抱朴子

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

抱朴子(ほうぼくし)とは、葛洪の記した神仙思想と煉炭術を記した書物。

中国文化における不老不死、すなわち「仙人」に成るための魔道書。
その中には、ありとあらゆる病や呪いを解く薬を作るための「練丹術」が記載されているとされる。
最終更新:2013年03月05日 18:10