Dies iraeの詠唱文

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


形成

罪姫・正義の柱(マルグリット・ボワ・ジュスティス)

形成
Yetzirah――
時よ止まれ―――おまえは美しい
Verweile doch, du bist so schon!

聖約・運命の神槍(ロンギヌスランゼ・テスタメント)

形成
Yetzirah――
ここに神の子 顕現せり
Vere filius Dei erat iste

蒼褪めた死面(パッリダ・モルス)

天が雨を降らすのも 霊と身体が動くのも
Daß sich die Himmel regen Und Geist und Körper sich bewegen
神は自らあなたの許へ赴き 幾度となく使者でもって呼びかける
Gott selbst hat sich zu euch geneiget Und ruft durch Boten ohne Zahl
起きよ そして参れ 私の愛の晩餐へ
Auf, kommt zu meinem Liebesmahl――
形成――
Yetzirah――
蒼褪めた死面
Pallida Mors
元ネタは『カンタータ第76番』

創造

美麗刹那・序曲(アインファウスト・オーベルテューレ)

日は古より変わらず星と競い
Die Sonne toent nach alter Weise In Brudersphaeren Wettegesang.
定められた道を雷鳴の如く疾走する
Und ihre vorgeschriebne Reise Vollendet sie mit Donnergang.
そして速く 何より速く
Und schnell und begreiflich schnell
永劫の円環を駆け抜けよう
In ewig schnellm Sphaerenlauf.
光となって破壊しろ
Da flammt ein blitzendes Verheeren
その一撃で燃やしつくせ
Dem Pfade vor des Donnerschlags;
そは誰も知らず 届かぬ 至高の創造
Da keiner dich ergruenden mag, Und alle deinen hohen Werke
我が渇望こそが原初の荘厳
Sind herrlich wie am ersten Tag.
創造
Briah――
美麗刹那・序曲
Eine Faust ouvertüre
元ネタはゲーテの『ファウスト』

涅槃寂静・終曲(アインファウスト・フィナーレ)

日は古より変わらず星と競い
Die Sonne toent nach alter Weise In Brudersphaeren Wettegesang.
定められた道を雷鳴の如く疾走する
Und ihre vorgeschriebne Reise Vollendet sie mit Donnergang.
そして速く 何より速く
Und schnell und begreiflich schnell
永劫の円環を駆け抜けよう
In ewig schnellm Sphaerenlauf.
光となって破壊しろ
Da flammt ein blitzendes Verheeren
その一撃で燃やしつくせ
Dem Pfade vor des Donnerschlags;
そは誰も知らず 届かぬ 至高の創造
Da keiner dich ergruenden mag, Und alle deinen hohen Werke
我が渇望こそが原初の荘厳
Sind herrlich wie am ersten Tag.
創造
Briah――
涅槃寂静・終曲
Eine Faust Finale
元ネタはゲーテの『ファウスト』

死森の薔薇騎士(ローゼンカヴァリエ・シュヴァルツヴァルド)

かつて何処かで そしてこれほど幸福だったことがあるだろうか
Wo war ich schon einmal und war so selig
あなたは素晴らしい 掛け値なしに素晴らしい しかしそれは誰も知らず また誰も気付かない
Wie du warst! Wie du bist! Das weis niemand, das ahnt keiner!
幼い私は まだあなたを知らなかった
Ich war ein Bub', da hab' ich die noch nicht gekannt.
いったい私は誰なのだろう いったいどうして 私はあなたの許に来たのだろう
Wer bin denn ich? Wie komm'denn ich zu ihr? Wie kommt denn sie zu mir?
もし私が騎士にあるまじき者ならば、このまま死んでしまいたい
War' ich kein Mann, die Sinne mochten mir vergeh'n.
何よりも幸福なこの瞬間――私は死しても 決して忘れはしないだろうから
Das ist ein seliger Augenblick, den will ich nie vergessen bis an meinen Tod.
ゆえに恋人よ 枯れ落ちろ
Sophie, Welken Sie
死骸を晒せ
Show a Corpse
何かが訪れ 何かが起こった 私はあなたに問いを投げたい
Es ist was kommen und ist was g'schehn, Ich mocht Sie fragen
本当にこれでよいのか 私は何か過ちを犯していないか
Darf's denn sein? Ich mocht' sie fragen: warum zittert was in mir?
恋人よ 私はあなただけを見 あなただけを感じよう
Sophie, und seh' nur dich und spur' nur dich
私の愛で朽ちるあなたを 私だけが知っているから
Sophie, und weis von nichts als nur: dich hab' ich lieb
ゆえに恋人よ 枯れ落ちろ
Sophie, Welken Sie
創造
Briah――
死森の薔薇騎士
Der Rosenkavalier Schwarzwald

  • ラインハルト版
ああ、日の光は要らぬ。ならば夜こそ我が世界
夜に無敵となる魔人になりたい
この畜生に染まる血を絞り出し、我を新生させる耽美と暴虐と殺戮の化身――闇の不死鳥
枯れ落ちろ恋人――
死森の薔薇騎士
Der Rosenkavalier Schwarzwald
元ネタは『ばらの騎士』

拷問城の食人影(チェイテ・ハンガリア・ナハツェーラー)

ものみな眠るさ夜中に
In der Nacht, wo alles schläft
水底を離るることぞうれしけれ。
Wie schön, den Meeresboden zu verlassen.
水のおもてを頭もて、
Ich hebe den Kopf über das Wasser,
波立て遊ぶぞたのしけれ。
Welch Freude, das Spiel der Wasserwellen
澄める大気をふるわせて、互に高く呼びかわし
Durch die nun zerbrochene Stille, Rufen wir unsere Namen
緑なす濡れ髪うちふるい
Pechschwarzes Haar wirbelt im Wind
乾かし遊ぶぞたのしけれ!
Welch Freude, sie trocknen zu sehen.
創造
Briah――
拷問城の食人影
Csejte Ungarn Nachatzehrer

  • ラインハルト版
この身は悠久を生きし者。ゆえに誰もが我を置き去り先に行く
追い縋りたいが追いつけない。才は届かず、生の瞬間が異なる差を埋めたいと願う
ゆえに足を引くのだ――水底の魔性
波立て遊べよ――
拷問城の食人影
Csejte Ungarn Nachtzehrer
元ネタは『ルサルカ』

爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之(ここにあまつかみのみこともちてふとまににうらへてのりたまひつらく)

かれその神避りたまひし伊耶那美は
Die dahingeschiedene Izanami wurde auf dem Berg Hiba
出雲の国と伯伎の国 その堺なる比婆の山に葬めまつりき
an der Grenze zu den Ländern Izumo und Hahaki zu Grabe getragen.
ここに伊耶那岐
Bei dieser Begebenheit zog Izanagi sein Schwert,
御佩せる十拳剣を抜きて
das er mit sich führte und die Länge von zehn nebeneinander gelegten
その子迦具土の頚を斬りたまひき
Fäusten besaß, und enthauptete ihr Kind, Kagutsuchi.
創造
Briah――
爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之
Man sollte nach den Gesetzen der Gotter leben.
元ネタは『古事記』

雷速剣舞・戦姫変生(トール・トーテンタンツ・ヴァルキュリア)

私が犯した罪は
War es so schmählich,――
心からの信頼において あなたの命に反したこと
ihm innig vertraut-trotzt’ ich deinem Gebot.
私は愚かで あなたのお役に立てなかった
Wohl taugte dir nicht die tör' ge Maid,
だからあなたの炎で包んでほしい
Auf dein Gebot entbrenne ein Feuer;
さらば 輝かしき我が子よ
"Leb' wohl,du kühnes,herrliches Kind!"
ならば如何なる花嫁にも劣らぬよう
"ein bräutliches Feuer soll dir nun brennen,"
最愛の炎を汝に贈ろう
"wie nie einer Braut es gebrannt!"
我が槍を恐れるならば この炎を越すこと許さぬ
Wer meines Speeres Spitze furchtet, durchschreite das feuer nie!
創造
Briah―
雷速剣舞・戦姫変生
Donner Totentanz――Walküre
元ネタはワーグナーの『ワルキューレ』

此久佐須良比失比氏罪登云布罪波在良自(かくさすらひうしなひてつみといふつみはあらじ)

畔放(あなはち) 溝埋(みぞうめ) 樋放(ひなはち) 頻播(しきまき) 串刺(くしさし) 生剥(いきはぎ) 逆剥(さかはぎ) 屎戸(くそへ)
許多(そこは)ノ罪ト(のっと)()ケテ 生膚断(いきはだたち) 死膚断(しにはだたち)
白人胡久美(しらひとこくみ)トハ国津罪
己ガ母犯セル罪 己ガ子犯ス罪
母ト子犯セル罪 子ト母犯セル罪
(けもの)犯セル罪 ()フ虫ノ(わざわい) 高津神ノ(わざわい)
高津鳥(たかつのとり)(わざわい) 蓄仆(たお)シ 蠱物(まじもの)セシ罪
種種(くさぐさ)ノ罪事ハ天津罪 国津罪
許許太久(ここたふ)ノ罪出デム 此ク出デバ
創造
此久佐須良比失比氏罪登云布罪波在良自
元ネタは『天つ罪・国つ罪』

乃神夜良比爾夜良比賜也(かむやらひにやらひたまひき)

其泣状者 青山如枯山泣枯 河海者悉泣乾(そのなくさまは こざんのごとく あらぶるかみをも さばへのごとく)
是以悪神之神 如狭蝿皆滿(よろずのわざはひ ぜにおこりき)
創造
乃神夜良比爾夜良比賜也
元ネタは『古事記』

許許太久禍穢速佐須良比給千座置座(ここだくのわざわいめしてはやさすらいたまえちくらのおきくら)

血の道と 血の道と 其の血の道 返し(かしこ)み給おう
禍災に悩むこの病毒を この加持に今吹き払う(とこ)いの神風
橘の 小戸の禊を始めにて 今も清むる吾が身なりけり
千早振る 神の御末の吾なれば 祈りしことの叶わぬは無し
元ネタは不明…

神世界へ翔けよ黄金化する白鳥の騎士(ヴァナヘイム・ゴルデネ・シュヴァーン・ローエングリーン)

親愛なる白鳥よ
Mein lieber Schwan,
この角笛とこの剣と指輪を彼に与えたまえ
dies horn, dies Schwert, den Ring sollst du ihm geben.
この角笛は危険に際して救いをもたらし
Dies Horn soll in Gefahr ihm Hilfe schenken,
この剣は恐怖の修羅場で勝利を与えるものなれど
in wildem Kampf dies Schwert ihm Sieg verleiht
この指輪はかつておまえを恥辱と苦しみから救い出した
doch bei dem Ringe soll er mein gedenken,
この私のことをゴットフリートが偲ぶよすがとなればいい
der einst auch dich aus Schmach und Not befreit!
創造
Briah――
神世界へ 翔けよ黄金化する白鳥の騎士
Vanaheimr――Goldene Schwan Lohengrin
元ネタは『ローエングリーン』

焦熱世界・激痛の剣(ムスペルヘイム・レーヴァテイン)

  • 07年度版
この世で狩に勝る楽しみなどない
Was gleicht wohl auf Erden dem Jägervergnügen
狩人にこそ、生命の杯はあわだちあふれん
Wenn Wälder und Felsen uns hallend umfangen,
角笛の響きを聞いて緑に身を横たえ、藪を抜け、池をこえ、鹿を追う
Diana ist kundig, die Nacht zu erhellen,
王者の喜び
Wie labend am Tage ihr Dunkel uns kühlt.
若人のあこがれ!
Die Bewunderung der Jugend

  • 完全版
彼ほど真実に誓いを守った者はなく
Echter als er schwür keiner Eide;
彼ほど誠実に契約を守った者もなく
treuer als er hielt keiner Verträge;
彼ほど純粋に人を愛した者はいない
lautrer als er liebte kein andrer:
だが彼ほど総べての誓いと総べての契約総べての愛を裏切った者もまたいない
und doch, alle Eide, alle Verträge, die treueste Liebe trog keiner er
汝ら それが理解できるか
Wißt inr, wie das ward?
我を焦がすこの炎が 総べての穢れと総べての不浄を祓い清める
Das Feuer, das mich verbrennt, rein'ge vom Fluche den Ring!
祓いを及ぼし穢れを流し熔かし解放して尊きものへ
Ihr in der Flut löset auf, und lauter bewahrt das lichte Gold,
至高の黄金として輝かせよう
das euch zum Unheil geraubt.
すでに神々の黄昏は始まったゆえに
Denn der Götter Ende dämmert nun auf.
我はこの荘厳なるヴァルハラを燃やし尽くす者となる
So - werf' ich den Brand in Walhalls prangende Burg.
創造
Briah――
焦熱世界・激痛の剣
Muspellzheimr Lævateinn

  • ラインハルト版
我は輝きに焼かれる者。届かぬ星を追い求める者
届かぬ故に其は尊く、尊いが故に離れたくない
追おう、追い続けよう何処までも。我は御身の胸で焼かれたい――逃げ場無き焔の世界
この荘厳なる者を燃やし尽くす――
焦熱世界・激痛の剣
Muspellzheimr Laevateinn
07年版の元ネタはウェーバーの『魔弾の射手』
完全版の元ネタはワグナーの『ニーベルンゲンの指環』第三夜「神々の黄昏」。

人世界・終焉変生(ミズガルズ・ヴォルスング・サガ)

死よ 死の幕引きこそ唯一の救い
Tod! Sterden Einz' ge Gnade!
この 毒に穢れ 蝕まれた心臓が動きを止め 忌まわしき 毒も 傷も 跡形もなく消え去るように
Die schreckliche Wunde, das Gift, ersterde, das es zernagt,erstarredas Herz!
この開いた傷口 癒えぬ病巣を見るがいい
Hier bin ich, die off'ne Wunde hier!
滴り落ちる血の雫を 全身に巡る呪詛の毒を 武器を執れ 剣を突き刺せ 深く 深く 柄まで通れと
Das mich vergiftet, hier fliesst mein Blut: Heraus die Waffe! Taucht eure Schwerte. tief,tief bis ans Heft!
さあ 騎士達よ
Auf! lhr Helden:
罪人に その苦悩もろとも止めを刺せば 至高の光はおのずから その上に照り輝いて降りるだろう
Totet den Sunder mit seiner Qual, von selbst dann leuchtet euch wohl der Gral!
創造
Briah――
人世界・終焉変生
Midgardr Volsunga Saga

  • ラインハルト版
我は終焉を望む者。死の極点を目指す者
唯一無二の終わりこそを求めるゆえに、
鋼の求道に曇りなし――幕引きの鉄拳
砕け散るがいい――
人世界・終焉変生
Midgardr Volsunga Saga
元ネタはワグナーの『パルジファル』

死世界・凶獣変生(ニブルヘイム・フェンリスヴォルフ)

  • 第一段階
さらばヴァルハラ 光輝に満ちた世界
Fahr' hin,Waihalls lenchtende Welt
聳え立つその城も 微塵となって砕けるがいい
Zarfall' in Staub deine stolze Burg
さらば 栄華を誇る神々の栄光
Leb' wohl, prangende Gotterpracht
神々の一族も 歓びのうちに滅ぶがいい
End' in Wonne, du ewig Geschlecht
創造
Briah――
死世界・凶獣変生
Niflheimr Fenriswolf

  • 第二段階
ああ 私は願う どうか遠くへ 死神よどうか遠くへ行ってほしい
Voruber, ach, voruber! geh, wilder knochenmann!
私はまだ老いていない まだ生に溢れているのだからどうかお願い 触らないで
Ich bin noch jung, geh, Lieber! Und ruhre mich nicht an.
美しく繊細な者よ 恐れることはない 手を伸ばせ 我は汝の友であり 奪うために来たのではないのだから
Gib deine Hand, du schon und zart Gebild! Bin Freund und komme nicht zu strafen.
ああ 恐れるな怖がるな 誰も汝を傷つけない 我が腕の中で愛しい者よ 永劫安らかに眠るがいい
Sei guten Muts! Ich bin nicht wild, sollst sanft in meinen Armen schlafen!t.
創造
Briah――
死世界・凶獣変生
Niflheimr Fenriswolf

  • ラインハルト版
接触を恐れる。接触を忌む。我が愛とは背後に広がる轢殺の轍
ただ忘れさせてほしいと切に願う。総てを置き去り、呪わしき記憶(ユメ)は狂乱の檻へ
我はただ最速の殺意でありたい――貪りし凶獣
皆、滅びるがいい――
死世界・凶獣変生
Niflheimr Fenriswolf
元ネタはウェーバーの『ニーベルンゲンの指環』第二夜「ジークフリート」及びシューベルトの『死と乙女』

至高天・黄金冠す第五宇宙(グラズヘイム・グランカムビ・フュンフト・ヴェルトール)

その男は墓に住み あらゆる者も あらゆる鎖も
Dieser Mann wohnte in den Gruften, und niemand konnte ihm keine mehr,
あらゆる総てを持ってしても繋ぎ止めることが出来ない
nicht sogar mit einer Kette,binden.
彼は縛鎖を千切り 枷を壊し 狂い泣き叫ぶ墓の主
Er ris die Katten auseinander und brach die Eisen auf seinen Fusen.
この世のありとあらゆるモノ総て 彼を抑える力を持たない
Niemand war stark genug, um ihn zu unterwerfen.
ゆえ 神は問われた 貴様は何者か
Dann fragte ihn Jesus. Was ist Ihr Name?
愚問なり 無知蒙昧 知らぬならば答えよう
Es ist eine dumme Frage. Ich antworte.
我が名はレギオン
Mein Name ist Legion―
創造
Briah―
至高天・黄金冠す第五宇宙
Gladsheimr―Gullinkambi fünfte Weltall
元ネタは『マルコ福音書』の第五章

流出

壷中聖櫃・不死創造する生贄祭壇(ハイリヒアルヒェ・ゴルデネエイワズ・スワスチカ)

蘇る そう あなたはよみがえる
Auferstehn, ja auferstehn, wirst du,
私の塵は短い安らぎの中を漂い
Mein Staub, nach kurzer Ruh
あなたの望みし永遠の命がやってくる
Unsterblich Lebin wird,
種蒔かれしあなたの命が 再びここに花を咲かせる
Wieder aufzubluhn wirst du gesat!
刈り入れる者が歩きまわり
Der Herr der Ernte geht
我ら死者の 欠片たちを拾い集める
und sammelt Garben Uns ein, die starben.
おお 信ぜよわが心 おお 信ぜよ 失うものは何もない
O granbe, mein Herz, o glanbe. Es geht dir nichts verloren!
私のもの それは私が望んだもの 私のもの それは私が愛し戦って来たものなのだ
Dein ist, dein, was du gesehnt Dein, was du geliebt, was du gestritten!
おお 信ぜよ あなたは徒に生まれて来たのではないのだと
O glaube , : du wardst nicht umsonst geboren!
ただ徒に生を貪り 苦しんだのではないのだと
Hast nicht umsonst gelebt, gelitten!
生まれて来たものは 滅びねばならない
Was entstanden ist, das muβ vergehen.
滅び去ったものは よみがえらねばならない
Was vergangen, auferstehen!
震えおののくのをやめよ
Hor auf zu beben!
生きるため 汝自身を用意せよ
Bereite dich zu leben!
おお 苦しみよ 汝は全てに滲み通る
O Schmerz! du Alldurchdringer!
おお 死よ 全ての征服者であった汝から 今こそ私は逃れ出る
Dir bin, o Tod! du Allbezwinger, ich entrungen!
祝えよ 今こそ汝が征服されるときなのだ
Nun bist du bezwngen!
流出
Atziluth――
壺中聖櫃 不死創造する 生贄祭壇
Heilige Arche――Goldene Eihwas Swastika
元ネタはグスタフ・マーラーの『交響曲第2番の第五楽章』。この交響曲は一般的に「復活(Auferstehung)」という表題が付されており、第五楽章では、「怒りの日」に「太陽」によって照らし出された「英雄」の「墓」から死者が黄泉帰り死者の行進を行う。

混沌より溢れよ怒りの日(ドゥゾルスト・ディエス・イレ)

怒りの日 終末の時 天地万物は灰燼と化し
Dies irae, dies illa, solvet saeclum in favilla.
ダビデとシビラの予言のごとくに砕け散る
Teste David cum Sybilla.
たとえどれほどの戦慄が待ちうけようとも 審判者が来たり
Quantus tremor est futurus, Quando judex est venturus,
厳しく糾され 一つ余さず燃え去り消える
Cuncta stricte discussurus.
我が総軍に響き渡れ 妙なる調べ 開戦の号砲よ
Tube, mirum spargens sonum Per sepulcra regionum,
皆すべからく 玉座の下に集うべし
Coget omnes ante thronum.
彼の日 涙と罪の裁きを 卿ら 灰より 蘇らん
Lacrimosa dies illa, Qua resurget ex favilla
されば天主よ その時彼らを許したまえ
Judicandus homo reus Huic ergo parce, Deus.
慈悲深き者よ 今永遠の死を与える エィメン
Pie Jesu Domine, dona eis requiem. Amen.
流出
Atziluth――
混沌より溢れよ怒りの日
Du-sollst――Dies irae
元ネタはレクイエムである『怒りの日』、『奇しきラッパの響き』、『涙の日』の複合したもの

新世界へ語れ超越の物語(レースノウァエ・アルゾ・シュプラーハ・ツァラトゥストラ)

  • 07年度版
我が身 地上の生活の痕跡は
Es kann die Spur
幾世を経ても滅びるということがないだろう
von meinen Erdetagen
そういう無上の幸福を想像して
Im Vorgefuhl von solchem hohen Gluck
今 私はこの最高の刹那を味わい尽くすのだ
ich jetzt den hochsten Augenblick. Genies'
時よ止まれ おまえは美しい
Verweile doch, du bist so schon!

  • 完全版
海は幅広く 無限に広がって流れ出すもの 水底の輝きこそが永久不変
Es schaeumt das Meer in breiten Fluessen Am tiefen Grund der Felsen auf,
永劫たる星の速さと共に 今こそ疾走して駆け抜けよう
Und Fels und Meer wird fortgerissen In ewig schnellem sphaerenlauf.
どうか聞き届けて欲しい 世界は穏やかに安らげる日々を願っている
Doch deine Bnten,Herr, verehren Das sanfte Wandeln deines Tags.
自由な民と自由な世界で どうかこの瞬間に言わせてほしい
Auf freiem Grund mit freiem Volke stehn.Zum Augenblicke duerft ich sagen
時よ止まれ 君は誰よりも美しいから
Verweile doch du bist so schon―
永遠の君に願う 俺を高みへと導いてくれ
Das Ewig-Weibliche Zieht uns hinan.
流出
Atziluth――
新世界へ語れ超越の物語
Res novae――Also sprach Zarathustra
元ネタは『ファウスト』及びニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』

生と死の刹那に未知の結末を見る(ウィーウェ・メモル・モルティス=アクタ・エスト・ファーブラ)

武器も言葉も(人を)傷つける
Et arma et verba vulnerant Et arma
順境は友を与え、欠乏は友を試す
Fortuna amicos conciliat inopia amicos probat Exempla
運命は、軽薄である 運命は、与えたものをすぐに返すよう求める
Levis est fortuna id cito reposcit quod dedit
運命は、それ自身が盲目であるだけでなく、常に助ける者たちを盲目にする
Non solum fortuna ipsa est caeca sed etiam eos caecos facit quos semper adiuvat
僅かの愚かさを思慮に混ぜよ、時に理性を失うことも好ましい
Misce stultitiam consiliis brevem dulce est desipere in loc
食べろ、飲め、遊べ、死後に快楽はなし
Ede bibe lude post mortem nulla voluptas
未知の結末を見る
Acta est fabula

  • 超新星爆発
怒りは短い狂気である
Ira furor brevis est.
自然に従え
Sequere naturam.

  • グレート・アトラクター
このようにして星に行く
Sic itur ad astra.
(これは)厳しい法であるが、それでも法である(だから従わないといけない)
Dura lex sed lex.

  • 暗黒天体創造
恐れは望みの後ろからついてくる
Spem metus sequitur.
喜んで学べ
Disce libens.

  • グランドクロス
神を知る者は、神を敬う
Deum colit qui novit.
黄金の中庸
Aurea mediocritas.

  • 素粒子間時間跳躍・因果律崩壊(エレメンタリーパーティクル タイムパラドックス)
始まりから終わりまで
Ab ovo usque ad mala.
時はすべてを運び去る
Omnia fert aetas.

おまけ

ステータス

名前 段階 ATK DEF MAG AGI EQP
藤井 蓮 形成 3 3 2 4 4
創造(序曲) 6 3 3 7 7
創造(諧謔) 3 4 7 5 5
創造(終曲) 7 5 5 7 7
遊佐 司狼 形成 3 2 1 3 3
ラインハルト・ハイドリヒ 形成 6 7 5 5 7
創造 7 7 7 7 7
トバルカイン 通常戦闘値 4 2 1 4 4
ヴァレリア・トリファ 形成 1.5 7 7 1.5 7
創造 7 0 1 2 7
ヴィルヘルム・エーレンブルグ 形成 3 2 2 3 3
創造 4 3 2 4 3
櫻井 螢 形成 2 2 2 2 2
創造 3 3 3 3 3
ゲッツ・フォン・ベルリッヒンゲン 形成 5 5 7 2 5
創造 7 6 2 3 6
ルサルカ・シュヴェーゲリン 形成 2 2 3 1 2
創造 3 2 4 2 3
エレオノーレ・フォン・ヴィッテンブルグ 形成 5 5 3 3 5
創造 6 6 4 4 6
ロート・シュピーネ 形成 2 2 1 2 2
リザ・ブレンナー 形成 1 1 3 1 4
ウォルフガング・シュライバー 形成 4.5 2 2 6 5
創造 5 0 2 7 5
創造(真) 6 5 2 7 6
櫻井 戒 形成 4 3 2 3 3
創造 5 2 2 2 5
ベアトリス・キルヒアイゼン 形成 2 2 3 4 3
創造 3 3 4 5 4
イザーク 流出(擬似) 0 0 7 0 7
ATK=攻撃力。高いほど殺傷性がある。
DEF=防御力。高いほど耐久性に優れる。
MAG=魔力。高いほど技を使用可能な時間が長い。
AGI=スピード。高いほど敏捷性に優れる。
EQP=聖遺物との同調率。高いほど個々の理を破られにくい。
最終更新:2016年03月08日 13:28