※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Mind
 
神楽 こっち?
 
シグ イエス。
 
GM 権限だけGM!
 
シグ いやぁ、一応権限以外もGMだろう?
 
GM うううううるさいやい!
 
見学者1
 
GM さて、どんなところでしたっけ?
 
神楽 よし! コーヒー飲んで、気分だけでもリフレッシュ!
 
GM ええと、分裂したんだ。
 
GM しぐさんのてによって。
 
シグ いや、そのままだとカミュが壊れそうであったからな。咄嗟の判断だったのだが、行幸行幸w
 
GM 殺意が基本のかみゅさんが出来たんでした。
 
神楽 殺意の波動に目覚めたカミュツーが生まれたんだね。
 
神楽 家族が増えるのはいいことだ(笑
 
シグ うむ。ラストはそんな終り方だった。
 
GM で、殺意のかみゅさんは、逃げ出したんでしたっけ?
 
神楽 や、まだそこに、ほら(笑
 
神楽 /ただ、殺意の視線をカミュに向ける。
 
神楽 いた。
 
GM いることになったー!
 
シグ 親子共同の演出だったなw
 
GM おお、そうでした。
 
神楽 連続演出だったね(笑
 
GM じゃあ、かみゅつーVSしゅてるびー親子?
 
神楽 一応、仮にも、権限だけとはいえ名前はGMなんだから、
 
神楽 お伺いを立てちゃダメでしょ(苦笑
 
シグ いや、シェリーをまず動かしたまえw
 
GM しぇりーって、だれ?
 
神楽 カミュツーの名前、予定(笑
 
GM ええと、あの演出からだと、
 
GM すぐに襲い掛かってもおかしくない。
 
神楽 「カミュが……二人?」
 
神楽 呆然と呟く神楽。
 
神楽 (どんどん増えるね
 
シグ 「ふむ…」
 
GM なので、襲い掛かるとしよう。かみゅさんに。
 
神楽 /赤い瞳のカミュは、神楽やシグムンドに視線を向けることはない。
 
神楽 /その視線の先にいるのは、まだ何も理解していない少女。
 
シグ /自らのオリジナル。
 
シグ /自分の欲しいものを全て持っている少女。
 
シグ /彼女さえ、彼女さえいなければ。
 
シグ さ、こんな感じでどーだw
 
神楽 /その平和そうな顔―――瞳が自分を写す。
 
神楽 /それだけで、それだけで!
 
神楽 こんな感じ?
 
GM そんな感じで、襲いかかろうとしちゃってよろし? よろしい!
 
シグ うむ。演出入れてみろ。
 
シグ 運切ってやるから。
 
GM 演出だって。
 
神楽 今はシェリー……カミュツーはGMの権限内にある。
 
神楽 だから、好きに動かしてみなさい(笑
 
GM せ、戦闘しないの?
 
神楽 解っていないな、士朗さん。
 
神楽 まだ、戦う理由がないぞ(笑
 
GM おおう!?
 
神楽 カミュツーがカミュを睨んでいても、仮に襲い掛かっても、ボクらは対処可能。
 
神楽 まぁ、どうしても戦闘がしたければ、戦闘するしかない理由を考えるんだ!(笑
 
GM うおーう。
 
GM かみゅつー、私に降りて来い!
 
神楽 ちなみに、父親。
 
シグ 何だね?
 
神楽 脳が眠いので、運切はまかせた(笑
 
神楽 長文を考える余裕がない(笑
 
シグ よし、任せられたw
 
シグ とりあえずこの7回運切できるDPを何とかせねばなw
 
神楽 で、降りてきた?(笑>GM
 
GM 殺そう。カミュを。何もかも持っている奴がにくい。にくいにくいにくいにくいにくい! 私には殺意しかないのに!
 
GM 降りてきた!
 
神楽 おお、その調子、その調子!
 
シグ おお、さぁ、やってみろ。
 
GM 運切!
 
GM 御世!
 
GM じゃない、見よ!
 
神楽 いきなりか!(わくわく
 
シグ 譲二君と同じことをするな君はw
 
GM 『奴』が何もかも持っているのが気に食わないんだ。
 
GM なら、『奴』が持ってるすべてを奪いつくしてやる!
 
GM そうすれば、私のほうが、持ってるものが、多くなる。『奴』より、たくさん持ってることになる。
 
GM それがたとえ、『殺意』だけだとしても!
 
GM 「奪いつくしてやる……」
 
GM 『もう一人のカミュ』の影が、大きく、大きく、大きく。
 
GM 何もかも、覆い尽くすように。
 
GM 何もかも、奪い尽くすために!
 
GM そして、影は、『全て』を覆った。
 
GM 『全て』を、奪いつくす。
 
GM いじょ、う。
 
GM (ばたり)
 
シグ いや、何をしたのかしたいのかわからんw
 
GM はい! 簡単な説明!
 
神楽 影がカミュを飲み込もうとしてる、OK?
 
GM 影によって、全てをおおって、全部飲み込もうとしてるよ!
 
GM もちろん、あなたたちもね!
 
神楽 ほほう、愚かな(笑
 
シグ ふ、その程度でどうにかできると思われているとはw
 
神楽 敵対行動されると、スイッチが入っちゃうじゃないか(笑
 
シグ さて、ジャッジ。
 
シグ +な。
 
神楽 +だね。
 
GM +!
 
シグ はい可決。
 
神楽 はい、可決。
 
シグ では。
 
神楽 影がこっちにくる!
 
神楽 その時!
 
シグ とくとごろうじろ!!
 
シグ パチン!
 
シグ 指を鳴らす音。
 
シグ その発生源は1人の男。
 
シグ 渦を巻く黒いマント。
 
シグ その中心にはまた黒いシルクハット。
 
シグ 右手には腕の長さほどのステッキを。
 
シグ 右目には金の鎖をつけたモノクルを。
 
シグ ―――そう、その男の名は
 
シグ 「ふむ、では新しい家族を迎えに行くとしよう」
 
シグ ―――怪盗シグムンド
 
シグ 彼が歩き出し、その足が影に触れた途端。
 
シグ 影は触れる先から花道へと変わっていく。
 
シグ そう、ステージに向かう奇術師を歓迎するかのように!
 
シグ 彼が目指すは、己が娘、一直線。
 
シグ そして。歩いて辿りつく。
 
シグ 影を操り、『全て』を飲み込もうとする自分の娘の許へ。
 
シグ 「さて。先程名前を考えていたのだが」
 
シグ 静かに、ゆっくりと。
 
シグ 「シェリー。それが君の名前だよ」
 
シグ 微笑みながら、シェリーの頭に手を置いて。
 
シグ 「さぁ、皆と一緒に家に帰ろうか。お茶の時間はまだ終っていないしね」
 
シグ 父親は、娘の頭を優しく撫でた。
 
シグ  
 
シグ こんなものかな。
 
シグ さて、ジャッジと行こう。
 
シグ +だ。
 
神楽 +d
 
GM うーん
 
GM うーん
 
神楽 民主主義。
 
シグ どっちにしろ多数決により可決だなw
 
神楽 数の暴力とも言う。
 
GM -に、しておきますか。最後の足掻きっぽく(笑)
 
GM じゃあ、シェリーって呼ばれちゃった。
 
GM 「あ……う……」
 
シグ 「さて、シェリー。お父さんとお姉さんとカミュと一緒に帰ろうか、家に。今日は久しぶりに早く帰れるのだからな」
 
GM 「え?」
 
シグ そういうのはもう陣・シュテルビーに戻っている父親。
 
シグ マントもシルクハットもステッキも、何時の間にやら消えている。
 
GM 「ど、どういう……?」
 
シグ そう、シェリーが広げていた影さえも。
 
神楽 「―――キミは「もう一人のカミュ」でもないし、カミュは「奴」でもないってことなんだよ?」
 
神楽 「帰ろ? シェリー」
 
GM 「……」
 
神楽 手を、差し伸べます。
 
GM なんで? 何でこんな、優しいんだ?
 
GM 私、さっきまで殺そうとしてたのに!
 
神楽 家族だから―――笑顔がそう応える。
 
GM シェリーは、カミュを見よう。今度は。
 
シグ カミュ「かぞく、ふぇるのはうれしいの」
 
神楽 /殺意のない、透き通った視線で。
 
シグ にこり、と笑う。
 
GM じゃーっじ!
 
GM -!
 
シグ
 
神楽
 
GM って、絶対負けてる!
 
神楽 数の暴力って、お素敵(笑
 
GM まあ、いいや。透き通ってても。殺意がないのは確か。
 
シグ うむ。演出的に却下もできないw
 
GM でも、でも、でもでもでも!
 
GM 「……一緒に、行けない」
 
GM 「そんなに、すぐに、私が、受け入れられない」
 
シグ 「ほう。では」
 
シグ 悪戯っ子のような笑いを浮かべ。
 
シグ 「お父さんは怪盗らしく」
 
シグ くるっとターンを決めると。
 
シグ それはもう『シグムンド』の姿。
 
シグ 「姫君を盗んでいくだけさ」


 
神楽 ああ、いかん、マブタが重力と手を結んで反乱を起こし始めた、クーデターだ。
 
GM ううーん、いっぺん切りましょうか?
 
GM 私の中で、まだ続きそうな予感。
 
シグ 明日のセッション始まる前だなw
 
神楽 後ちょっとなんだけどなぁ。
 
GM 今度は、ちゃんと時間を指定しておきますか。
 
GM 明日の、いつごろでしょう?
 
神楽 うい、何時?
 
シグ 土曜の19:00からでもやれば完全に終るであろう。
 
神楽 ガーデンは21時開始だからねぇ。
 
GM うーん、大丈夫、かなあ?
 
神楽 その時間にいなかったら絶望的(笑
 
GM うおーん。
 
GM がんばってみます。
 
シグ まぁ、19:00集合ということでw
 
神楽 というか、多分、脳さえはっきりしてればもう少し早く展開すると思うのだ。
 
GM 18時は、無理ですよねえ。
 
シグ 私は可能だが。
 
神楽 ボクが無理だ(笑
 
GM まあ、私は出来るだけ早くいます。
 
神楽 じゃあ、集まり次第ということで。
 
GM 問題は、風呂とかご飯がかぶったときだ!
 
GM いつもは、9時ごろだけど。
 
神楽 その時間だと、その危険せいはボクも孕む。
 
GM まあ、そのときはまた、続くだけでしょうし(笑)
 
シグ まぁ、取り合えず集まってみようじゃないか。
 
GM いえすいえす。
 
シグ では、お疲れ。
 
神楽 お疲れ様でした。


 
GM 表へ出ろ!
 
GM なんちゃって。
 
神楽 出た。
 
シグ 来たぞ、士朗君。
 
神楽 さぁ、覚悟はいいね?(笑
 
GM かくごかくご。
 
GM いえすいえすいえす!
 
シグ 覚悟完了。
 
GM じゃあ、始めましょうか。
 
神楽 さて、どんな状況だっけ?
 
GM 盗まれるらしい。
 
GM 盗まれる……。
 
神楽 お前の物ではあるまい、そうだな、では海賊らしくいただいていく!
 
GM 奪われる……。
 
神楽 そこ、不穏な事を言わない!>奪われる
 
GM 『奪われる』!
 
GM 「奪われてたまるか! 私は、私のものだ!」
 
シグ たしかにシェリー。君から『孤独』を奪ってやろう。
 
GM お、おおう?
 
シグ いや…『孤独』を盗んであげよう。
 
シグ 「ふふ、少し違うなシェリー」
 
GM 「なにが違う!」
 
シグ 「君は君1人だけの君ではないよ。私にとって、大切な娘のシェリーであり」神楽に目線。
 
神楽 「ボクの大事な妹、なんだよ?」
 
GM 「な、なんだって?」
 
神楽 そして、視線はカミュに移る。
 
GM 「お前のものだって言うのか? 私が?」
 
神楽 /カミュ「かぞく、だから」
 
GM 「かぞく?」
 
神楽 /カミュ「みんな、たぃせつなの」
 
シグ 「そう。『もの』ではない。私個人の『もの』でもない。君は『私達の家族』なのだよ」優しく微笑む。
 
神楽 /カミュ「ぉねぇちゃんも、ぉとぅさんも、みんなたぃせつなかぞく」
 
神楽 /カミュ「シェリーも、かぞく」
 
GM 「共有財産ってことか?」


 
GM あ、しぐむんどさん。
 
シグ む、何かね?
 
GM シェリーって、どうなってるの?
 
シグ …質問の意図がわからないのだが?
 
GM わけわけしたの、シグムンドさんなので、どんな風にわけっこしたのかききたいのです。
 
シグ ああ、そちらか。
 
シグ 記憶は『共有(まったく同じ)』、それに関する『思い』も『共有』。怪盗手品師の腕の見せ所だからなw
 
GM ふーむ。殺意とかの、悪い感情は?
 
シグ というか殺意のみだがな。カミュは一般人より多少多い。残りは全てシェリー。
 
GM OKOK! ありがとうございました!
 
神楽 元のカミュとしての「心」にもうひとつの「こころ」が反発してしまい、
 
神楽 このままでは壊れてしまうと判断した父親は、身体を二つに分ける事で反発する「こころ」を分割した。
 
神楽 結果、身体を構成する全てが同じ、記憶も同じ、ただ「こころ」だけが違う二人の出来上がり。
 
GM ほむほむ。よく分かりました。
 
シグ ただ、その分けた「こころ」に「心」の記憶と思い出、思いをそっくりそのまま写して乗せてやり、というところだ。
 
ユィ |・・)
 
シグ まだ少し待ちたまえw
 
GM ゆぃさんが、出番を待ってる(笑)
 
GM ここで出ると、いろいろぶち壊してくれそうで、いいなあ。
 
神楽 言うなれば、シェリーにしてみれば「幸せな前世の記憶」みたいなものかな?
 
シグ 似たようなものだ。
 
神楽 たしかに「感じ」「思った」しかし、それは自分であって自分ではない、みたいな。
 
神楽 そして、生まれたばかりのシェリーには「今の自分の思い」というものが、確立していない。
 
GM 『わたし』が、『私』と違うって、感じてんですかねえ。
 
シグ 「大切な人」はいる。でも、その人達が見ているのは『私』とは違う『わたし』なのだ、と思っていたのだよ。
 
神楽 だから、いらつき、カミュに殺意を抱く。
 
神楽 この「私」がいなければ、「わたし」は「私」になれる、と考える。
 
神楽 ……で、そこを父親が「わたし」は「私」ではない別の存在なのだからと説得し、「わたし」に「シェリー」という名前を送った、と。
 
GM ほへー。
 
神楽 うむ、だいぶ整理できてきたな。
 
GM おうおう、なるほどなるほど。
 
ユィ おおー。
 
見学者1 Xファイルのゲームブックをちょっと思い出した
 
GM シェリーシェリーシェリー。私はシェリー。と。なるほどなるほど。
 
シグ というかGM。魔都だからといって何故PLが発案しPLが説明しPLが…(中略)…せねばならんのだ?w
 
見学者1 (/-;
 
GM うわーん!
 
GM い、言わないで!
 
神楽 士朗さんだから(笑
 
シグ 納得さ(笑)
 
GM は、反論できない!
 
神楽 ううむ、共有財産になんて返そうか考えていただけなのに、いつの間にかシェリーの心理分析が終わったな。
 
シグ おお、そう言えば。
 
GM うん、良く分かったのです。
 
神楽 父親、いつものキャッチーなセールストークでシェリーを納得させるんだ(笑
 
見学者1 きゃっちーw
 
シグ 何故セールストークなのか後でじっくり聞かせてもらおうw


 
シグ では、笑って頭を撫でてやり。
 
シグ 「では、私もシェリーの財産だな。カミュと神楽の財産でもある。持ち主が多くて大変だ。嬉しい大変さではあるがね」
 
GM 「……」むすっとした顔で、なでられていますか。
 
GM 「……分かった」
 
神楽 お、解ってくれた。
 
GM 「……でも」
 
GM 「一緒に行きたくない」
 
シグ 「何故かね?」
 
GM 「そいつが、まだ、にくいから」と、カミュを見て。
 
GM 「そんなにすぐに、気持ちに整理なんて、付けれない」
 
GM 「一緒にいたら、殺意をおさえきれない」
 
GM 殺意の量は、多いんですよね? じゃあ、問題ない。
 
神楽 父親の説得次第では、ボクは発言しないほうが上手くいく。
 
シグ では思いっきりイタズラ閃いた子供のように笑い。
 
GM チ、しぐさんがこうどうしちゃう!
 
GM ばっちこいやー!
 
神楽 いいじゃないか、停滞するより(笑
 
シグ 「神楽。同居人が増えるようだぞ?」
 
神楽 おお、そっちから行ったか(笑
 
GM そ、そっちかー!
 
GM くそう、確かにそこへいけそうだ。
 
神楽 「ん~、もちろん、ボクは大歓迎だよ?」
 
神楽 ばっちこーい、とばかりに両手を広げます。
 
シグ 大歓迎というよりカミュも寄越せ父親、という感じな目だなあれはw
 
GM 「……」かぐらさんを見ながら。
 
GM ちょこっと、悩むそぶりを見せて。
 
GM てってってッと近づいて。
 
GM 「よろしくお願いする」礼。
 
神楽 「お願いなんていらないよ、家族だもん」
 
シグ 未来が見えるw
 
神楽 無償の愛を込めて抱きしめるよ(ぎゅうぅっ!
 
シグ やはりなw
 
GM 「わわっ!」びっくらこいた!
 
神楽 かいぐりかいぐり♪
 
GM 「や、やめろ。ちょっと!」と、ちょっと抵抗してみる。
 
シグ …過保護になるのだろうなぁw
 
GM まあ、本気じゃない気がした。
 
神楽 しかし、考えたね父親?
 
シグ ん?何処が?
 
神楽 ボクの傍にいたら、愛情以外の感情にさらされる可能性のほうが少ないよ(笑
 
シグ おいおいw
 
神楽 足りなかった感情なんて、直ぐに埋まるね(笑
 
GM そうかな?(にやり)
 
シグ いや、既に感情は芽生えているさ。
 
シグ カミュの事を『羨ましい』『嫉ましい』『邪魔』と思っただろう?負は正の裏返しだ。
 
神楽 うむ……けど感情に意識がついていってない気がするんだよ。
 
神楽 その感情を「知っている」って感じで。
 
シグ ならばそこからでも育てていけばいい。幸い時間はたっぷりとある。
 
神楽 だから、実際に「嬉しい」「楽しい」を感じさせてあげるのさ!
 
神楽 そして、そうして得た「思い出」は、シェリー自身の物だしね。
 
シグ これからシェリー自身とカミュ自身、それぞれ個別の思い出もできるさ。
 
神楽 自己の確立が済めば、カミュを「憎む」「妬む」理由がなくなる。
 
神楽 完璧だね!
 
GM あとは、殺意の制御だけですね!
 
GM まあ、その辺も、きっとかぐらさんがやってくれるでしょう!
 
シグ 今思い立ったが、良く考えれば今住んでる場所違うしなw
 
GM はっはっは(笑)
 
シグ 初日から別の思い出ができるw
 
神楽 ああ、むしろカミュが羨ましがるか?
 
GM ええと、戻しましょうか(笑)
 
神楽 うん、とりあえずGMに言える事は一つさ。
 
GM ほえ?
 
神楽 愛は世界を救う!
 
シグ はははw
 
GM ずぎゃーん!
 
シグ 「さて、一件落着、と。おや、そういえば士朗君は?」いつの間にやら消えてる士朗を探す。
 
GM しろーは、影に飲まれて別世界に行ったぜ!(笑)
 
神楽 ていうか、能力使って直ぐに帰ってこれるでしょ(笑
 
GM というか、しろー、もういなくていいじゃないですか(笑)
 
GM しばらく、影の世界でゆっくりします。
 
シグ まぁ、ぶっちゃけるとなw
 
GM お仕置きか!? もしかして!?
 
シグ 『おぉ仕置だぁべぇぇぇ』
 
GM と、ということは、お仕置きが待ってるのか!?
 
神楽 そう強調すると言う事は、お仕置きされたいんだね?(笑
 
GM い、いや! ええと、まあ、少し(笑)
 
ユィ (少し!?
 
GM いいんだ。今の私はシェリーだから。士朗がお仕置きされても、痛くないもの!
 
シェリー(GM) 変身!
 
神楽 そこまで(笑
 
シグ 「まぁ、彼ならどうとでもしているだろう…さて、では夕食はスメバミヤコで取り、それから帰ろうか」
 
神楽 「うん、じゃあ帰ろうか!」
 
シェリー(GM) 「帰る?」
 
シグ 今宵のシグムンドの大奇術。
 
シェリー(GM) 「帰る……」帰るんだなあ。帰る。帰る。
 
神楽 「ウチに帰るの。ボクとキミのコレから住む家に、ね」
 
シグ 用意しますは孤独な少女。
 
シェリー(GM) 「……うん」
 
シグ 指を鳴らせば、不思議なことに。
 
シグ 「さて、夕飯は私持ちだ、好きなものを頼みたまえ」
 
神楽 「あ、ボクは特性オムライスね~」
 
シグ 孤独な少女は、幸せな少女に早変わり。
 
シェリー(GM) 「私も一緒で」
 
神楽 「ウェイトレス……あ、ゆいちー、オーダー!」
 
ユィ 「はいよろこんでー♪」
 
シグ カミュ「うー、うー、ハンバーグかオムライスがいいの。でも二つは食べれなぃし…」
 
神楽 「カミュ、ハンバーグを頼みなよ。オムライスは、ボクの分と半分こしようね♪」
 
シグ カミュ「ぅ、ありがとぅ、おねぇちゃん」にぱっ。
 
シグ さて皆様、今宵の奇術を楽しんでもらえたでしょうか?
 
シェリー(GM) イエスイエスイエス!
 
シグ いつもの様にいつもの如く、種も仕掛けもございません。
 
シェリー(GM) Oh My God.
 
神楽 さて、タイミングが良いのか悪いのか、PLも食事の時間(笑
 
シグ はっはっはw
 
シェリー(GM) じゃあ、最後に。
 
シェリー(GM) 「(ああ、なんていうか)」
 
シェリー(GM) 「(かぞく。かぞくかぞくかぞく)」
 
シェリー(GM) 「(まだ、よくわかんないけど)」
 
シェリー(GM) 「(なんだか、あったかいな……)」
 
シェリー(GM) 終わり。
 
シグ それでは皆様、また別の舞台(ステージ)でお会いいたしましょう。(一礼、終幕のベル、幕が下りる)
 
神楽 お疲れ様でしたー!
 
シグ お疲れ様でした。
 
シェリー(GM) お疲れ様でした!
 
シェリー(GM) ありがとうございました!


 
シェリー(GM) シェリーは私のキャラっぽいかんじ?
 
シグ いや、先に神楽がやっているw
 
シグ そして私も。
 
ユィ うんうん。
 
シェリー(GM) だって、キャラ違うじゃない!(笑)
 
シグ さて、寸劇だw
 
シグ 私はキャラを変える!
 
シェリー(GM) 先に変わらせてもらった。
 
ユィ おーう。
 
シェリー(GM) 私はシェリー。シェリー・シュテルビー!
 
シェリー(GM) ほかの誰でもない! シェリーだ!
 
ユィ ユィでーす♪(笑)
 
シェリー(GM) ユィさんか。
 
シグちゃん やっとかえられたのですー。
 
シェリー(GM) シグムンドじゃないか!
 
シグちゃん ちがうのです!わたしは怪盗シグちゃんなのです!
 
シェリー(GM) なんだ、怪盗シグちゃんって(笑)
 
ユィ そっち!?
 
シグちゃん それにシェリーはSheryとかくべきなのです!
 
シェリー(GM) ほうほう。
 
見学者2 (たしかにSheryの方がシェリーっぽいな)
 
シェリー(GM) でも、そうすると。
 
シェリー(GM) 普通の人っぽい。
 
シグちゃん それもわからないひとにしぐむんどさんのむすめさんをまかせるわけにはいきません!ぷんぷん!
 
ユィ うわあ・・・。
 
シェリー(GM) じゃあ、代わってくれ。
 
シグちゃん ではおなまえかえてくださいー。
 
シェリー(GM) なににだ?
 
シグちゃん しろーさんでもだれでもいいですよー?
 
シェリー(GM) ふ、それは大却下だー!
 
シグちゃん それにシェリーさんはせりふのまえにかならず『さんてんりーだ(カンペ読み)』をふたつつけるのです!それもわからないのですかー!
 
シェリー(GM) それは、生まれる前の私だ。
 
ユィ 砕けてるなあ・・・・二人とも・・・。
 
シェリー(GM) あまりに、あいつに似すぎている。非常に腹立たしい。
 
シェリー(GM) 存在を消し去りたいくらいだ。
 
シェリー(GM) (と、行っているのはシェリーであって、私ではないので!)
 
ユィ (後ろでカツサンド作成中
 
シェリー(GM) ふむ、そろそろ鍵括弧をつけて言おう。
 
シグちゃん おや(発案者兼シグの中身兼その他シェリー誕生に関わった者)がみとめてないのです!『そっこくのとりなおし(カンペ)』をよーきゅーするのです!
 
ユィ (^^;
 
シェリー(GM) 「GM権限だ」
 
シェリー(GM) どどーん!
 
見学者2 (www)
 
見学者2 (ちょwwwメタ発言wwwww)
 
シグちゃん それにカミュちゃんは『さんてんりーだ』あまりつけないのです!それと!
 
シェリー(GM) 「それと? なんだ」
 
シグちゃん あなたはもうじーえむじゃないからその『けんげん』はみとめられないのです!
 
シェリー(GM) 「ふむ。確かにそうかもしれないな」
 
ユィ がーんw
 
シェリー(GM) 「だが」
 
シェリー(GM) 「寸劇とセッション、どちらが本当になるか、分かるだろう?」
 
シグちゃん 「ええ、すんげきです」
 
ユィ 「入り込めない・・・・」(;|
 
シグ シェリーはこう、無口系なのだよ!口調ははっきりだが!!!
 
ユィ ほほう。
 
シグちゃん きちょうなおとーさん(作った人という)のごいけんなのです。
 
ユィ ほう。



返事はない、離席中のようだ。


 
シグちゃん しかしいないのならばしょうがないのです!『しんこっちょー』をみせてあげるのです!
 
シグちゃん かえってきたあとよめるように!
 
ユィ おー。
 
シェリーⅡ ……代わった。
 
ユィ 「こんばんわー」
 
シェリーⅡ 「……今晩は」
 
ユィ 「あら、新顔さん?」
 
シェリーⅡ 「……そうなる」
 
ユィ 「お名前はー?後なんか食べる?」
 
シェリーⅡ 「……シェリー・シュテルビー」
 
シェリーⅡ 「……お姉ちゃんが戻るまで、食事はいらない」
 
ユィ 「おお・・・陣さんの娘さんか。りょうかーい」
 
ユィ (また助けてきたんだ・・・・)
 
神楽 「全速力で戻ってきたよ! さぁ、思う存分食べるんだよ!」
 
シェリーⅡ 「……お帰り」ほんの少し。ほんの少しだけ。ふやっと笑う。
 
神楽 ああ、微笑みがボクを癒す!(にへー
 
ユィ 「オかー。妹さんまた増えたみたいだあねえ」
 
神楽 「おおう、ゆいちー。この子もボクの可愛い妹だよ!」
 
ユィ 「ほい。でか盛りオムライス二人前」(やたらでかいオムライスが目の前に)(笑)
 
シェリーⅡ 「………」すちゃり。戦闘準備(スプーンと小分け皿)よし。
 
神楽 「おおー、ゆいちー中華以外も作れたんだねぇ」(ホカホカ
 
ユィ 「まあ一通りはねえ」
 
神楽 「あ、小皿は3つね~、カミュの分もとって上げるから」
 
シェリーⅡ カミュ「ありがとぉ、おねぇちゃん」
 
神楽 さかさかと小分けにし、シェリーとカミュの前に並べます。
 
シェリーⅡ 「………」カミュに構うのでご機嫌ナナメ。
 
神楽 「はい、シェリー」(とって上げる
 
シェリーⅡ 「……ありがとう」ぶすっとした雰囲気のような。
 
ユィ 「可愛いねえ、シェリーちゃん♪」
 
神楽 「ん~、ゆいちーの料理は美味しいよ?」(撫で撫で
 
シェリーⅡ 「……知らない」と言いつつしっかり食べ撫でられて嬉しい。
 
ユィ 「お客様は神様ですよ」二人見て
 
神楽 ああ、天然のカミュも可愛いけど、ツンデレのシェリーも可愛いなぁ(笑
 
シェリーⅡ うむ。そろそろルナルなのでPLに戻るが、これが苺さんにできる芸当であろうか?
 
ユィ もうやめる?
 
シェリーⅡ うむ、〆よう。
 
シェリーⅡ カミュ「こんどはおとぉさんともいっしょにたべよ?」にこにこ。
 
シェリーⅡ 「………」無言の肯定。
 
神楽 「みんなで、一緒に食べようね」
 
神楽 ……内心の想いはともかく(笑
 
シェリーⅡ カミュ「わぁ!そぉしたら、きっとたのしいの!」
 
ユィ 「今度は家族みんな出来てね?中華のオイシイの出したげる♪」
 
シェリーⅡ 「……全員は、この店に入りきらない」
 
ユィ 「ヴィーさんに頼めば!!」
 
神楽 「いやいや、出張シェフにお願いすればいいんだよ! ね、ゆいちー?」
 
シェリーⅡ 「……賛成」
 
ユィ 「いえーす♪どこでもいくよ~?」
 
シェリーⅡ カミュ「ゆぃおねぇちゃん、よろしくおねがいします!」
 
神楽 「よろしくおねがいしま~す!」
 
シェリーⅡ と、約束して続く。
 
シェリーⅡ 待て次回!
 
ユィ いえーい。
 
神楽 ……いつになる事か(笑
 
シェリーⅡ ジャッジャジャン!
最終更新:2020年05月11日 21:11