無名祭祀書

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無名祭祀書(むめいさいししょ、独:Unaussprechlichen Kulten、英:Nameless Cults)は、クトゥルフ神話作品に登場する架空の書籍。著者はフリードリヒ・ウィルヘルム・フォン・ユンツト(Friedrich Wilhelm von Junzt, 1795年 – 1840年)。時折「無銘祭祀書」とも記される。

ちなみに「Unaussprechlichen Kulten」は間違いで、「Nameless Cults」はドイツ語では「Namenlose Kulte」と書く。「Unaussprechlichen Kulten」の本当の意味は「言えない祭祀」。名付け親はオーガスト・ダーレス。

概要


著者であるフォン・ユンツトが世界中を回って見聞した、クトゥルフ、ヨグ=ソトース、ツァトゥグァ、ガタノトーア、シュブ=ニグラス、イグといった恐るべき神々にまつわる古代信仰、秘密の宗派、さまざまな伝承、忘れられた言語などについて記されている。

本書には三つの版が存在するとされる。

ドイツ語の初版(無削除版)は、『黒の書』とも呼ばれ、1839年にデュッセルドルフで刊行されたクォート判(四つ折り版)の本である。これは鉄の留め金のついた革製の装丁がなされており、発行部数が少なかったことと所有者たちが焚書にしたことにより、現在、ヨーロッパとアメリカの図書館に全部で6部しか残存していない稀覯書となっている。出版後、ただちに発禁処分とされた。

第二の版は、1845年にロンドンのブライドウェル社から出版された英訳の海賊版である。翻訳者不明だが誤訳が多いとされ、多くのグロテスクな木版画が収められている。公的、あるいは私的なコレクションに少なくとも20部が現存していることがわかっている。初版と同じく、出版されてすぐに発禁処分となっている。

第三の版は、1909年にニューヨークのゴールデン・ゴブリン・プレス社から出版された英訳の削除版である。これにも誤訳、誤植などの間違いが多数存在するが、廉価な八つ折り判であったこともあり、比較的多く現存すると考えられる。

フォン・ユンツトは本書が出版された翌年(1840年)に、施錠され、閂で閉めきられた部屋の中で、ひき裂かれた未発表草稿とともに、喉にかぎ爪の跡が残った絞殺死体となって発見された。

またその後、彼の友人アレクシス・ラドーによってこの破られた草稿が復元されたが、ラドーは草稿を読み終えた後、即これを焼却し、自らの喉をカミソリでかき切って自殺した。

生涯を禁忌の学問に捧げ、世界各地の秘密結社に加わり、あらゆる未知の書に原典のまま通じていたフォン・ユンツトが世界各地を遍歴する過程で見聞した奇怪な伝承の類を書き留めた禁断の書物であり、彼が得た禁断の知識の集大成である。
一八三九年にデュッセルドルフで刊行された鉄の留め金が付いた革装丁の初版本は暗澹たる内容から『黒の書』と呼ばれ、フォン・ユンツトの謎めいた死に怯えた所有者のほとんどがこの書物を処分してしまったため、現存するものは六部もないだろうとされている。
一八四〇年、モンゴルへの謎めいた旅から帰還して六ヵ月後に、フォン・ユンツトは鍵と閂のかかった密室で喉に巨大な爪痕を残した死体となって発見された。その部屋の床には『無名祭祀書』に収録されていない草稿が破り捨てられており、これを復元して読んだフランスの友人アレクシス・ラドーは、読み終えるなり草稿を火にくべ、剃刀で喉を切って命を絶った。
その後、一八四五年に欠陥が多く安っぽい海賊版としてブライドウォールが英訳してグロテスクな木版画と誤植、誤訳、誤りを満載してロンドンで出版し、一九〇九年にニューヨークのゴールデン・ゴブリン・プレスが原典の四分の一を削除し、ディエゴ・ヴァスクェスの挿絵に飾り立てられた削除版を出版した。写本がハンティントン図書館に所蔵されている。
クナアにおけるガタノトーア崇拝と神官トヨグについての記述、ホンジュラスのジャングルにある蟇の神殿についての記述がある。ムー大陸の資料を提示し、ポナペ島経典による情報を完全に裏書きしている。
補遺Ⅸにエイボンの書についての年表があるが、ユンツトはギリシア語版のことを知らなかったためギリシア語版については記されていない。
最終更新:2013年03月07日 22:13