ソピアー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソピアー、ソフィア(ギリシア語: Σοφια,ラテン語: Sophia)または叡智(えいち)は、智慧の象徴である。グノーシス主義やユダヤ教などではアイオーンの名で、この世の起源に関して重要な役割を持つ。人間の救済における元型象徴とも見なせる。ソピアーはまた古代ヘレニズム世界で、智慧を象徴する女神とも考えられた。

キリスト教におけるソピアーは神の知恵を表している。日本の文献では早くとも16世紀末から上智(じょうち)という訳語が用いられる。後世には知恵、叡智とも訳され、日本ハリストス正教会では睿智(えいち)と訳される。

グノーシス主義


グノーシス主義のウァレンティノス派などの「ソピアー神話」では、プレーローマでの最低次アイオーンで、彼女の欲望によって、この世が生み出された。

人間の「心魂」(魂を表すグノーシス主義用語)の象徴でもあり、ソピアーの落下と救済は、人間の心魂の地上への失墜と救済の可能性の神話元型となっている。

絵画などでは、体を大地に対して弓なりにし、牛の頭をした女性で描かれることが多い。

キリスト教


イエス・キリストの十字架(スタウロス)での受難は、キリスト教の福音書記者が記しているが、キリスト教がこの神話要素を借用したのか、または独自な出典から物語を採用したのか、イエスの受難も、上智の落下と救済事件のなかの要素として描かれている。

この場合、イエスはアイオーンであり、それゆえ肉体を持たないので、受難しなかったという説もあり、これは仮現論(ドケティズム)に通じる。

象徴主義


元々ギリシア語では、知恵という意味の名詞であり、ギリシア神話では神格化されていなかったが、ヘレニズム時代以降、グノーシス主義とも関連して神格化が進む。しかし、独自の女神としての崇拝は希薄である。

智慧・叡智の重視、あるいは崇拝は、古代ギリシアの哲学からある。智慧(sophia)は女性名詞なので、擬人化して把握される傾向があった。キリスト教における聖母マリアは、「神の母(テオトコス)」の称号を備えていたが、ソピアーの智慧の女神としての側面を吸収して、古代のソピアーに取って代わった。
最終更新:2013年08月06日 17:35