※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Drunk's Mistake
 
ユィ    ネタがないんだよね・・・。
 
士朗    ネタあるって言ってたのに(笑)
 
ユィ    闇鍋は時期じゃないしw
 
士朗    確かに(笑)
 
ユィ    花見はあれだしなあ・・・。
 
士朗    あれ?
 
ユィ    なんかいもやったし。
 
ユィ    部屋に入られて~はもうやってるしw
 
士朗    結構、何でもやってますね(笑)
 
ユィ    褌で晒し姿見られてるのよ?
 
士朗    う、そ、そう言わないでくださいよ。罪悪感が(笑)
 
ユィ    いまさら下着姿なんて、ねえ?w
 
士朗    い、いやいや! 今でも下着姿はさすがに!
 
見学者Ma    その論理だとじゃあその次、ってなるんだがw
 
士朗    おおう!?
 
士朗    ま、まんぼうさん!?
 
ユィ    裸?w
 
見学者Ma    Exactly!
 
士朗    おうう!?
 
ユィ    まだそこまでは脱がないw
 
見学者Ma    そのうちやるのかw
 
士朗    そのうちやるんですか!?(笑)
 
ユィ    もしくはラブひなとかねぎまっ!?風に肝心なトコは見えないとかw
 
士朗    おうおう。
 
ユィ    清純派は神楽ちゃんに譲るよ・・w
 
士朗    ははは(笑)
 
士朗    中身がエロいですからね!(笑)
 
ユィ    そうねw
 
士朗    おうう、肯定されてしまいました。
 
士朗    き、傷つきました?
 
士朗    ごめんなさい。
 
ユィ    うんにゃw
 
士朗    おうう。よ、よかっ・・・・・・た?
 
ユィ    うふふふふw
 
ユィ    春先で水着選びとか・・・。
 
士朗    水着ですかー。
 
ユィ    あ・・・お酒イベント・・・、
 
士朗    おう?
 
ユィ    辛味酒w
 
士朗    からまれるー!?
 
見学者Ma    泣き上戸とか笑い上戸とかよりは&ああ、だめかw
 
士朗    どれでも、迷惑なのには変わりないような(笑)
 
ユィ    だきつく。
 
士朗    「うわおう!?」
 
士朗    と、突如始めてみた(笑)
 
ユィ    「おー?しーさんがいるー♪」部屋でいつかかって来たお酒こっそり試飲ちゅうw
 
士朗    「おうう、ゆ、ゆぃさん? と、突然何を・・・・・・」
 
ユィ    「ん~・・・飲んでたら気持ちよくなっちゃって~♪」カクテルのビンが数本転がりw
 
士朗    「の、飲みすぎですよ」と、近づいてく。
 
ユィ    「ん~・・・ジュースじゃないんだ、これ」ビン見て
 
士朗    「お酒です!」
 
士朗    「って、ゆぃさん未成年じゃなかったでしたっけ?」
 
ユィ    「・・・・・17」ふにゃ~っと寝転がり
 
士朗    「だめじゃないですか! お酒なんか飲んじゃ!」
 
士朗    と、お酒のビンを片付けようとします。
 
ユィ    「あう~ごめんなさい・・・」子供のように涙ぐみ
 
士朗    「え、あ、い、いや、そ、そんな、怒ってないですよ? ね?」と、おろおろ。
 
ユィ    「今だ♪」抱きつくw
 
士朗    「うえい?」抱きつかれた。
 
ユィ    そしてそのままコブラツイスト(笑)
 
士朗    「ぐえええいい!?」
 
ユィ    「参ったか悪とうどもー♪」
 
士朗    「具え、あ、あくとう、じゃ、ないで、す! わ、たしで、す! しろー、で、す!」
 
ユィ    「ムう・・・・ほんとだしーさんだー♪」けらけら笑って抱きしめる(笑い)
 
士朗    「おうう!?」抱きしめられた。
 
ユィ    抱いたままごろごろ♪
 
士朗    「お、おう、う?」ごろごろされる。
 
士朗    「ゆ、ゆぃさん?」
 
ユィ    「ん~・・・なに?」
 
士朗    「えーと、なんていうか、そのー・・・・・・」
 
ユィ    「ふに?」身を起こす。顔が調度胸のトコにw
 
士朗    「おぶ」
 
ユィ    「なーに?」
 
士朗    「ちょ、ちょっと、どいてほしいのですけど・・・・・・」
 
士朗    「は、恥ずかしいので・・・・・・」
 
ユィ    「はーい・・・」離して座る。
 
士朗    しろー、顔まっかっか。
 
ユィ    「あははは顔真っ赤ー♪」
 
ユィ    「あつーい!」服を符に戻そうとし
 
士朗    「おう?」
 
ユィ    「あつい!」下着姿にw
 
士朗    「お、おおう? かおあかいぃぃっ!?」
 
士朗    後ろ向く!
 
ユィ    次の瞬間半そで短パンに。
 
士朗    「も、もう大丈夫ですか?」
 
ユィ    「うん」きついので服着たまま下着はずし中
 
士朗    「ま、まだだめじゃないですかー!」後ろ向く!
 
ユィ    「もー平気~♪」だぼだぼのTシャツ姿で
 
士朗    「お、おうう」
 
士朗    ようやく振り向く。
 
ユィ    「ごめーんね?ふにゃふにゃしちゃって・・・」
 
士朗    「い、いえ。知らなかったんですよね? お酒だって」
 
士朗    「じゃあ、仕方ないですよ。うん」
 
ユィ    「なんかキッツいジュースだなあ、とは思ってたんだけどねえ」
 
士朗    「一応、ゆぃさん未成年なんですし。気をつけないと」
 
士朗    しろーは、まだ顔赤いまま。
 
ユィ    「んー・・・・きをつけるー・・・」だぼだぼなので動くと肌がちろちろ見える(笑
 
ユィ    「でもこれぐらいへーきさー♪」無駄に胸を張るw
 
士朗    小声で「わ、私が平気じゃないです・・・・・・」
 
ユィ    「なんかいったー?」さっき外した下着しまいつつ。
 
士朗    「い、いいえ。何にも言ってないです」
 
ユィ    「そーお?」水飲むため蛇口に
 
士朗    こくこくとうなずく。
 
ユィ    「ならいーや」水のみだし。ちなみに今は夜。
 
士朗    しろー、何でここにいるんだろう。夜に(笑)
 
ユィ    騒がしいお隣さん?w
 
士朗    ああ、騒がしかったから、入ってみたら、ゆぃさんが酔っ払ってた。と(笑)
 
ユィ    そうそうw
 
ユィ    「ごめんねー、うるさくてー。もう静かに寝るからー」
 
士朗    「いえいえ、私も、そろそろお暇しますね」と、立ち上がる。
 
ユィ    「さて寝る準備するかア。寝酒も飲んだしー♪」布団引っ張り出し
 
士朗    「(よってたときのこと、覚えてないみたいです。よかった・・・・・・)」
 
ユィ    「一緒に寝るー?」振り返り
 
士朗    「おううう!!???」どびっくり!
 
ユィ    まだ若干酔ってるw
 
士朗    「い、え、え、ええ!?」
 
ユィ    「いーよー?わたしはー♪」
 
ユィ    酔ってます(笑
 
士朗    「ええと、ええと、ええと」おろおろおろ。
 
ユィ    「いやかー、そーかー」
 
士朗    「え、いやじゃないって、ええと、ええ?」
 
ユィ    「どっちー?」
 
士朗    「ええと、えーとおおお」ぐるぐるぐる。
 
士朗    ばたーん。
 
士朗    しろーは倒れてしまった!
 
ユィ    「おやー・・・」抱き上げて顔叩くw
 
士朗    「どっちー、どっちにー」と、うわごと言ってます。目はぐるぐる回ってる(笑)
 
ユィ    「おきない・・・いいや。ねちゃえー♪」抱きしめて布団に潜るw
 
士朗    ねちゃったー!
 
ユィ    逃げるかい?w
 
士朗    え、ど、どうしよう!
 
士朗    い、いいや。しろーは起きなかった!
 
見学者Mr    そして朝、二人が起きる前に誰かがその現場を見た(ボソリ)
 
士朗    うええい!?
 
ユィ    幽霊?
 
ユィ    「あれ・・・なんでしーさんがわたしの布団に?」
 
士朗    「ふえ?」
 
士朗    「・・・・・・なんでゆぃさんが私の布団に?」
 
士朗    寝ぼけてる。
 
ユィ    「ここは・・・わたしの部屋・・・」自分の体確認。思い切り息を吸い込み
 
士朗    口に手を当てる!
 
見学者Mr    w
 
見学者Mr    はやいなw
 
士朗    「おうう!? ちょ、え、な、なんで!?」
 
見学者Mr    ・・・・・・まあ、この状況で想像できることは、ある程度アダルトな知識があれば一つなわけですが(笑)
 
士朗    む、ムッシュさん!?
 
ユィ    「ふぐーーーーーー!?」
 
士朗    「と、とりあえず、ごめんなさい!」
 
見学者Yo    w
 
見学者Mr    ん? いや、でもどんな風につくろっても、これ、事実でしょ?
 
士朗    え、な、なにが?
 
見学者Mr    ん? 上の台詞。
 
ユィ    「ふぅううううううう!?」訳:ごめんなさいってどういうこと!?わたし間違い起こしたー!?
 
士朗    「な、なんて言ってるか分かんないですけどって、私が手を当ててるからだ!」と、離す。
 
ユィ    酒飲んだ後に記憶がない?しーさんがいる=結果が見えて真っ白になる。
 
士朗    「な、何にもしてないですよ!?」
 
見学者Yo    w
 
ユィ    「と・・・・・・・・」
 
士朗    「と?」
 
ユィ    「とんでけーーーーー!!!」言霊全力開放w
 
士朗    「のきゃーーーーーー!!!!!」飛んでくー!
 
ユィ    「ふう・・・証拠隠滅・・・」
 
士朗    しろー は ほし に なった
 
ユィ    「戻ってきたら記憶消さないと・・・」
 
士朗    き、記憶消される!?
 
ユィ    頑張って誤解といてね?w
 
士朗    そ、そんなー!
 
ユィ    「あれ?でも・・・思いきし勘違い!?」肝心なことに気が付いて誤解と気が付きw
 
ユィ    「わー!しーさんごめーん!!」慌てて探しに行くのだった(笑
 
士朗    めでたしめでたし(笑)
 
ユィ    ちゃんちゃん♪
 
ユィ    まあユィならすぐにしてないと気が付いたはずなんだけどねえw
 
士朗    ははは(笑)
 
ユィ    相手が悪かったw
 
ユィ    では寝ます。おやすみ。
 
士朗    おやすみなさい。
 
最終更新:2020年05月11日 21:13