※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Kokoro
 
カミュ きたー。
 
神楽 2番~。
 
士朗 来た!
 
士朗 かみゅさんと、かぐらさんだ!
 
神楽 わー、カミュだぁっ!(抱き
 
カミュ じゃ、舞台設定ー。
 
カミュ 今日は姉妹でお買い物中ー。
 
神楽 手、握って買い物~。
 
士朗 帰り道?
 
カミュ いや、真っ最中。
 
士朗 買い物中だと、どうがんばっても、しろー、出れないのですけど(笑)
 
神楽 バイトしてるとか(笑
 
カミュ 内容何がいい?服?
 
神楽 カミュの服! 真剣に選ばねば!
 
士朗 しかも、服だなんて! 婦人服売り場にいけませんよ!
 
カミュ 「………♪」
 
神楽 「これなんかどうかな? ほら、明るい色合いがぴったり!」
 
カミュ 「?ょくわからなぃ…かわいぃ?」
 
神楽 「麦藁帽子なんか被ったらどうかな? とっても可愛いよ!」
 
神楽 ギュッと抱きしめます。
 
カミュ 「ぁぅ…♪」
 
士朗 /とても楽しそうな神楽。その神楽につられて、楽しそうにするカミュ。
 
士朗 /中のいい姉妹のように見えた。いや、実際に姉妹なのだが。
 
カミュ 溺愛してますね、神楽(笑)
 
神楽 そりゃあもう。
 
神楽 /そこへ、所在なさげな店員……の格好をした士朗が接客にやってくる。
 
士朗 「ええと、お客様。どうでしょうか?って、かぐらさん?」
 
神楽 「あ、士朗さ~ん! この服、着て帰ります~!」
 
士朗 「あ、そうなのですか。かぐらさんが?」
 
神楽 新しい服を着てるのはカミュだけだ。
 
神楽 「支払いは、いつも通り、父親のツケで頼むんだよ!」
 
カミュ 「ぅ…?はじめた、ぁう人。はじめまして、わたし、かみゅ・しゅてるび」
 
士朗 初めてじゃないですよ!
 
士朗 実は!
 
神楽 おや?
 
カミュ え?そうだっけ?
 
神楽 カミュ……カミュ?
 
士朗 一緒に、たくさんの敵と戦ったのにー!
 
士朗 正宗さんと、試合したのにー!
 
神楽 ………あ、いたや(笑
 
士朗 忘れられている!
 
カミュ でもカミュ的には初めてだが。救う時一緒にいても、士朗やたら印象薄かったし。
 
神楽 自己紹介はしてないはず!
 
カミュ あの親父のインパクトに勝ることしないと印象残らないってw
 
士朗 「はじめまして? でしたっけ? まー、いいです。私、屍士朗って言います。よろしくです。かみゅさん」
 
神楽 「違うでしょ、カミュ? あの時は、お世話になりました、って言うの」
 
神楽 は、前後した。
 
カミュ 「ぁぅ…?しつれ、しました」ぺこり
 
神楽 一緒になって、ぺこり。
 
士朗 「いえいえ、いいですよ。気にしてません」
 
神楽 まぁ、なんにせよ。
 
神楽 「士朗さん、今日はここでバイト?」
 
士朗 「ええと、まー、一応?」
 
神楽 「……友人割引とか、ない?」(こそこそ
 
神楽 父親の金とはいえ、湯水のように使うのは忍びない(笑
 
カミュ 「しろーさん、ここで、はたらぃてるの?」
 
士朗 「ええ、ここで働いてます。あなたのお父さんに紹介されまして」
 
神楽 「士朗さんは、店員さんなんだよ?」
 
士朗 /シグムンドに、しょうかいされて、しろーは働いていた。出なければ普通の職場にしろーがいられるはずがない。
 
神楽 「聞きたい事があったら、この『店員さん』に質問しようね?」
 
カミュ 「てんぃん、さん?ぉてつだぃ?」
 
士朗 「あと、友人割引とか、ないです」
 
士朗 「しぐむんどさんに、頼るのがいやなら、自分のお金で払ってくださいね」
 
カミュ 「わたし、も、ぉとぉさん、の、ぉてつだぃ、してる」えっへん。
 
神楽 /脳裏に『店員さん』→『お手伝い』→『偉い』と変換されるカミュ。
 
士朗 「おお! えらいですねー」
 
士朗 なでなでしてみる。
 
神楽 「うん、カミュはとっても偉いんだよ!」
 
神楽 一緒になでなで。
 
神楽 ああ、いかん、姉馬鹿が止まらない(笑
 
カミュ 「ぇとね、まぇ、とれーだー?で、いっぱいかせいだ」
 
士朗 「とれーだー?」
 
神楽 か、カミュがそんな高度な取引を!?
 
カミュ 「ぉとぉさんも、びっくりしてたけど、ほめてくれた」照れ照れ。
 
神楽 「凄いねぇ……おねえちゃん、多分それに失敗してるよ……」
 
士朗 「すごいですね! かみゅさん!」
 
神楽 シグムンドの手引きでやってみたものの、大損した神楽。
 
カミュ 知力高いのに何故失敗してるのか神楽w
 
士朗 社会もシグムンドさんより高いのにね!(笑)
 
神楽 そういうのは、勘もいいはずなのに(笑
 
神楽 「さすがは、お父さんの娘……否! ボクの妹だねぇ」
 
カミュ 「…うん」照れ度マックス。顔赤くなって神楽にぽふんと抱きつく。
 
神楽 ぎゅう、っと抱きしめてなでなでしよう。
 
士朗 「うんうん、仲、いいですね。かぐらさんとかみゅさん」
 
神楽 ああ、カミュが可愛くて、なにも考えられなひ(笑
 
カミュ 「ぅ~…♪」
 
カミュ ま、具体的に言うとカミュが操作で判定しただけなんだけどね。
 
士朗 操作は神域なのですか!
 
カミュ うん。
 
神楽 操作……常人よりは高いはずなのに(笑
 
カミュ カミュお給料も貰ってるから実はお金持ちですw
 
神楽 ……絡むといえば、士朗さんには目的があったの?
 
神楽 このままだと「それじゃあねぇ~♪」って去っていきそうだけど(笑
 
士朗 あったのー。
 
士朗 でも、場所が場所なので、無理くさいなー。と。
 
神楽 ザ・ブティック!(笑
 
士朗 ぶてぃっく!
 
神楽 カミュが可愛いし、買い物してたし、仕方ないじゃないか、カミュが可愛いし。
 
カミュ 可愛いを2回もw
 
士朗 まあ、そのとおりだから、そのまま続けてたのですけども(笑)
 
神楽 「じゃあ、ボク達はもう帰るよ」
 
士朗 こ、このまま帰ってしまう!
 
神楽 「ほら、カミュ? また今度ってね」
 
カミュ 「ぁりがとぉ、またね、しろぉさん」
 
士朗 「はい、また会いましょう。かみゅさん」笑顔で。
 
神楽 笑顔の影の、心で泣いていそうだ(笑
 
士朗 中の人が泣いてるよ!
 
神楽 「次はどこに行く? あ、先にソフトクリームでも食べていこうか?」
 
カミュ 「ぅ?ぅん、ぉ姉ちゃんとぃっしょに、たべたぃ」にこぉ。
 
神楽 「~♪ じゃあ、半分こ、ね?」
 
士朗 いってらっしゃーい(泣)
 
神楽 見送っちゃっていいのか(笑
 
カミュ ホント、仲のいい姉妹ですねぇ(笑)
 
神楽 じゃあ、時は流れて……買い物帰りの夕刻。
 
神楽 この時間ならどう?
 
神楽 士朗さんのバイトも終わっただろうし(笑
 
カミュ 「たのしかったね、ぉ姉ちゃん」
 
神楽 「うん! いっぱい遊んだねぇ」
 
士朗 はーい!(手を上げる)
 
士朗 今、思いましたー!
 
神楽 なにを?
 
カミュ 言ってみ?
 
士朗 カミュさんがいると、話せません!(笑)
 
神楽 呼ぶなよ、それじゃあ!(笑
 
士朗 カミュさんがかわいすぎるのです!
 
カミュ あっはっはw
 
士朗 ここまでだとは、予想もつかなかったのです!
 
神楽 いや、カミュは可愛いけど! 可愛いけど!
 
士朗 破壊力、抜群です!
 
カミュ 神楽、メロメロだからなw
 
神楽 はっ! カミュは渡さないよ!(ぎゅっ
 
士朗 私の悪力が、折れそうでした!
 
士朗 危ない危ない。
 
神楽 無い物は折れない。
 
士朗 あるからー!
 
神楽 またまた~。
 
士朗 もう、ぶっといのがあるから!
 
神楽 中は中空。
 
カミュ うん。士朗君。良く考えてみろ。
 
カミュ カミュと親父の中身は一緒だぞ?
 
士朗 ぐはっ!
 
神楽 カミュのネームでシグムンド風の喋り方をするなぁっ!(笑
 
士朗 夢を見させてー!
 
カミュ 悪力は私にこそ相応しい!
 
士朗 このやろー!
 
士朗 負けないぞー!
 
神楽 悪の固まりめぇ……カミュは可愛いけど。
 
カミュ というわけで君の悪力は頂いていく!はぁ~っはっはっは……(フェードアウト)
 
士朗 カミュさんのかわいさ。侮りすぎました……。
 
士朗 (ばたり)
 
神楽 去っていけ、ストーカー気味オヤジめ!
 
カミュ ぅ…?ぉとぉ、さん?
 
神楽 「気のせいだ! 気のせいだよ、カミュ!」
 
カミュ 「ぉ姉ちゃん、どぉした、の?」
 
神楽 「お父さんは、仕事中だから、こんなところで高笑いしてるわけないんだよ!」
 
神楽 「……わかった?」(にっこり
 
カミュ 「ぅ?わからなぃけど、わかった…?」
 
カミュ カミュは普通にお父さんが好きなのであんまり良く理解できませんw
 
神楽 カミュは……カミュだけは理解できないままで居て!(笑
 
士朗 そして、神楽さんと対談する!
 
神楽 う?
 
士朗 かぐらさんを、きっと、追い詰める!
 
士朗 ための、布石をおける!
 
士朗 と、思いたい……。
 
神楽 士朗さんの発言を要約すると、追い詰められたボクを助けるための布石を張る、と。
 
神楽 うん、いいひとだ(笑
 
士朗 違うー! 違います! 私が追い詰めるのー!
 
士朗 でも、計画立てて、そのとおりに行ったことなんて、一度もないのが、不安をあおる……。
 
神楽 それが、士朗さんクオリティ。
 
士朗 うえーん!
 
カミュ ところで、一つ思った。
 
神楽 良いことをしようとしてごらん? 計画立てなくても成功するから。
 
神楽 で、なに?
 
士朗 おう?
 
カミュ カミュに好きな人ができた時、父より姉の方が『許しませんっ!』って言いそうだw
 
士朗 確かに、いいそうです(笑)
 
神楽 ……………………ッ!!
 
カミュ 痛いところつかれたな、娘よ。
 
神楽 うっ……うっ、カミュ、カミュ……そんな男のどこがいいんだよぅ!(シクシク
 
カミュ まぁ、枕を濡らすのはやめ給え、娘よ。カミュが選んだ男だ、間違いは無いさ。
 
士朗 カミュさんって、何歳?
 
神楽 12、くらいじゃなかったっけ?
 
カミュ 推定14。生年月日不明だから。
 
士朗 おおー。
 
神楽 カミュを泣かせたら………指先といわず、全ての末端から原子単位で燃やして燃やして燃やしてぇっ!
 
神楽 ……いかん、妄想の中で相手を殺してしまった(笑
 
カミュ 嬉し泣きの場合はどうするのかね、神楽。
 
神楽 その場合は……許す!
 
カミュ シスコンだなぁ、姉w
 
神楽 うれし泣きなら、きっとすぐに可愛い笑顔を見せてくれるはずさ!
 
士朗 うれし泣きなら、そうでしょうねえ(笑)
 
士朗 「あれ? かぐらさんにかみゅさん?」
 
士朗 と、唐突に開始!(笑)
 
カミュ 「あ、しろぉ、さん」
 
神楽 「あれぇ、士朗さん? バイトはもう終わり?」
 
士朗 「……お、終わりました」
 
士朗 /いろんな意味で。
 
神楽 「………で、今日は何を失敗したの?」
 
士朗 「お、思い出したくないです……」
 
カミュ 「しろぉさん、がんばったの。ぇらい、の」励ます。
 
神楽 「………」(ポンポン
 
神楽 無言で肩を叩いてあげよう。
 
士朗 「ありがとうございます。いい人です。お二人とも」
 
カミュ 頭を撫でて上げよう。背伸びして。
 
神楽 ああ、カミュが可愛い(笑
 
士朗 じゃあ、私のほうがしゃがんで、手が届くようにしましょうか。
 
カミュ 士朗君、何センチ?
 
士朗 169cm、だったっけ?
 
士朗 ああ、うん。そうです。
 
士朗 平均身長より、ちょっと低め。
 
カミュ あ、じゃあ背伸びしないでも手が届くわ。カミュ152だからw
 
士朗 おーのー。
 
士朗 しろーは実は、背は低めなのですよ。
 
神楽 あ、さりげなく神楽、163cmだ(笑
 
カミュ シグが一番高いのか?PCじゃあw
 
士朗 よかった。まだ負けてない……。
 
神楽 高すぎ、父親。
 
カミュ 187だからな、シグは。
 
神楽 「それで? 士朗さんはもう家に帰るの?」
 
神楽 「ボクは……えっと、いったん家の方に帰って、それから家に帰るんだよ」
 
神楽 ちょっと、複雑そうに説明します。
 
士朗 「? 良くわからないんですけど?」
 
神楽 カミュをシグムンド邸に送って、一緒に食事を取ってから、改めてアパートに帰る。
 
神楽 一緒の時は、できるだけ一緒にいたいから。
 
神楽 浚われたし! 浚われたし!
 
カミュ はっはっは!護衛体制は万全だ!
 
カミュ 「ぅ?ぁ、ごめ、なさぃ、わたし、わすれてた」
 
士朗 「?」
 
カミュ 「ぇと、きょう、ぉ姉ちゃんのうちに、ぉとまりしてぃいよって、おとぉさんが」
 
神楽 「えええええええええっ!!!!!」
 
士朗 /ずどばーんっっ!! かぐらの心に衝撃が!
 
神楽 父親!
 
神楽 グッジョブ!(びっ
 
士朗 /ぐっじょぶ!
 
士朗 「おおー、そうなんですか。かぐらさんのおうちに」
 
神楽 「そういうことは、早く言わなきゃ~! もう、美味しいご飯も作ってあげたのに~!」
 
士朗 でも、あの幽霊アパートで?
 
神楽 大丈夫、ボクの部屋に来る幽霊は、全部士朗さんの部屋に行くように霊道を整備したから。
 
士朗 ええー!!
 
カミュ 「ごめ、なさい。でも、ぉとまりも、たのしみだったけど、ぉかいもの、たのしかったから…」
 
神楽 「っ! ボクも楽しかったよ、また買い物に行こうね?」
 
カミュ 「ぅん!」ぱぁっ。
 
神楽 脳裏で……冷蔵庫の中身を高速検索。
 
士朗 「本当に、仲がいいのですね」
 
神楽 ………チーン、鍋しか出来そうもなし!
 
神楽 「……士朗さん? ちょっと、お話が」
 
士朗 「はい?」
 
カミュ その時、神楽の携帯が鳴る。
 
士朗 じゃーじ!
 
神楽 演出じゃないけど、いいのだろうか(笑
 
士朗 せっかくだから、かぐらさんのお話を聞いてからがいいのです!
 
神楽 まぁ、実質演出だけど。
 
カミュ 他人の演出だからジャッジ可能w
 
士朗 -。
 
カミュ
 
神楽
 
神楽 よって、否決。
 
カミュ というわけで否決じゃのw
 
士朗 かぐらさんのおはなし、どうぞ!
 
神楽 「急な事だったんで、冷蔵庫に余り物しかないんだよ。もう遅いから、買い物に行くのもなんだし」
 
神楽 「いっそ、今夜は鍋にしようかな、とか思ってるんだ」
 
神楽 物のついでに、ギュッとカミュを抱きしめます。
 
カミュ 「ぁぅ…♪」照れ照れ。
 
士朗 「おおー。なべですか。おいしそうですねー、いいですねー」
 
神楽 「んで、二人で鍋をつついてもなんだし。ココであったのも何かの縁ってことで、一緒に食べない?」
 
神楽 「……食費、浮くよ?」
 
士朗 「ほ、ほんとうですか!?」
 
神楽 本音としては、ティアくんを誘いたいところだが。
 
カミュ Lさんいないからのぅ。
 
神楽 どうせ……深夜バイトで居ないんだ、ちぇっ!
 
士朗 /今日は、夜勤のバイトで、留守である。
 
神楽 というわけで、有り合わせで士朗さんに白羽の矢が立った!
 
カミュ じゃ、いいかな?携帯。
 
神楽 どぞ!
 
カミュ では。鳴ります。神楽の携帯が。
 
神楽 ちゃっちゃらっちゃ~、ちゃらら~♪
 
神楽 「おっと! 誰だろ?」(ピッ
 
カミュ ウィスク老「こんばんは、神楽お嬢様。お部屋内及び周囲の幽霊との交渉が終りました。今日は安心してお眠りいただけます」
 
士朗 なんてすごいんだ!
 
カミュ ウィスク老とは執事さんのことねw
 
神楽 「うわぁ、爺やさん、そこまでしてくれなくてもよかったのに」
 
神楽 ちなみに、着メロはル○ンⅢ世のテーマ。
 
カミュ シグのモデルは初代ルパンだから、1世なんだがw
 
士朗 初代なんだ。
 
神楽 アルセーヌのアンパン。
 
士朗 アンパン!? おいしそうです(笑)
 
カミュ ウィスク老「いえいえ。旦那様のご配慮でもありますし、是非今日はごゆるりと姉妹で歓談なさってください。あぁ、それと」
 
神楽 /ウィスク老「御用の際は、いつでもお申し付けください」
 
カミュ あ、その前にまだ台詞ある。
 
神楽 にょ?
 
カミュ ウィスク老「真に勝手ながら、旦那様よりお貸しいただいた合鍵で室内に入り、お部屋の掃除と冷蔵庫の補充をしました。ご安心してお帰りください。では」
 
カミュ で、さっきの台詞。
 
カミュ ぴっ。
 
神楽 「いつの間に合鍵を……」(ミシッ
 
士朗 /携帯が、悲鳴を上げる。
 
カミュ はっはっは。パパに取ったら造作も無いことさ。
 
カミュ という声が聞こえた気がした。
 
神楽 っと、いかん、また壊すところだった。
 
士朗 /代えたばかりの携帯なのに。
 
神楽 合鍵なんて必要ないくせに(笑
 
神楽 「え~……まぁ、やることに大差はないし」
 
神楽 くるっ、とカミュ……と士朗さんに振り返り、
 
神楽 「今夜は、鍋パーティにしよう!」
 
カミュ 士朗さんついで扱いw
 
神楽 ちっちっち、カミュがメインなだけ(笑
 
士朗 「はい! ありがとうございます!」
 
カミュ 「たのしみ…♪」
 
神楽 ところで、このままだと、やっぱり何もせずに帰ることになるけど。
 
神楽 ……布石は?(笑
 
士朗 はっ!
 
士朗 じ、時間的にも無理!
 
士朗 いえ、私は大丈夫ですけど。
 
カミュ やはり士朗君は甘いな。問答無用で割り込めない所がw
 
士朗 おーのー。
 
士朗 い、いいさー。いつでもやれるさー。
 
神楽 ピピッ、士朗さんに『善人判定1級』の賞状を授けます。
 
士朗 善人!?
 
神楽 そう言っていたのは、もう何百年も前の事じゃった…・・・。
 
士朗 悪人だよー! 私はー!
 
神楽 そう言っておった、悪人じゃと、無邪気な瞳で(笑
 
カミュ いやいや。私なら自分を『悪人』と言っても違和感無いが、士朗君は、な?
 
士朗 こんちくしょー!
 
神楽 諦めなよ、キャラクター性の問題だから(笑
 
士朗 い、いいです。今は言っているがいい! この計画が発動されれば、きっと、私を大罪人とののしることになるさ!
 
カミュ ふふふ、だって私はカミュの名前でシグムンド口調という悪いことをやっているのだ。
 
カミュ これに勝てるかな?士朗君。
 
士朗 か、勝てない……。
 
神楽 ……いいんだ、いいんだ。
 
士朗 なんて悪なんだ……。
 
神楽 たとえば、カミュが可愛いとか、カミュがラブリーとか、カミュがぷりてぃーとか。
 
神楽 全部事実だから、覆しようも無い。
 
カミュ はっはっは!現実を見たまえ、我が娘神楽よ!中身は一緒だ!
 
神楽 シグムンド口調がなにさ! カミュだったらそれでも可愛いんだ!
 
カミュ ふむ。ではカミュがその内父の口調の真似をするとしよう。成長したら。
 
神楽 ふん! そんなの、パイと三只眼みたいなものさ!
 
カミュ はっはっはっはっはっ!朱に交われば赤くなるのだよ、神楽!
 
神楽 それならきっと、カミュはいつか一人称が「ボク」になるんだぁっ!
 
カミュ ほほぅ?ではいつかカミュに恋人ができても神楽は許せるかね?父は大いに許せる!
 
神楽 ゆ! ゆゆゆゆゆゆゆ、ゆる、ゆるすさ! カミュがえ、選んだ相手、だもの!
 
士朗 ……無理っぽいですね。
 
カミュ ふっふっふ、そのどもりは何かな?パパに教えてごらん?
 
神楽 ううううう、うるさぁい! カミュは、まだ子供だから、そんなこと考えなくてイイの!
 
カミュ いやいや、カミュもまだ感情が幼いとは言え14歳!恋の一つしたところでおかしくはないだろう?
 
士朗 ああ、確かにそうですねー。
 
神楽 相手が居ない! ……そうだよ?
 
神楽 相手が居ないじゃない?
 
カミュ はっはっは!私の事を忘れているな?相手がいなければNPCを作ればいい!
 
士朗 シグムンドさんって、孤児院経営してましたっけ。
 
士朗 孤児院には、同年代の子が、たくさんいそうですよね。
 
神楽 父親……非常にむかつくけど、娘の理想像は父親らしいよ?
 
神楽 自分に勝てるNPCがだせるかな!
 
カミュ ん?その設定は脳内に無いが…>理想像父親
 
神楽 一般論だ。
 
神楽 最初に意識する異性 = 父or兄。
 
士朗 あー、確かに、だいたいはそうですねえ。
 
神楽 無駄に完璧超人なのが裏目にでたな!
 
カミュ ふむ、つまり娘には付物の『わたし、おおきくなったらパパのおよめさんになる!』かね?はっはっは!それでも大丈夫!父には心に決めた人がいる!
 
士朗 いたのですか!?
 
カミュ まぁ、これはPL発言だが。
 
神楽 だ・れ・が! キサマに娶れと申し付けたかぁっ!!!!!
 
士朗 それじゃあ、ロリコンですしね(笑)
 
神楽 つまり、カミュはファザコンだと言いたかったの!
 
カミュ ふむ、まぁ、たしかにそうではあるなぁ。>ファザコン
 
神楽 って、嫌だぁっ!!!!!!
 
士朗 自分でいって置いて(笑)
 
神楽 カミュ! カミュ! 正気に返って! あれは娘の日記を覗き読む変態なんだよぉ!
 
神楽 ……しかし、将来のカミュは「ボク」の一人称で「シグムンド口調」で喋る「美少女」か……や、可愛いかも(笑
 
士朗 べたぼれですねえ(笑)
 
神楽 おうさ!
 
カミュ いや、まだ決まっているわけではないが(苦笑)>カミュの話し方

カミュ → 亮輔
 
士朗 りょうすけ?
 
神楽 カミュが変形した?
 
亮輔 よぉ。今はまだ出番の欠片もねぇが、お前の親父の相棒、秋野亮輔だ。
 
神楽 出番が無いなら帰れ!
 
士朗 ははは(笑)
 
神楽 ってか、軽そうな口調で誤魔化されないぞ!
 
亮輔 いや、今回は特別出演らしい。さ、アイツのことで質問あったら言ってみな。
 
神楽 「はい!」
 
亮輔 「おう。言ってみろ陣の娘」
 
神楽 「弱点」
 
神楽 「弱味」
 
亮輔 「爬虫類だ」
 
神楽 「…………素晴らしい情報をありがとう」
 
神楽 メモメモ。
 
士朗 「意外ですね。爬虫類が嫌いだなって」
 
神楽 「まぁ、インディ・ジョーンズも蛇が苦手らしいし」
 
亮輔 「いや、子供の頃、俺が悪戯で蛇けしかけたら毒蛇で、三日寝込んでな…それからダメらしい」
 
士朗 「ほあー、なるほど」
 
亮輔 「他には?」
 
士朗 「はい!」
 
神楽 「はい、士朗さん、質問どうぞ」
 
士朗 「『盗』んだものは、どうしてるんですか?」
 
亮輔 「捨てるかやるか取っとくかしてるが?」
 
士朗 「捨ててるのですか。もったいないですね」
 
亮輔 「ま、捨ててもその捨てた先が異次元だったりするがな。それと、アイツは捨てることはほとんどしねぇ」
 
亮輔 「何か『もの』に変えて取っとくのが大半だ」
 
士朗 「なるほどー。例えば?」
 
亮輔 「例えば、この宝石。これは人の『悪事をしようとする心』をアイツが手品で変えたもんだ。見事なブラックオニキスだろ?」
 
士朗 「『心』……」
 
亮輔 「ま、この形状になったら誰にも影響おとぼさねぇけどな」
 
亮輔 およぼさねぇけどな、で。
 
亮輔 「で、他には?」
 
神楽 「ん、もう無いから帰っていいよ?」(ひらひら
 
士朗 「……」
 
亮輔 「もっと年長者は大事に扱え、陣の娘」
 
神楽 「……聞きたい事は、他人づてじゃなくて、本人に直接聞くから」
 
神楽 「だから、もういいよ」
 
亮輔 「そうか、じゃ、変わるぜ」

亮輔 → シグムンド
 
シグ 「はっはっは、さて、私に何の用かな?親愛なる我が娘よ」
 
神楽 「そういう意味じゃないわぁっ! このアホがぁあああああっ!」
 
士朗 「あれ? しぐむんどさん?」
 
神楽 /奔る火線。
 
士朗 /しかし、それもシグムンドの前で消える。
 
シグ 「父に向かって阿呆とは酷いな。それに亮輔はもう帰ったぞ?私が手品で送って」
 
士朗 /いや、『盗まれる』といったほうが正しいのか。
 
神楽 「くぅ、相変わらず便利に使って……」
 
シグ 「ふむ。見事なルビーに変わったものだ。神楽、進呈しよう」と、ブローチを。
 
神楽 「い、いらないよ!」
 
シグ 「そうかね?ではカミュに渡すとしよう。お守り代わりになるしな」とポケットに。
 
神楽 「まったまったまった! それなら、ボクから渡す!」
 
シグ 「では神楽、受け取りたまえ」と渡し。
 
神楽 「………へへ」(ちょっとは嬉しい
 
シグ ちなみにこのブローチにも『姉(の炎)といつも一緒』とかいろいろ意味がw
 
神楽 ああ、素晴らしいね!
 
神楽 父親! グッジョブ!
 
シグ はっはっはw
 
士朗 「そういえば、質問が」
 
シグ 「で、士朗君。質問とは何かな?」
 
士朗 「ええと、カミュさんについてなんですけど」
 
神楽 そろそろ時間的に厳しくなってきた。
 
士朗 あう、そうなのですか。
 
神楽 ああ、でもカミュの話題である限り帰れない!(笑
 
シグ 見事なシスコンぶりだ、我が娘よw
 
シグ 「うむ。我がもう1人の愛娘、カミュがどうしたのかね?」
 
士朗 いま、カミュさんいないですよね?
 
シグ いないよ。
 
士朗 「なんか、『足りない』感じがするんです」
 
シグ 「ふむ。足りないとは?」
 
シグ 母親が、というオチか?w
 
神楽 布石とやらがどう出てくるか。
 
士朗 「えーと、なんていたらいいんだろう?」
 
士朗 「穴が開いてる感じ?」
 
シグ 「穴、ね…」脳内設定盗み見してるの苺さん?w
 
士朗 盗み見なんて、してないですけど。
 
士朗 ていうか、そんな所、突っついた?
 
シグ うん。いつかシナリオネタにしようとしてた所が直撃>穴
 
士朗 普通に、ログ読んでて思ったところを、「あ、これ、しろーはやるかも」とか思ってたので。
 
士朗 どこなんだろう、穴。
 
シグ いや、ログとかに載ってないから脳内設定なんだってばw
 
士朗 じゃー、大丈夫!
 
士朗 「かみゅさんって、何か、あったんですか?」
 
シグ ま、聡い人は少しわかるだろうかなぁ?
 
士朗 するどくなーい。
 
神楽 鋭くは無いが、
 
士朗 聡くもなーい。
 
シグ というか、さっきの亮輔との会話で気付いたのかと思ったが。
 
神楽 とにかく、カミュがとても大事!
 
士朗 おう。もしかしたら、ジンさんと私、やろうとしてるテーマが同じかも。
 
シグ うむ。関連は『心』。
 
士朗 私も『心』。
 
神楽 心のスキマお埋めします。
 
シグ シグ、最初にカミュの心を盗んだわけなんだが。
 
士朗 く、やっぱり同じでしたか。
 
士朗 もうできなーい。
 
シグ その種別は『悪いことをしようとした心』。カミュは元々キリングマシーン。その容量が大きすぎ、心の容量は小さすぎた。
 
シグ つまり、心の大部分にぽっかり穴が空いちまったわけ。
 
シグ それが脳内設定だったんだけど、まさか士朗君がそれを見抜くとはw
 
士朗 うわーん、同じ事を考えてただなんてー!
 
シグ いやー、驚いた驚いた。
 
士朗 計画がつぶれたー!
 
神楽 そんな穴は、ボクの愛で埋めてやるー!
 
士朗 い、いや。まだ大丈夫! いまからでも、やれば遅くない!
 
士朗 さあ、しろーの質問に答えるのです!
 
シグ じゃあ、今回は苺さんがGMだね。
 
士朗 おーのー。
 
士朗 が、がんばりゅ。
 
シグ ネタ渡したから。後はガンバ!
 
シグ じゃ、言っておこう。
 
シグ 「…聡いな、士朗君」
 
士朗 とりあえず、これはプロローグ! しろーはだい暴走だ!
 
士朗 「へ?」
 
シグ 「たしかに、カミュには『穴』がある。大きな心の『穴』がな」
 
士朗 「ほあー、そうなのですか」
 
士朗 神楽さん、ごめんなさい。長引かせちゃって。
 
神楽 いやいや。
 
シグ ごめんねー。
 
士朗 明日にしとけばよかったかも。
 
神楽 全ては、カミュのため!
 
見学者1 だははw
 
シグ 気合入ってるなぁw
 
士朗 すごい。かみゅさん。もうかぐらさんをとりこに(笑)
 
神楽 おねえちゃんは、頑張るんだよ!
 
神楽 あ、今更だけど、ボクはこの場には居なかった!
 
神楽 具体的には、宝石もらった辺りから!
 
シグ 「私は彼女の『悪事をしようとする心』、すなわち殺人しようとする心を盗んだ…だが」
 
士朗 「……」
 
シグ 「彼女にとって。元々キリングマシーンとして育てられたその心にとって、それは余りにも大きく…」
 
シグ 「そして、他に何も学ばせてもらえなかった彼女の心は、余りにも小さすぎた…」
 
士朗 「……」
 
シグ 「……今、カミュはその心を少しずつ育て、大きくしている…だが」
 
士朗 「……だが?」
 
シグ 「…今の歩みでは、遅すぎる」
 
シグ 「…遠からず、このバランスが崩れる時がやってくる」
 
士朗 「ばらんすがくずれる……」
 
シグ ちぇー。このバランス崩れる契機が『好きな人ができました』だったんだよ、シナリオ設定では(笑)
 
神楽 さあせるかぁっ!(笑
 
シグ でも士朗さんに任せたのでw
 
士朗 じゃーねー。
 
士朗 もっとひどいことで、ばらんすくずすよー。
 
神楽 そっちに崩すか!
 
神楽 士朗さんが死亡フラグを立てようとしている。
 
神楽 ちなみに、死因は焼死。
 
シグ まぁ、頑張りたまえ、士朗君。
 
士朗 ウン、がんばる。
 
士朗 がんばるよ!
 
士朗 ひどいことになるよう、がんばるよ!
 
士朗 いや、なるかどうかは、皆さんしだいなのですけど。
 
神楽 くくく……再生する先から灰にしてくれる(笑
 
見学者2 いきなり灰?w
 
神楽 士朗がひどい事になろうとしている(笑
 
士朗 たのしみにしててー。
 
シグ おう。楽しみにしてる。
 
神楽 負けない! カミュはボクが守る!
 
神楽 といったところで、堕ちていい?
 
シグ うん。ちょうどいい切れ方だしな。
 
士朗 お疲れ様でした。
 
シグ お疲れー。
 
神楽 お疲れ様でした。
TOP   Next
最終更新:2020年05月11日 21:10