!!!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 弾丸、いや!光の速度で突撃するゆぜ!!!!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そのままの勢いで、ダン!!!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「おや、おかえり」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 立てたモップに両手とあごを乗せて軽く挨拶。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「忘れ物届いた?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 壁へと吹き飛ばし、そのまま大鎌で首を壁に縫いつける<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「べんちゃー!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ふふふふふふ。貴様、巫山戯たことをしてくれるじゃないか<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  ・・・・覚悟はできているのだろうな?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「わ、わけがわからない! 俺はいつも毎日誠実に生きているぞ!?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 物騒な台詞とは似合わず、彼女の表情は、菩薩のように穏やかだった<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「一体どうしたんだ? 菩薩のような顔をして、背に般若を背負っているぞ?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「それは、自分の胸に聞いたらどうだ?なあ譲二」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> あくまでも、微笑みは、声は優しい<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> だが、その事はより一層恐怖を高めるだけにすぎなかった・・・<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> だらだらだら。変な汗が出ている。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ちょいと、待ちなさい? わけがわからないんですけど。ホントに。マジで」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「そう、か・・・わからないか。」にっこり<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「はっ! そうか。忘れ物が届かなかったのか?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font>  りんのヤツがあれちゃんと持ってるから!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「いや、届け物は受け取ったとも。ほうら」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「だから、な?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「なら、なんで!?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「このようなもの、封筒に入れずとも、直接渡せばいいだろうが!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> しかもあんな誤解させるようなマネを!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「は? 誤解? ちゃんと中身見たのか?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ああ見たとも!なんだアレは!何が結婚しようだ!!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 届けて欲しいなら最初から要件は表に書いておけ!!!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「せっかく買ったのに渡す前に勝手に居なくなったのはお前なのに!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……は?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 本気でわけのわからなそうな顔。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「そもそもなぜ貴様の届け物を私が、届けねばならんのだーーー!!!!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「い、いや、待て! なんかおかしい! おかしいから!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「人様への届け物と、お願いメモをいっしょにするんじゃない!!!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> この単細胞が!!!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……あ、あー」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 納得した。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「わ、私は!一瞬、本気で!!!~~~~~~」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> もうあとは、言葉もでない<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「うん、ごめん」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 素直に謝る。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「う。くそ!素直に謝るな!!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 拘束された壁から、するりと抜け出す。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「このバカ、間抜け、単細胞、へっぽこ、すっとこどっこいの疫病神!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 思わず胸ぐらを拳でぶつ<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「いやあ、ごめん。間違ってりんにわたしちゃった」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> えへっ。っと笑う。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「なんでお前がそこまで取り乱すのかわからないけど……」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> とりあえず、頭をなでる。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「頼み事があるならちゃんと口でいえ!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ただでさえ貴様の行動はわかりづらいんだ!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ぽかぽかぽかぽか<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> んで、ごそごそとポケットから、同じような紙袋をもう一つ、取り出す。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「うううう~~~~」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 不満げな顔で頭をなでられる。ちょっと落ち着いた<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「お前のは、こっち。そっちは、別件だから」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ふん。どうせまた、変な物なんだろ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ぷい!ふてくされてます<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「まぁ、たいしたものじゃぁない」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・・・」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> うろんげな、不審げな目で見ます。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> やばい、ペースを取り戻すタイミングをちょっとミスった。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 今ゆぜに引きずられている気がする。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> あはははははw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ちゃんとしたプレゼントを上げたくなってきた!(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 別に、チロノレチョコでも良いよ。ハロウィンの時みたいな苺味(笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「まぁ、開けてみろって」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 食べ物でもいいか~。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「むぅ。こんど、また変な物だったら、ただじゃ置かないぞ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> いいながら・・・包みを開けます<br />
+<b>見学者1</b>   タイヤキとか(何故<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ジョージの手作り料理とかw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> あー。ちなみに、今日がゆぜの誕生日にしようか?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 本人は忘れてるけどw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> いいの!? 考えてたけど。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> いいよw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> よし、じゃあそれで。ありがとうございます。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 譲二が感謝します。すごい事態かも。<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ハッピーバースデイ!<br />
+<b>見学者1</b>   ハッピーバースの日(何故<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ……あれ? そうすると、ゆぜ16歳になる?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> とりあえず、包みを開けて、中の物を取り出します。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ち、気付いたか(笑)<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 日本の法律では結婚可能な年齢ですねw<br />
+<b>見学者2</b>   来年女性も18になるみたいだがw<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> なにぃっ!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ・・・し、知らんかった<br />
+<b><font color="#000080">士朗 </font></b> なんですって!?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> まあ、ジョージ日本の法律に護られたませんから(笑)<br />
+<b>見学者4</b>   え?来年から18歳になるんですか?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> そんな、16歳で結婚できるという日本で唯一すばらしい法律が!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 私も知らんかった(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> まあ、ここは魔都ですから、現実の法律には縛られません(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 時代はいつまでも1999年かもしれませんしね(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ともかく、開けてみると、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ハッピーバースデー」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> というカードが入ってます。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「え・・・?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 本気でびっくりします。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 最初誕生日勘違いしてたという気でいたら、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> どうやら本気で今日はゆぜの誕生日だったらしい(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「おめでとう。ゆぜ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「え?あの?・・・譲二?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 惚けた様な顔で見上げます<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> そういえば、ゆぜってあんまり誕生日とかって好きそうじゃないですね。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 生まれてきたことにコンプレックスありますから。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> そんな気がした……<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 好きという以前に・・・お母さん以外に祝って貰ったこと無いです。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ないんですか(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 見上げられたら、にっこりと微笑む。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 当然、誰かのお誕生会に誘われたこともない。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> しかも、お母さん忙しいから、まともな誕生会はない。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「あ、あの。これ・・・どうして?」<br />
+<b>見学者1</b>  やはりこれはいいところでぶち壊すのが礼儀だろうか(笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ほら、プレゼントも入っているから、それも見ろよ」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> なんで知ったのかとかは、はぐらかす(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・うん。」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> プレゼントも取り出す。・・・何?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> なんだろう。ゆぜが、欲しかったもの(笑)<br />
+<b>見学者3</b>   ジョージからの愛。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> それはどんなものでもあふれてます。<br />
+<b>見学者1</b>   哀?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> じゃあ、綺麗な十字架型のペンダント。いぜん、お店の窓越しに眺めてた<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 女の子だから、こういう物に興味あるんですよ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> でも、お母さんに負担かけれないと、思うと<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> お小遣いも、バイトとかして貯めてるけど<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ・・・学生だからなかなか貯まんなくて<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> まあ、女の子っ(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> では、それで。しっかし、十字架なんですか。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「これ・・・ずっと、欲しかったやつだ・・・」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 思わず顔がくしゃくしゃに歪む。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「まぁ、誕生パーティーとかそういう事は、期待するなよ?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> プレゼンとしかないからな」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 俯いたままペンダントを手に握りしめ、口元までもってきて、ぽつり<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ありがとう・・・」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「いやいや、むしろ、こっちが言わせてもらうよ。ゆぜ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ううん。これだけで嬉しい。・・・スゴく」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> その声は、微かに震えてる。顔はまだ上げない<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そして、ペンダントをギュッと大切そうに握りしめる。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「お母さん以外に、プレゼント貰ったのなんて、はじめてなんだ・・・」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「今日は、ゆぜが、この世界に生まれてきた、とても大切な日だからね」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「あ・・・・」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> その言葉に、思わず顔を上げる。その瞬間。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ぽろり。その双眸から、一粒の涙がこぼれる・・・<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「あ、あれ?おかしいな。なんで?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「生まれてきてくれて、ありがとう」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> と、微笑む。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 堰を切ったかのように、後から後から零れる・・・涙<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「え? お、おい。なんで泣くんだよ?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ああ、これはジョージでも予想外だった。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「じょう、じ。・・・・ありがとう」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> まだ、涙はとまらない。が、その時の顔は、その笑顔は・・・・<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「なくなって。ほら、綺麗な顔が……」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> と、涙を指でぬぐう。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 今まで見た中で、最高に綺麗であった・・・<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> やべえ!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ジョージが雰囲気に流される。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「これ、大切にする。・・・ずっと、ずっと」<br />
+<b>見学者1</b>  ぶち壊しモードに入ったら合図くれ(笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> おけ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 頬に手を添えたまま、突然無言になるジョージ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・・?譲二?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> いつもと違う譲二の雰囲気に戸惑う。ゆぜ<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……ゆぜ」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ぽつりと、彼女の名前を呼び、そのまま、唇が、近づいてゆく。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・・・・じょうじ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 誘われるように・・・動かないゆぜ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> どくん。どくん。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ただ、心臓の鼓動だけが、聞こえる。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そして、唇と唇が重なる・・・その瞬間!<br />
+<b>見学者1</b>  /「はろはろ~、今日は強羅餅だよ~!」<br />
+<b>見学者1</b>   /バーンと扉を開けて入ってくる<br />
+<b>見学者1</b>  /そして扉に挟まれぴらぴらになる譲二<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> そんな扉の近くにはいないよ!(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「!!!!!!!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 急に夢から覚めたようになり、慌ててバッと離れる、ゆぜと譲二<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「!!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> おもわず、正気に返り、キャラ一歩分とびのく二人。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> どう考えても、女将さんとマスターにも見られてるよな~(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> /「うわああああ!いや、これは、その!違うんだ!!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> /と、誰に弁解してるのか、珍しく動揺する譲二<br />
+<b>見学者2</b>   -<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> *<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> +<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> って、誰もジャッジは宣言してないよ!<br />
+<b>見学者2</b>   じゃーじゃっじw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> でも、動揺してる。<br />
+<b>見学者3</b>   +<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 通った!?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ち、違う! ゆぜを、ゆぜが、いや、確かに!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font>  ええ? いや、そりゃ、他の人には結婚とか平気で言えるけど。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font>  ゆぜには、えE? どういうこと!?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 頭を抱えて、もだえてる。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ゆぜのほうも、顔が茹でたトマトのようになり思わず胸元を押さえてます。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> まだ心臓がバクバク<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「いや、でも、ゆぜはそういう対象じゃなくて。いや、そもそも、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font>  なにこの気持ち!? 今まで生きてきて、え? わけわからん!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「な、なんだったんだ。今のは・・・・」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「なんなんだ、なんなんだこの、もやもやっとした気持ちは!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font>  この衝動は!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ここまで来て、自分の気持ちがよく解らないゆぜであった。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ああ、ジョージ、あれだ。案外、初恋かも。長生きしてるけど(笑)<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> ・・・人は、空間の甘さで死ねる。今私はそう思ったw<br />
+<b>見学者2</b>   ツンツンデレツンデレツンツン?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 編集して読みやすくすればさらに甘くて死ねるぜ!<br />
+<b><font color="#006600">麟  </font></b> 甘ッ!ここ激甘ッ!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> いつの間にか表は戦闘してるし(笑)<br />
+<b>見学者3</b>  あなた達は本来戦闘に関係ないですからw置いていかれたのでしょうw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> むしろ、こっちが光の速さで置いてったというか(笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ですねえ(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 二人して動揺してる(笑)<br />
+<b>GM </b> 星寝:「きゃー……惜しかったわねぇ」<br />
+<b>GM </b> ビデオカメラを覗きながら<br />
+<b>GM </b> 言う星寝。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「はっ!!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ふと、場所を思い出す。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ええ!ま、マダム!い、いつからそこに!?」<br />
+<b>GM </b> 暁歩:「いやいや本当、惜しかったなぁ。 はっはっは」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ちょっ! 女将さん! その手に持ってるのはなに?」<br />
+<b>GM </b> 二人してビデオカメラを覗きこんでます。<br />
+<b>GM </b> 星寝:「やーね。知らないのジョージ? これだから貧乏人は~」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> でも平気。それにテープは入ってないから。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> なぜならジョージの居る空間は無能空間だから!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「マスタぁぁ!?あああああ!?何で、どうして!!?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「いや、それくらいは知ってるよ! 貧乏馬鹿にするな!」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 久しぶりのジョージつっこみ。<br />
+<b>GM </b> 暁歩:「DVDハンディカムだぞ。<br />
+<b>GM </b>     昨日の内に、あちらこちらに設置しておいたんだ。はっはっは」<br />
+<b>GM </b> 星寝:「しかも防水防圧! 完璧ね!」<br />
+<b>GM </b> 暁歩:「ああ。核爆弾でも壊れないらしいからな。<br />
+<b>GM </b>     犯罪撲滅に役に立ちまくりだ。はっはっはっは!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 核爆弾ってw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「い、いや、まあ、待て。こ、これは、だね。えーと」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> みんな初めて見る譲二が本当に動揺しているところ。<br />
+<b>GM </b> 星寝:「と、言うわけで。さっきのニアミスキスシーンも、<br />
+<b>GM </b>     ばっちり収録済みよっ☆」<br />
+<b>GM </b> 親指を突き立てます。<br />
+<b>見学者2</b>   素敵だw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> もう、ゆぜのほうは。陸揚げされた魚のように、口をパクパクするだけ<br />
+<b>GM </b> 暁歩:「おお、このシーンも中々珍しいな」ジー<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 顔を抑えて、る。実は、赤面しているジョージ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・・・・・譲二」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> となりを見ずに声をかける。狙いは・・・暁歩の手のハンディカム<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ああ」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> マスターがよけられないように、世界を無能の力で歪ませはじめる。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ……成功したら成功したで、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 二人の共同作業とかいわれるだろうが、気にしない。<br />
+<b>見学者1</b>  びおら「あら、何をなさっているのでしょうか?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「考えることは、同じだな。」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 譲二の力に織り込むように、空間を歪めていく<br />
+<b>見学者2</b>  でもこれってユゼも失敗するのでは・・・。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> いや、譲二の力を空間操作して、マスターたち限定で送ってるのです<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 表はまだ最初のターンなんですな。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そして・・・ピシイ!!!と内側から弾けるように壊れるハンディカム!!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「よし」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 譲二の疫病神の能力と合わさって、内側からショート!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> メモリーから何から粉砕される!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> /星寝「ああ~、これ、高かったのに~」<br />
+<b>見学者3</b>  /だがしっかり防犯カメラに撮られていたのは忘れる二人でした<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「不良品だったんじゃないですか?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ああ、まったくだな。」<br />
+<b>見学者2</b>   「愛の共同作業・・・」にやり<br />
+<b>GM </b> 星寝:「うふふ」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> あっちはあとで、録画テープをジョージが回収するので。<br />
+<b>GM </b> 暁歩:「だけどしっかり、既に移動済みだ」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ジョージに余裕がないなあ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 普段なら全然気にせず、続きをとってとか言うのに(苦笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> それこそ、マスター達に気付かれないように、防犯カメラの内部を破壊する。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> いや、データはどこかに残っているべきなので。プレイヤー的には。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ゆぜも余裕無いw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> いつもなら、マスターに対しては敬意を払ってるのですが(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 自分達が悪いのにねえ?(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> まったくです(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ちょっと今はカウンターで自分の気持ちを整理してる。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> (なんだ? なんなんだこの胸の高まりは?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> はじめて感じるぞ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 他の誰を見ても、こんな気分になんてなった覚えもないのに<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> この気分は、なんだ? わけわからん。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> あんなにゆぜを綺麗に思うなんて……ありえん。ありえんだろー)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> どんどんと、落ち着いてきた。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> (ふぅ。動揺が収まったか。こんなに動揺したのは、いつぶりだ……?)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ま、とられた分はしゃーないしな」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> いつものジョージっぽいものに戻った。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「まぁ、ともかくだ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「ん?」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ホントは、このあと、ここでパーティーとか、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font>  女将さんが予定してたんだけど、どうやら、無理っぽいなあ」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> と、洪水にやられて、復旧ままならないスメバミヤコを見る。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「あ、ああ。そ、そうだな。」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 星寝さんのこと言われて、微妙にまだ動揺する<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「この様子だと、通常営業もたいへんそうだ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  ・・・ん。よし。」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> その気になれば、誰かの力使って直せるけど(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「私も手伝おう」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ジョージががんばてもすぐ終わるけどね(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「いや、今日はゆぜの誕生日だ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> というか、譲二が構造の支配者使えば、青い成分くらい分解出来るかと(笑<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「今日はお前の誕生日なんだから、そんな事しなくていいんだぞ?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「いや。その、私が落ち着かないんだ。・・・それに」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「それに?」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「これだけで、もう十分だから」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 貰ったペンダントを、大事そうに、本当に大事そうに握りしめて微笑む。<br />
+<b>見学者2</b>   きい!このすとろべりいめ!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> あはw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ゆぜは、欲がないなあ」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 思わずため息をつく。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・そんなこと、ない。」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 譲二の方は見ない<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ジョージは、そのペンダントが、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> どれだけゆぜの中で価値を占めているか、まだわかっていないのだ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そして、その言葉が、行動が、<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> どれほどゆぜにとって救いになったかもまた、知らない。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「まぁ、いいや。じゃあ、片付け終わったら、パーティーするか」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そう、それは・・・闇夜を払う陽の光のような、言葉<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「そうだな。さっさと片づけよう」<br />
+<b>見学者1</b>   /そして、そして。<br />
+<b>見学者1</b>  /その裏返しがいつ来るのかも、まだ、知らない…<br />
+<b>見学者2</b>  /そんな二人を遠くから暖かく見つめる店の皆達・・・。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「大した事出来ないけどな」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 凍えた心を優しく溶かしていく、言葉<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「期待していない。」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……今日中に片付くのかしらねえけど」(笑)<br />
+<b>見学者3</b>  /出来得るならば、この2人が共にいる日常が続くことを…。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「私を誰だと思ってる。1時間で終わらせてやる」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ははは、それなら、十分パーティーもやる時間は確保できるな」<br />
+<b>見学者2</b>   /カタカタと回るカメラの音<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> カメラは回る。その優しい日常の光景を映すために<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「さあ、まずは机をどかしてからだな。そっちをもて」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「おっけー」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「って、いや、このくらい俺一人ではこべるわ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ただ今は、願う。この日々が続くことを<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ・・・・・それは少女の、ささやかで掛け替えのない望み<br />
+<b>見学者3</b>   /映し出すのは少し騒がしい、<br />
+<b>見学者3</b>  /けれど2人にとって変らぬ日常の一コマ。一コマ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「これくらい大きいと、1人じゃバランスが悪い。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> お前だと特に心配だからな。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「そうかー? まあ、いいや。んじゃ、たのむ」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そうして、二人は協力しながら、能力を使いながら、店を綺麗にしていく<br />
+<b>見学者2</b>  /ただカタカタと、カタカタと回り続けるカメラ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> /そして、今までどこに居たのか、ひょっこりと現れる、星寝。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> それを微笑ましげに見守るのは、カメラと、その向こうのマスター達<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> いや、ごめん、やっぱ女将さんでてこなくていいや(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> んー。ここで〆かな?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> じゃあ、最後に。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「おーいゆぜー。これ運ぶの、手伝ってくれー」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> と、呼ぶ。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> せっかくなので、そこに、このイラストを入れておこう。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> http://www.h6.dion.ne.jp/~tkg-tkg/zz-zz-mato-jyo-02.jpg<br />
 
-<b>GM </b> 麟さん、となりにいらっしゃるのですから<br>
-
-<b>GM </b> 素敵に突っ込んで差し上げなさいよ。(苦笑<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ごめん…これには無理(苦笑<br>
-<b>GM </b>  ぇぇー<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  みんな手を出せない(笑)<br>
-<b>GM </b> いや、手を出せるNPCを持っていたら突っ込んでいたのですけれど。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> こんなストロベリー入った空間に突っ込むなんてとてもとても<br>
-
-<b>見学者1</b>   目が「邪魔する奴はヤル」とw<br>
-<b><font color=
-"darkred">神楽 </font></b> さらば譲二、永遠なれ(笑<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> はっはっは。体を張って色々と世界を救ったのだ(笑?)<br>
-
-<b>見学者1</b>   救ったのか?w<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> /一方その頃バースメバミヤコでは・・・<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  救ったのです。<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  ざっしゅざっしゅ。<br>
-<b><font color="darkred">神楽 </font></b>  むしろ戦力減少?<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「うむう、中々青色がおちぬぞな」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 譲二は店内の清掃作業をしていた<br>
-
-<b>GM </b> 何の為に出てきたんだろうでしょう、ゆぜ?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> と、そのとき!突如目の前の空間に裂け目が!<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そして中から・・・<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「じょおおおおじぃぃぃぃ!!!!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 弾丸、いや!光の速度で突撃するゆぜ!!!!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そのままの勢いで、ダン!!!<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「おや、おかえり」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 立てたモップに両手とあごを乗せて軽く挨拶。<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「忘れ物届いた?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 壁へと吹き飛ばし、そのまま大鎌で首を壁に縫いつける<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「べんちゃー!」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「ふふふふふふ。貴様、巫山戯たことをしてくれるじゃないか<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b>  ・・・・覚悟はできているのだろうな?」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「わ、わけがわからない! 俺はいつも毎日誠実に生きているぞ!?」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 物騒な台詞とは似合わず、彼女の表情は、菩薩のように穏やかだった<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「一体どうしたんだ? 菩薩のような顔をして、背に般若を背負っているぞ?」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「それは、自分の胸に聞いたらどうだ?なあ譲二」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> あくまでも、微笑みは、声は優しい<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> だが、その事はより一層恐怖を高めるだけにすぎなかった・・・<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「……」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> だらだらだら。変な汗が出ている。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ちょいと、待ちなさい? わけがわからないんですけど。ホントに。マジで」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「そう、か・・・わからないか。」にっこり<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「はっ! そうか。忘れ物が届かなかったのか?<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font>  りんのヤツがあれちゃんと持ってるから!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「いや、届け物は受け取ったとも。ほうら」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「だから、な?」<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「なら、なんで!?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「このようなもの、封筒に入れずとも、直接渡せばいいだろうが!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> しかもあんな誤解させるようなマネを!」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「は? 誤解? ちゃんと中身見たのか?」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「ああ見たとも!なんだアレは!何が結婚しようだ!!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 届けて欲しいなら最初から要件は表に書いておけ!!!」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「せっかく買ったのに渡す前に勝手に居なくなったのはお前なのに!」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「……は?」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 本気でわけのわからなそうな顔。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「そもそもなぜ貴様の届け物を私が、届けねばならんのだーーー!!!!」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「い、いや、待て! なんかおかしい! おかしいから!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「人様への届け物と、お願いメモをいっしょにするんじゃない!!!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> この単細胞が!!!」<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「……あ、あー」<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  納得した。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「わ、私は!一瞬、本気で!!!~~~~~~」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> もうあとは、言葉もでない<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「うん、ごめん」<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  素直に謝る。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「う。くそ!素直に謝るな!!」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 拘束された壁から、するりと抜け出す。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「このバカ、間抜け、単細胞、へっぽこ、すっとこどっこいの疫病神!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 思わず胸ぐらを拳でぶつ<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「いやあ、ごめん。間違ってりんにわたしちゃった」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  えへっ。っと笑う。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「なんでお前がそこまで取り乱すのかわからないけど……」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  とりあえず、頭をなでる。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「頼み事があるならちゃんと口でいえ!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ただでさえ貴様の行動はわかりづらいんだ!」<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  ぽかぽかぽかぽか<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> んで、ごそごそとポケットから、同じような紙袋をもう一つ、取り出す。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「うううう~~~~」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 不満げな顔で頭をなでられる。ちょっと落ち着いた<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「お前のは、こっち。そっちは、別件だから」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「ふん。どうせまた、変な物なんだろ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ぷい!ふてくされてます<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「まぁ、たいしたものじゃぁない」<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  「・・・・・」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> うろんげな、不審げな目で見ます。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> やばい、ペースを取り戻すタイミングをちょっとミスった。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 今ゆぜに引きずられている気がする。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  あはははははw<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ちゃんとしたプレゼントを上げたくなってきた!(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 別に、チロノレチョコでも良いよ。ハロウィンの時みたいな苺味(笑<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「まぁ、開けてみろって」<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  食べ物でもいいか~。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「むぅ。こんど、また変な物だったら、ただじゃ置かないぞ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> いいながら・・・包みを開けます<br>
-
-<b>見学者1</b>   タイヤキとか(何故<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ジョージの手作り料理とかw<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> あー。ちなみに、今日がゆぜの誕生日にしようか?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 本人は忘れてるけどw<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> いいの!? 考えてたけど。<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  いいよw<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> よし、じゃあそれで。ありがとうございます。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 譲二が感謝します。すごい事態かも。<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ハッピーバースデイ!<br>
-<b>見学者1</b>   ハッピーバースの日(何故<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ……あれ? そうすると、ゆぜ16歳になる?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> とりあえず、包みを開けて、中の物を取り出します。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ち、気付いたか(笑)<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> 日本の法律では結婚可能な年齢ですねw<br>
-
-<b>見学者2</b>   来年女性も18になるみたいだがw<br>
-<b><font color="#006600">麟  </font></b>  なにぃっ!<br>
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ・・・し、知らんかった<br>
-<b><font color="navy">士朗 </font></b>  なんですって!?<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> まあ、ジョージ日本の法律に護られたませんから(笑)<br>
-
-<b>見学者4</b>   え?来年から18歳になるんですか?<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> そんな、16歳で結婚できるという日本で唯一すばらしい法律が!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 私も知らんかった(笑)<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> まあ、ここは魔都ですから、現実の法律には縛られません(笑)<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 時代はいつまでも1999年かもしれませんしね(笑)<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  ともかく、開けてみると、<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「ハッピーバースデー」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> というカードが入ってます。<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  「え・・・?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 本気でびっくりします。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 最初誕生日勘違いしてたという気でいたら、<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> どうやら本気で今日はゆぜの誕生日だったらしい(笑)<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「おめでとう。ゆぜ」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「え?あの?・・・譲二?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 惚けた様な顔で見上げます<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> そういえば、ゆぜってあんまり誕生日とかって好きそうじゃないですね。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 生まれてきたことにコンプレックスありますから。<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  そんな気がした……<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 好きという以前に・・・お母さん以外に祝って貰ったこと無いです。<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  ないんですか(笑)<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 見上げられたら、にっこりと微笑む。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 当然、誰かのお誕生会に誘われたこともない。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> しかも、お母さん忙しいから、まともな誕生会はない。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「あ、あの。これ・・・どうして?」<br>
-
-<b>見学者1</b>  やはりこれはいいところでぶち壊すのが礼儀だろうか(笑<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ほら、プレゼントも入っているから、それも見ろよ」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> なんで知ったのかとかは、はぐらかす(笑)<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  「・・・うん。」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> プレゼントも取り出す。・・・何?<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> なんだろう。ゆぜが、欲しかったもの(笑)<br>
-
-<b>見学者3</b>   ジョージからの愛。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> それはどんなものでもあふれてます。<br>
-
-<b>見学者1</b>   哀?<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> じゃあ、綺麗な十字架型のペンダント。いぜん、お店の窓越しに眺めてた<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 女の子だから、こういう物に興味あるんですよ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> でも、お母さんに負担かけれないと、思うと<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> お小遣いも、バイトとかして貯めてるけど<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ・・・学生だからなかなか貯まんなくて<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  まあ、女の子っ(笑)<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> では、それで。しっかし、十字架なんですか。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「これ・・・ずっと、欲しかったやつだ・・・」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 思わず顔がくしゃくしゃに歪む。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「まぁ、誕生パーティーとかそういう事は、期待するなよ?<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> プレゼンとしかないからな」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 俯いたままペンダントを手に握りしめ、口元までもってきて、ぽつり<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「ありがとう・・・」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「いやいや、むしろ、こっちが言わせてもらうよ。ゆぜ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「ううん。これだけで嬉しい。・・・スゴく」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> その声は、微かに震えてる。顔はまだ上げない<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そして、ペンダントをギュッと大切そうに握りしめる。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「お母さん以外に、プレゼント貰ったのなんて、はじめてなんだ・・・」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「今日は、ゆぜが、この世界に生まれてきた、とても大切な日だからね」<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  「あ・・・・」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> その言葉に、思わず顔を上げる。その瞬間。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ぽろり。その双眸から、一粒の涙がこぼれる・・・<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「あ、あれ?おかしいな。なんで?」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「生まれてきてくれて、ありがとう」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  と、微笑む。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 堰を切ったかのように、後から後から零れる・・・涙<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「え? お、おい。なんで泣くんだよ?」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ああ、これはジョージでも予想外だった。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「じょう、じ。・・・・ありがとう」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> まだ、涙はとまらない。が、その時の顔は、その笑顔は・・・・<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「なくなって。ほら、綺麗な顔が……」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  と、涙を指でぬぐう。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 今まで見た中で、最高に綺麗であった・・・<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  やべえ!<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「……」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ジョージが雰囲気に流される。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「これ、大切にする。・・・ずっと、ずっと」<br>
-
-<b>見学者1</b>  ぶち壊しモードに入ったら合図くれ(笑<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  おけ。<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「……」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 頬に手を添えたまま、突然無言になるジョージ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・・?譲二?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> いつもと違う譲二の雰囲気に戸惑う。ゆぜ<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「……ゆぜ」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ぽつりと、彼女の名前を呼び、そのまま、唇が、近づいてゆく。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・・・・じょうじ」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 誘われるように・・・動かないゆぜ。<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  どくん。どくん。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ただ、心臓の鼓動だけが、聞こえる。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そして、唇と唇が重なる・・・その瞬間!<br>
-
-<b>見学者1</b>  /「はろはろ~、今日は強羅餅だよ~!」<br>
-
-<b>見学者1</b>   /バーンと扉を開けて入ってくる<br>
-<b>見学者1</b>  /そして扉に挟まれぴらぴらになる譲二<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> そんな扉の近くにはいないよ!(笑)<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「!!!!!!!」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 急に夢から覚めたようになり、慌ててバッと離れる、ゆぜと譲二<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「!!」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> おもわず、正気に返り、キャラ一歩分とびのく二人。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> どう考えても、女将さんとマスターにも見られてるよな~(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> /「うわああああ!いや、これは、その!違うんだ!!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> /と、誰に弁解してるのか、珍しく動揺する譲二<br>
-
-<b>見学者2</b>   -<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  *<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  +<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> って、誰もジャッジは宣言してないよ!<br>
-
-<b>見学者2</b>   じゃーじゃっじw<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  でも、動揺してる。<br>
-<b>見学者3</b>   +<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  通った!?<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ち、違う! ゆぜを、ゆぜが、いや、確かに!<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font>  ええ? いや、そりゃ、他の人には結婚とか平気で言えるけど。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font>  ゆぜには、えE? どういうこと!?」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  頭を抱えて、もだえてる。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ゆぜのほうも、顔が茹でたトマトのようになり思わず胸元を押さえてます。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> まだ心臓がバクバク<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「いや、でも、ゆぜはそういう対象じゃなくて。いや、そもそも、<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font>  なにこの気持ち!? 今まで生きてきて、え? わけわからん!」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「な、なんだったんだ。今のは・・・・」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「なんなんだ、なんなんだこの、もやもやっとした気持ちは!<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>   この衝動は!」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ここまで来て、自分の気持ちがよく解らないゆぜであった。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ああ、ジョージ、あれだ。案外、初恋かも。長生きしてるけど(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#006600">麟  </font></b> ・・・人は、空間の甘さで死ねる。今私はそう思ったw<br>
-
-<b>見学者2</b>   ツンツンデレツンデレツンツン?<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 編集して読みやすくすればさらに甘くて死ねるぜ!<br>
-
-<b><font color="#006600">麟  </font></b> 甘ッ!ここ激甘ッ!<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> いつの間にか表は戦闘してるし(笑)<br>
-<b>見学者3</b>  あなた達は本来戦闘に関係ないですからw置いていかれたのでしょうw<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> むしろ、こっちが光の速さで置いてったというか(笑<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  ですねえ(笑)<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  二人して動揺してる(笑)<br>
-<b>GM </b>  星寝:「きゃー……惜しかったわねぇ」<br>
-<b>GM </b>  ビデオカメラを覗きながら<br>
-<b>GM </b>  言う星寝。<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「はっ!!」<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  ふと、場所を思い出す。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「ええ!ま、マダム!い、いつからそこに!?」<br>
-
-<b>GM </b> 暁歩:「いやいや本当、惜しかったなぁ。 はっはっは」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ちょっ! 女将さん! その手に持ってるのはなに?」<br>
-
-<b>GM </b> 二人してビデオカメラを覗きこんでます。<br>
-
-<b>GM </b> 星寝:「やーね。知らないのジョージ? これだから貧乏人は~」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> でも平気。それにテープは入ってないから。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> なぜならジョージの居る空間は無能空間だから!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「マスタぁぁ!?あああああ!?何で、どうして!!?」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「いや、それくらいは知ってるよ! 貧乏馬鹿にするな!」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 久しぶりのジョージつっこみ。<br>
-<b>GM </b>  暁歩:「DVDハンディカムだぞ。<br>
-<b>GM </b>     昨日の内に、あちらこちらに設置しておいたんだ。はっはっは」<br>
-
-<b>GM </b>  星寝:「しかも防水防圧! 完璧ね!」<br>
-<b>GM </b> 暁歩:「ああ。核爆弾でも壊れないらしいからな。<br>
-
-<b>GM </b>     犯罪撲滅に役に立ちまくりだ。はっはっはっは!」<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  核爆弾ってw<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「い、いや、まあ、待て。こ、これは、だね。えーと」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> みんな初めて見る譲二が本当に動揺しているところ。<br>
-
-<b>GM </b> 星寝:「と、言うわけで。さっきのニアミスキスシーンも、<br>
-
-<b>GM </b>      ばっちり収録済みよっ☆」<br>
-<b>GM </b>  親指を突き立てます。<br>
-<b>見学者2</b>   素敵だw<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> もう、ゆぜのほうは。陸揚げされた魚のように、口をパクパクするだけ<br>
-
-<b>GM </b> 暁歩:「おお、このシーンも中々珍しいな」ジー<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「……」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 顔を抑えて、る。実は、赤面しているジョージ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・・・・・譲二」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> となりを見ずに声をかける。狙いは・・・暁歩の手のハンディカム<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「ああ」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> マスターがよけられないように、世界を無能の力で歪ませはじめる。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ……成功したら成功したで、<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 二人の共同作業とかいわれるだろうが、気にしない。<br>
-
-<b>見学者1</b>  びおら「あら、何をなさっているのでしょうか?」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「考えることは、同じだな。」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 譲二の力に織り込むように、空間を歪めていく<br>
-
-<b>見学者2</b>  でもこれってユゼも失敗するのでは・・・。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> いや、譲二の力を空間操作して、マスターたち限定で送ってるのです<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 表はまだ最初のターンなんですな。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そして・・・ピシイ!!!と内側から弾けるように壊れるハンディカム!!<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「よし」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 譲二の疫病神の能力と合わさって、内側からショート!<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> メモリーから何から粉砕される!<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> /星寝「ああ~、これ、高かったのに~」<br>
-
-<b>見学者3</b>  /だがしっかり防犯カメラに撮られていたのは忘れる二人でした<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「不良品だったんじゃないですか?」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「ああ、まったくだな。」<br>
-<b>見学者2</b>   「愛の共同作業・・・」にやり<br>
-<b>GM </b>  星寝:「うふふ」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> あっちはあとで、録画テープをジョージが回収するので。<br>
-
-<b>GM </b> 暁歩:「だけどしっかり、既に移動済みだ」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ジョージに余裕がないなあ。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 普段なら全然気にせず、続きをとってとか言うのに(苦笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> それこそ、マスター達に気付かれないように、防犯カメラの内部を破壊する。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> いや、データはどこかに残っているべきなので。プレイヤー的には。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  ゆぜも余裕無いw<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> いつもなら、マスターに対しては敬意を払ってるのですが(笑)<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 自分達が悪いのにねえ?(笑)<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> まったくです(笑)<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ちょっと今はカウンターで自分の気持ちを整理してる。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> (なんだ? なんなんだこの胸の高まりは?<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  はじめて感じるぞ。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 他の誰を見ても、こんな気分になんてなった覚えもないのに<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> この気分は、なんだ? わけわからん。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> あんなにゆぜを綺麗に思うなんて……ありえん。ありえんだろー)<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> どんどんと、落ち着いてきた。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> (ふぅ。動揺が収まったか。こんなに動揺したのは、いつぶりだ……?)<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ま、とられた分はしゃーないしな」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> いつものジョージっぽいものに戻った。<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「まぁ、ともかくだ」<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  「ん?」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ホントは、このあと、ここでパーティーとか、<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font>  女将さんが予定してたんだけど、どうやら、無理っぽいなあ」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> と、洪水にやられて、復旧ままならないスメバミヤコを見る。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「あ、ああ。そ、そうだな。」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 星寝さんのこと言われて、微妙にまだ動揺する<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「この様子だと、通常営業もたいへんそうだ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b>  ・・・ん。よし。」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> その気になれば、誰かの力使って直せるけど(笑)<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  「私も手伝おう」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ジョージががんばてもすぐ終わるけどね(笑)<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「いや、今日はゆぜの誕生日だ」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> というか、譲二が構造の支配者使えば、青い成分くらい分解出来るかと(笑<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「今日はお前の誕生日なんだから、そんな事しなくていいんだぞ?」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「いや。その、私が落ち着かないんだ。・・・それに」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「それに?」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「これだけで、もう十分だから」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 貰ったペンダントを、大事そうに、本当に大事そうに握りしめて微笑む。<br>
-
-<b>見学者2</b>   きい!このすとろべりいめ!<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  あはw<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  「ゆぜは、欲がないなあ」<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  思わずため息をつく。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「・・・そんなこと、ない。」<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  譲二の方は見ない<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ジョージは、そのペンダントが、<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> どれだけゆぜの中で価値を占めているか、まだわかっていないのだ。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そして、その言葉が、行動が、<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> どれほどゆぜにとって救いになったかもまた、知らない。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「まぁ、いいや。じゃあ、片付け終わったら、パーティーするか」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そう、それは・・・闇夜を払う陽の光のような、言葉<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「そうだな。さっさと片づけよう」<br>
-
-<b>見学者1</b>   /そして、そして。<br>
-<b>見学者1</b>  /その裏返しがいつ来るのかも、まだ、知らない…<br>
-
-<b>見学者2</b>  /そんな二人を遠くから暖かく見つめる店の皆達・・・。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「大した事出来ないけどな」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 凍えた心を優しく溶かしていく、言葉<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「期待していない。」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「……今日中に片付くのかしらねえけど」(笑)<br>
-
-<b>見学者3</b>  /出来得るならば、この2人が共にいる日常が続くことを…。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「私を誰だと思ってる。1時間で終わらせてやる」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ははは、それなら、十分パーティーもやる時間は確保できるな」<br>
-
-<b>見学者2</b>   /カタカタと回るカメラの音<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> カメラは回る。その優しい日常の光景を映すために<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「さあ、まずは机をどかしてからだな。そっちをもて」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  「おっけー」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「って、いや、このくらい俺一人ではこべるわ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ただ今は、願う。この日々が続くことを<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ・・・・・それは少女の、ささやかで掛け替えのない望み<br>
-
-<b>見学者3</b>   /映し出すのは少し騒がしい、<br>
-<b>見学者3</b>  /けれど2人にとって変らぬ日常の一コマ。一コマ<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「これくらい大きいと、1人じゃバランスが悪い。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> お前だと特に心配だからな。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「そうかー? まあ、いいや。んじゃ、たのむ」<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そうして、二人は協力しながら、能力を使いながら、店を綺麗にしていく<br>
-
-<b>見学者2</b>  /ただカタカタと、カタカタと回り続けるカメラ。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> /そして、今までどこに居たのか、ひょっこりと現れる、星寝。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> それを微笑ましげに見守るのは、カメラと、その向こうのマスター達<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> いや、ごめん、やっぱ女将さんでてこなくていいや(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> んー。ここで〆かな?<br>
-<font color="lime">譲二 </font>  じゃあ、最後に。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「おーいゆぜー。これ運ぶの、手伝ってくれー」<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  と、呼ぶ。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> せっかくなので、そこに、このイラストを入れておこう。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> http://www.h6.dion.ne.jp/~tkg-tkg/zz-zz-mato-jyo-02.jpg<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「わかった。」とことこと、譲二の元へいくゆぜ<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そんな平和な光景をカメラが写して・・・・フェードアウト<br>
-
-<b>GM </b>  成る程です。<br>
- <br>
- <br>
- <br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「……なんか、忘れてる気がする」<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 誰かがどこかにむけて、そうつぶやいた。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「そういえば、私も何か忘れてるような?」<br>
-
-<b>見学者2</b>   カメラ回ってたし!<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ああ。じゃああの光景は、ゆぜの記憶の譲二、ということでw<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 初めてあった時、助けてくれた時の記憶。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ああ、なにかピンチになったらこの絵が出てきて、手をひてくれるのですね。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  うん。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 結局ゆぜに向けて手を伸ばしている事になってしまいましたか(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そして、いつかはゆぜが譲二に手を伸ばすのさw<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  だといいなあ。<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> そこまで成長かつ、話が続けばだけど(笑)<br>
-
-<font color="lime">譲二 </font>  ですねえ。<br>
- <br>
- <br>
- <br>
- <br>
- <br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> そうそう。ふと思いついたんですけどゆぜ。<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  はい?<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> いっぺん暴走して、ジョージが力を鎮めたんですよね?<br>
-
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  はい。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> じゃあ、子供にしては強すぎるから、<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> じょーじがそのとき、力の大半を封印してあげたってのはどうかな?<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> つまり、ユゼには力がまだまだ眠ってるの。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ああ。それは良いですね。<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> なんらかのきっかけで、本当の力が、あふれるの。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> うわーーwやりたいなあ。じゃあ、その設定もらいます。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> これで、またロールプレイの幅が広がるかと思って。<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ジョージが死ぬ前に、ゆぜの本当の力を解放するとか(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> わかりましたーーw まあ、PLが使いこなせるかどうかが問題ですね<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> まあ、使えそうな設定は作っておけば、いつかどこかで使えますから。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 空間操作とかも、時間を操ることができるので・・・今のとこ修復限定ですが・・・<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> これで一度ピンチになって覚醒という少年漫画の基本のような事が(笑)<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> あははははw 女の子ですが いいですね!<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> いやあ、これでやられる楽しみが増えました。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> って、譲二が矛先ですか!(笑)<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> ジョージもラスボスですから(笑)<br>
-<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b>  あははははははw<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 「ふはははははー。全人類よー。すべて無能になるのだー」<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> と、全人類無能化計画をたくらむ悪人ですから。実は。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 以前裏話で、譲二は体内に何か巨大な物を封印してるのでは?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> という話になりまして<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 周囲を無能化する力も、その一端では?とか、いろいろいってましたね(笑<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 譲二・・・全人類無能化しちゃったら、美味しいご飯が食べられません(笑)<br>
-
-<b>見学者2</b>   何が出るかな?<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> いや、まだ構想の段階だから。・・・ですよね?<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> そりゃもう、無能化はただの前段階で、<br>
-
-<font color=
-"lime">譲二 </font> 本命が控えているに違いありません。たぶん。<br>
-
-<b>見学者2</b>   堕落かな?<本命<br>
-<font color=
-"lime">譲二 </font> とはいえ、その時ジョージの意思は当然ないのですが。<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 譲二の意識は闇に飲まれた<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ・・・ここにあるのは、最悪の災厄と、虚ろなる器となった者だけ・・・<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 「譲二ーーーーーーー!!!」<br>
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> ゆぜの叫びはもはや届かないのか!?<br>
-
-<b><font color=
-"#CC0099">莠世 </font></b> 次回最終話!「未来への道標」<br>
- <br>
- <br>
-<b>無論、その予定はない</b><br></p>
-<center><a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/18.html">Back</a>   <a href=
-"http://www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「わかった。」とことこと、譲二の元へいくゆぜ<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そんな平和な光景をカメラが写して・・・・フェードアウト<br />
+<b>GM </b> 成る程です。<br />
+ <br />
+ <br />
+ <br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「……なんか、忘れてる気がする」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 誰かがどこかにむけて、そうつぶやいた。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「そういえば、私も何か忘れてるような?」<br />
+<b>見学者2</b>   カメラ回ってたし!<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ああ。じゃああの光景は、ゆぜの記憶の譲二、ということでw<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 初めてあった時、助けてくれた時の記憶。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ああ、なにかピンチになったらこの絵が出てきて、手をひてくれるのですね。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> うん。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 結局ゆぜに向けて手を伸ばしている事になってしまいましたか(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そして、いつかはゆぜが譲二に手を伸ばすのさw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> だといいなあ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> そこまで成長かつ、話が続けばだけど(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ですねえ。<br />
+ <br />
+ <br />
+ <br />
+ <br />
+ <br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> そうそう。ふと思いついたんですけどゆぜ。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> はい?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> いっぺん暴走して、ジョージが力を鎮めたんですよね?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> はい。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> じゃあ、子供にしては強すぎるから、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> じょーじがそのとき、力の大半を封印してあげたってのはどうかな?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> つまり、ユゼには力がまだまだ眠ってるの。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ああ。それは良いですね。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> なんらかのきっかけで、本当の力が、あふれるの。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> うわーーwやりたいなあ。じゃあ、その設定もらいます。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> これで、またロールプレイの幅が広がるかと思って。<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ジョージが死ぬ前に、ゆぜの本当の力を解放するとか(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> わかりましたーーw まあ、PLが使いこなせるかどうかが問題ですね<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> まあ、使えそうな設定は作っておけば、いつかどこかで使えますから。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 空間操作とかも、時間を操ることができるので・・・今のとこ修復限定ですが・・・<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> これで一度ピンチになって覚醒という少年漫画の基本のような事が(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> あははははw 女の子ですが いいですね!<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> いやあ、これでやられる楽しみが増えました。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> って、譲二が矛先ですか!(笑)<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> ジョージもラスボスですから(笑)<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> あははははははw<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 「ふはははははー。全人類よー。すべて無能になるのだー」<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> と、全人類無能化計画をたくらむ悪人ですから。実は。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 以前裏話で、譲二は体内に何か巨大な物を封印してるのでは?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> という話になりまして<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 周囲を無能化する力も、その一端では?とか、いろいろいってましたね(笑<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 譲二・・・全人類無能化しちゃったら、美味しいご飯が食べられません(笑)<br />
+<b>見学者2</b>   何が出るかな?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> いや、まだ構想の段階だから。・・・ですよね?<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> そりゃもう、無能化はただの前段階で、<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> 本命が控えているに違いありません。たぶん。<br />
+<b>見学者2</b>   堕落かな?<本命<br />
+<font color="#00FF00">譲二 </font> とはいえ、その時ジョージの意思は当然ないのですが。<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 譲二の意識は闇に飲まれた<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ・・・ここにあるのは、最悪の災厄と、虚ろなる器となった者だけ・・・<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 「譲二ーーーーーーー!!!」<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> ゆぜの叫びはもはや届かないのか!?<br />
+<b><font color="#CC0099">莠世 </font></b> 次回最終話!「未来への道標」<br />
+ <br />
+ <br />
+<b>無論、その予定はない</b></p>
+<center><a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/pages/18.html">Back</a>   <a href="//www20.atwiki.jp/mad-angels/">TOP</a></center>