※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Step 1: A writer at Jitsuwa Knuckles satires the ennui-driven sexual indulgence of the Japanese wealthy class by writing up an imaginary story about a special restaurant deep within the bowels of Roppongi where patrons have sex with animals before eating them. (You know a magazine is always telling you the truth when they put the word “true story” [実話] into the title.)

ステップ1: 実話ナックルの書き手が、六本木の特別なレストランについて想像的なストーリーを書いて日本人の富裕層の倦怠にまみれた性的放蕩を風刺する。このレストランではパトロンは食べる前にその材料となる動物と獣姦をするのだと言う。(ご承知のようにこの雑誌はいつも「実話」という語をタイトルに入れて真実を語るのだ)

Step 2: Ryann Connell at Mainichi Daily News selects this sensational story out of dozens and translates it into English sprinkled with Irish-colloquialisms. Connell takes a neutral stance towards its trustworthiness, not questioning why the article never gives any names nor corroborating evidence for this fantastical restaurant’s existence.

ステップ2: 毎日新聞のRyann Connellが何十とあるうちからこのセンセーショナルなストーリーを採り上げ、アイルランドの俗語調で英語に翻訳する。Connellはその信憑性について中立的なスタンスをとるが、なぜこの記事が個人名を挙げないのか疑問視しないし、この幻想的なレストランの存在を確認もしない。

Step 3: Lots of guys with computers and keyboards offer links to the Mainichi article, adding commentary that questions the sanity of the Japanese people.

ステップ3: 多くのコンピューターとキーボードをもつ連中がこの毎日の記事にリンクして、日本人の正気性について疑問視するコメントをつける。

Step 4: The chatter around Connell’s WaiWai piece leads to an entry on BuzzFeed entitled “Bestiality Restaurants,” as if there were more than one and it was a new trend in Japan.

ステップ4: ConnellのWaiWaiの記事をめぐっておしゃべりしているうちにBuzzFeedで「獣姦レストラン」というタイトルのエントリが立つ。あたかも一件だけでなくそれが日本の新しいトレンドであるかのように。

Step 5: Perhaps there will be debunking in the near future, but we can sleep safe in the comfort that Japan is the craziest country in the entire world, where rich people pay top yen to eat and ravish the same animal.

ステップ5: おそらく近い将来には衰退するのだろうが、金持ちが食べる動物とセックスするのに金を費やす日本は全世界で最も狂った国であると思って我々は安心して眠ることができる。

UPDATE:

Step 6: Meta-explosion as this article makes it onto BuzzFeed.

ステップ6: この記事がBuzzFeedにエントリされるとメタ的に情報が爆発する。

W. David MARX
September 20, 2007

翻訳は、Mozuの囀さんのブログから引用しました。
http://rockhand.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_6f5f.html