Burn My Dread

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dreamless dorm ticking clock
安らかな寮 時計がチクタク
I walk away from the soundless room
僕は無音の部屋から遠ざかる
Windless night moonlight melts
穏やかな夜 月の光が
My ghostly shadow to the lukewarm gloom
僕のぼんやりした影をぬるい暗がりへと溶かす
Nightly dance of bleeding swords
血塗れの剣の毎夜の舞に
Reminds me that I still live
気付くんだ まだ生きてるって

I will burn my dread
恐怖を燃やすんだ
I once ran away from the god of fear
かつては恐怖の神から逃げて
And he chained me to despair
絶望へと繋がれたけど
Burn my dread
恐怖を燃やすんだ
I will break the chain
鎖を壊して
And run till I see the sunlight again
もう一度日の光を見るまで走る
I'll lift my face and run to the sunlight
顔を上げて日の光へと走るんだ

Voiceless town tapping feet
声のしない街 足音がコツコツ
I clench my fists in pockets tight
ポケットの中 拳をきつく握り締める
Far in mist a tower awaits
はるか向こうの霧の中 搭が待ち構えてる
Like a merciless tomb devouring moonlight
残酷な墓が 月の光を貪るみたいに

Clockwork maze end unknown
時計仕掛けの迷宮 終わりは知れず
In frozen time a staircase stands
凍て付いた時の中 階段が聳え立つ
Shadows crawl on bloodstained floor
血染めの床をシャドウは這う
I rush straight ahead with a sword in hands
剣を手に 僕は真っ直ぐ突き進む
Cold touch of my trembling gun
震える銃の冷たい感触
I close my eyes to hear you breathe
目を閉じて 君の呼吸に耳を澄ます

Burn my dread
恐怖を燃やすんだ
Burn my dread
恐怖を燃やすんだ

I will burn my dread
恐怖を燃やすんだ
This time I'll grapple down that god of fear
今度こそあの恐怖の神を掴み倒して
And throw him into hell's fire
地獄の業火へ投げ入れてやる
Burn my dread
恐怖を燃やすんだ
I'll shrug the pain
痛みに肩をすくめて
And run till I see the sunlight again
もう一度日の光を見るまで走るんだ

Oh I will run burning all regret and dread
走るよ 後悔と恐怖を全て燃やして
And I will face the sun with pride of the living
そして生きるものの誇りをもって太陽に立ち向かうんだ
最終更新:2013年06月14日 20:56