※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

JBoss Developer Studio 1.1.0GA


※環境によっては cmpat-libstdc++が入ってない場合がある。入ってないとJSPを編集すると
 アラートが出る。 yum install cmpat-libstdc++-33 でインストールする。

1.jbdevstudio-linux-gtk-1.1.0.GA.jar をRed Hat Networkからダウンロードする。


 ※これはRed Hat Developer Toolsというサブスクリプションを購入すると
  ログインアカウントを登録してログイン可能になる。
  購入はこちらから可能です。

2.java -jar ./jbdevstudio-linux-gtk-1.1.0.GA.jar としてセットアップを開始する。

3.「Next」を押す。


4.使用許諾を確認して「I accept the ・・・」を選択して「Next」を押す


5.インストールしたいフォルダを指定して「Next」を押す。


6.フォルダが無いからつくりますというようなメッセージが表示されるので「了解」を押す。


7.Java5の位置を聞かれるので指定して「Next」を押す。


8.インストールを開始して良いか聞かれるので「Yes,・・・」を選択して、「Next」を押す。


9.インストールするものの確認が出るので「Next」を押す。
 ※JBoss Developer Stadio 1.1.0 GA、Eclipse、JBoss EAPがインストールされる。


10.インストールが終了したら「Next」を押す。


11.ショートカットの設定を行って「Next」を押す。


12.「Quit」を押してインストーラーを終了する。


13.インストーラー終了後に下記を実行する。 

 cp -R /xxx/studio/eclipse/plugins/* /xxx/eclipse/plugins
 cp -R /xxx/studio/eclipse/features/* /xxx/eclipse/features

 ※インストールされたeclipseにJBoss Developer Stadio 1.1.0 GAを導入する作業を行う。
  /xxxにはインストール時に指定したフォルダを指定する事。

14./インストール時に指定したフォルダ/eclipse/eclipse を実行する。


15.ワークスペースを指定する。


16.JBoss Developer Stadio 1.1.0 GAが立ち上がる。



Red Hat Developer Toolsの価格はこちら:
http://www.sios.com/product/jboss/price.html
2008/08/10現在13,000円でApplication Platform Developer Toolsという製品名で
1年間のサブスクリプション契約になってます。使用許諾は開発用途限定です。



閲覧数: -
更新日:2008-10-03 16:46:01 (Fri)



&bookmark_hatena
&bookmark_delicious
&bookmark_livedoor
&bookmark_yahoo
&bookmark_nifty
technoratiに登録technoratiに登録
Buzzurlに登録Buzzurlに登録
POOKMARK Airlinesに登録POOKMARK Airlinesに登録
&bookmark_live


&link_trackback
リンク元一覧:
#ref_list
@めもてっく is licensed under a Creative Commons 表示 2.1 日本 License.
最終更新:2008年10月03日 16:46