スターム・ルガー・ブラックホーク

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スターム・ルガー・ブラックホーク(英: Sturm Ruger Blackhawk)は、アメリカのスターム・ルガー社が開発した回転式拳銃。

特徴


基本的にはコルトSAAを原型としたシングルアクションリボルバーであるため外観はSAAによく似ているが、強力なマグナム弾(.41マグナムなど)を装填・発射するために、各部の耐久力を向上させた設計がなされている。加えて、精密な照準器を採用し、シングルアクションリボルバーとしては珍しい安全機構を取り入れるなど、実践射撃に適するようにするための配慮が随所に見られる。アメリカにおいては、鑑賞用としても人気の高く高価なコルトSAAと比べ、このブラックホークは価格の安さとともに使いやすさや耐久力の高さから、クイックドロウ(早撃ち)などの速射競技用として人気が高く、現在でも生産が継続されている。

バリエーションとしては、さらに強力な弾薬(.44マグナム)を使用できるように設計された「スーパーブラックホーク」が存在する。 また、ブラックホークシリーズ以外のシングルアクションリボルバーとして「シングルシックス」や「バケーロ」、現代としては珍しい黒色火薬使用の「オールドアーミー」がある。

同社が発売するダブルアクションモデル「レッドホーク」と、ブラックホーク同様に弾薬増加に対応した「スーパーレッドホーク」は、名称に共通性はあるものの、より近代的な設計がなされたモデルであり、まったく別系統の銃である。
最終更新:2013年05月23日 21:41