形成の書

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

形成の書(けいせいのしょ סֵפֶר יְצִירָה セーフェル・イェツィラー、イェツィラーの書 とも)とは、ユダヤ教神秘主義思想カバラの基本教典の一つ。成立は3世紀から6世紀にかけてと推測されている。

10の「数」(によって象徴される4つの根源的元素と6つの方位)と22の「文字」(によって象徴される元素)を用いた、神による世界の創造を描く。また、この「数」と「文字」を合わせて「33の智恵の経路」とも総称する。

この「数」の原語はセフィラ(סְפִירָה)であるが、この単語を「創造の段階」の意味で用いた最初のカバラ文献として重視される。
最終更新:2013年03月05日 21:43