金鵄

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金鵄(きんし)は、『日本書紀』に登場する金色の鵄。

『日本書紀』の記述では、初代天皇となる神武天皇が長髄彦と戦っている際に、金色の霊鵄が天皇の弓に止まると、その体から発する光で長髄彦の軍兵たちの目がくらみ、天皇軍が勝利することができたとされる。この霊鵄を指して「金鵄」と呼ぶ。神武東征の際、熊野から大和へ天皇の軍を道案内した八咫烏と混同、あるいは同視されることが多い。

なお、大錦旛のうち霊鵄形大錦旛には金鵄が刺繍されている。
最終更新:2013年05月21日 18:06