オリハルコン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オリハルコン(古典ギリシア語 ’ορείχαλκος(oreichalkos)オレイカルコス、古典ラテン語 ǒrǐchalcum オリカルクム)は、古代ギリシア・ローマ世界の文献に登場する、銅系の合金と考えられる金属である。最も有名な例としてプラトン が『クリティアス Κριτίας(Kritias)』の中で記述した、アトランティス ’Ατλαντίς (Atlantis) に存在したという幻の金属が挙げられる。

概要


「オリハルコン」はギリシア語の単数対格形ορείχαλκον(oreichalkon)に由来する。orihalcon, orichalconなどと綴られることもあるが、これは「オリハルコン」が登場する日本製のゲームが国外へ輸出された際に生まれた新しい綴りであり、英語ではorichalc(h)「オーリキャルク」またはorichalcum「オーリキャルカム」。

語源は「山の銅」(’όρος (oros) オロス「山」+χαλκός (chalkos) カルコス「銅」)で、ヘシオドスの『ヘラクレスの盾』、『ホメロス賛歌』などの詩に初めて登場するが、これらの作品では真鍮(黄銅、銅と亜鉛の合金)、青銅(銅と錫の合金)、赤銅(銅と金の合金)、天然に産出する黄銅鉱(銅と鉄の混合硫化物)や青銅鉱、あるいは銅そのものと解釈・翻訳されている。ラテン語ではǒrǐchalcum「オリカルクム」ともaurǐchalcum「アウリカルクム」(ラテン語で「金の銅」)とも綴られた。

これに対してプラトンの『クリティアス』では、オレイカルコスは今では名前のみが伝わっている幻の金属として登場しており、他の古典作品におけるオレイカルコス・オリカルクムという単語の扱いとは少し異なる。

なお少なくともローマ帝政末期の作品では、「アウリカルクム」が真鍮を意味するようになったことはほぼ確実で、セステルティウスやデュポンディウスなどの真鍮製銀貨の原料として言及されるようになる。現代ギリシア語のορείχαλκος (oreichalkos)「オリハルコス」やイタリア語のoricalco「オリカルコ」は「真鍮」を意味する。

古典文献への登場


初期

ヘシオドス(Hesiodos, 紀元前700頃に活躍)が書いたと伝えられている詩『ヘラクレスの盾』の断片の中で、英雄ヘラクレスが「ヘパイストスからの見事な贈り物である、輝けるオレイカルコス製の脛当てを装着した」という一節がある。これがオレイカルコスという単語の初出と考えられている。(Hes.Scht.122)『ヘラクレスの盾』は実際には紀元前6世紀中頃の作品とするのが有力な説である。

ホメロス(Homeros, 紀元前9–8世紀頃に活躍)が書いたと伝えられている『ホメロス賛歌』の第6章、アプロディテへの賛歌の中で、女神アプロディテは「両耳よりオレイカルコスと尊き金で出来た装飾品を下げている」と謳われている。(h.Hom.6.9)『ホメロス賛歌』は複数の詩人によって時代をおいて作られた34編の詩の集合体であるが、こちらの方が『ヘラクレスの盾』よりも古いとする人もいる。

プラトンのクリティアス

プラトンがアトランティス伝説を含む『ティマイオス Τίμαιος (Timaios)』と『クリティアス Κριτίας (Kritias)』を書いたのは晩年の紀元前360年前後と推測されており、『クリティアス』の作中4箇所5度オレイカルコスという単語が登場する。(Pl.Criti.114e,116c,116d,119d)

(アトランティス島ではありとあらゆる必需品が産出し、)今では名前を残すのみだが、当時は名前以上の存在であったものが、
島のいたるところで採掘することができた。即ちオレイカルコスで、その頃知られていた金属の中では、
金を除けば最も価値のあるものであった。(Pl.Criti.114e)

(アトランティス島の)一番外側の環状帯を囲んでいる城壁は、まるで塗りつぶしたかのように銅(カルコス)で覆われており、
城壁の内側は錫で、アクロポリスを直接取り囲む城壁は炎のように輝くオレイカルコスで覆われていた。(Pl.Criti.116b–116c)

(ポセイドンの神殿の)外側は銀で覆われていたが、尖塔は別で、金で覆われていた。一方内側は、天井は総て象牙が被されており、
金、銀、及びオレイカルコスで飾られていた。そして残りの壁と柱と床はオレイカルコスが敷き詰められていた。(Pl.Criti.116d)

(アトランティスを支配する10人の王たちは)ポセイドンの戒律に従っていたが、その法は、初代の王たちによって
オレイカルコスの柱に刻まれた記録として伝えられており、その柱は島の中央のポセイドンの神殿に安置されていた。(Pl.Criti.119c–119d)

このようにプラトンのアトランティス伝説におけるオリハルコンは、武器としては使われておらず、硬さ・丈夫さよりも、希少価値が謳われている。オリハルコンは、真鍮 (黄銅)、青銅、赤銅などの銅系合金、黄銅鉱や青銅鉱などの天然の鉱石、あるいは銅そのものと解釈する説が最有力であるが、鉄、琥珀、石英、ダイヤモンド、白金、フレスコ画用の顔料、アルミニウム、絹など、種々の解釈がある。またアトランティス伝説と同様に架空の存在と考える人も多い。

なお上の原文中にカルコス χαλκός (chalkos)「銅」という単語が登場するが、この単語は「真鍮」・「青銅」などの銅系合金をも意味として含み、装飾品としてのカルコスに対して錆び易い「銅」ではなく、「真鍮」・「青銅」などの訳語を当てはめることが多い。そのためオリハルコンは真鍮・青銅とは異なると解釈されることがある。

その他

紀元前350年頃にアリストテレス(Aristoteles, 紀元前384–322)は、『分析論後書』の中で、言葉の定義について議論しており、定義の曖昧な言葉の例としてオレイカルコスを挙げている。(Arist.APo.92b22)また『異聞集』第58節によると、カルタゴ人が支配するデモネソス島では、κύανος (cyanos)「キュアノス」(= cyan シアン。正確には不明だが、シアン色の青銅鉱と解釈されている)と孔雀石が採取され、更に島の沖合いには素潜りで採掘できる銅の鉱脈がある。シキュオンの町にあるアポロンの銅像は、ここで採掘された銅で作られ、ペネオスにあるオレイカルコスの像も、この島で採掘されたものから作られたという。(Arist.Mir.834b25)

プブリウス・ウェルギリウス・マロ(Publius Vergilius Maro, 紀元前70–19)の大作『アエネイス』 (Aeneis, 紀元前19)にアルボクェ・オリカルクム alboque orichalcum「白いオリカルクム」という言葉が登場するが(Ver.A.12,87)、マウルス・セルウィウス・ホノラトゥス (Maurus Servius Honoratus, 紀元4世紀頃活躍)の注釈本によると、これは王金(亜鉛25%含有の黄銅)を指す。(Serv.A.12.87,12.210)

ストラボン(Strabon, 紀元前64頃–紀元23頃)の『地誌』第13巻によると、トロヤの近郊のイダ山の北西の麓に位置したというアンデイラの町では、燃やすと鉄になる石が採れたが、これをある種の土類と一緒に溶鉱炉で燃やすとψευδάργυρος (pseudarguros) 「プセウダルギュロス」(古代ギリシア語で「偽の銀」を意味するが、おそらく亜鉛のこと)が精錬される。このプセウダルギュロスは銅と合金を作り、オレイカルコスと呼ばれるものになる。プセウダルギュロスはトゥモロスの山でも産出した、と記されている。(Strabo.xiii.1.56)

大プリニウス(ガイウス・プリニウス・セクンドゥス, Gaius Plinius Secundus; 紀元23–79)は『博物誌』 (Naturalis Historia, 紀元77)の中で天然に産出する銅系鉱石の一種としてアウリカルクム auricalcumについて触れており、かつては非常に価値があり珍重されたものの、今では失われてしまっていると述べている。(Pli.H.N.34.2)

フラウィウス・ヨセプス(Flavius Josephus, 本名ヨセフ・ベン・マティアス Joseph Ben Matthias, 紀元37/38–100)の『ユダヤ古代史』(紀元93)第11巻のラテン語訳文において、ソロモンの宮殿にアウリカルコム製の器が奉納されていると記述しているものがある。但しギリシア語原文においては、 「χαλκα̃ σκεύη χρυσου̃ κρείττονα (chalka skeue chrysou kreittona)(金よりも価値のあるカルコス(銅類)の器)」と表記されている(J.AJ.11.136)。同様に聖ヒエロニムス(エウセビウス・ソプロニウス・ヒエロニュムス, Eusebius Sophronius Hieronymus (St. Jerome), 紀元347頃–419/420)によって訳されたラテン語訳聖書(ウルガータ) (紀元405頃)の列王記上(1 Kings 7.45)や黙示録(Apoc.1.15; Apoc.2.18)では、それぞれアウリカルクム、オリカルクムという単語が真鍮に対するラテン語の訳語として使われている。

このほかオレイカルコスが登場する古典ギリシア語文献としては、ステシコロス(Stesichoros, 紀元前632/629頃–556/553頃)の詩の断片(Stesich.88)、イビュコス(Ibykos, 紀元前6世紀頃活躍)の詩の断片(Ibyc.Oxy.1790.42)、ロドスのアポローニオス (Apollonius, 紀元前295頃–247以降)の『アルゴナウティカ(Argonautika,アルゴ船の勇者達)』(Apoll.Arg.4.973)、その師匠であるキュレネのカリマコス(Kallimachos, 紀元前305–240)の詩の断片(Callim.Lav.Pall.19, Lav.Pall. = Lavacrum Palladis)、パウサニアス(Pausanias, 紀元143–176年頃に活躍)の『ギリシア案内記』(Paus.2.37.3)、フラウィウス・ピロストラトス(Flavius Philostratus, Philostratos, 紀元170頃–245頃)の『(テュアナの)アポロニウス伝』(Philostr.VA2.7,20)などがある。またラテン語のアウリカルクム aurichalcumが登場する作品としては、喜劇作家ティトゥス・マッキウス・プラウトゥス (Titus Maccius Plautus, 紀元前254頃–184)の、『クルクリオ』(Culcurio)(Plaut.Cur.1,3,46)、『ミレス・グロリオスス』(Miles Gloriosus)(Plaut.Mil.3,1,61)、『プセウドルス』(Pseudorus)(Plaut.Ps.2,3,22)、ガイウス・スエトニウス・トランクィッルス(Gaius Suetonius Tranquillus, 紀元69–122以降)の『ローマ皇帝伝』のウィテリウス伝(Suet.Vit.5.1)などがある。一方ラテン語のオリカルクム orichalcumが登場する作品としては、紀元前44年のマルクス・トゥッリウス・キケロ(Marcus Tullius Cicero, 紀元前106–43)の作品である『義務論』(De officiis)(Cic.Off.iii.23)、紀元前15年頃のクィントゥス・ホラティウス・フラックス(Quintus Horatius Flaccus, 紀元前65–8)の『詩論』(Ars poetica)(Hor.A.P.202)などがある。これらの作品のオリハルコンが何を指すかは正確には分からないが、楽器や装飾品の材料として登場することから、真鍮や黄銅鉱と解釈されることが多く、各国語に翻訳されている。

10世紀末に完成した百科事典的ギリシア語辞典であるスーダ辞典によると、オレイカルコスは自然に産する金属で、透明な銅のようなものだったが、もはや採掘が不可能となったと解説している。

近年の解釈など


コロンブスによる新大陸の発見以降、哲学者・文筆家として知られる初代ヴェララム男爵・セイントオールバンズ子爵フランシス・ベーコン(Francis Bacon, 1st Baron Verulam & Viscount St. Albans; 1561年–1626年)の『ニュー・アトランティス』 (The New Atlantis, 1626年)においてユートピアとして新大陸=アトランティスが描かれ、アトランティス伝説への興味が徐々に高まっていった。SFの父と言われるジュール・ヴェルヌ(Jules Verne, 1828年–1905年)の『海底二万里』(Vingt Mille Lieues sous les mers, 1870年)の作中には海底へ沈んだアトランティスの遺跡が登場する。そしてアメリカの政治家イグネイシャス・ドネリー(Ignatius Donnelly, 1831年–1901年)が、『アトランティス―大洪水前の世界』(Atlantis, the Antediluvian World, 1882年)を発表したことにより、アトランティス伝説がブームとなった。

神智学の創設者ブラヴァツキー夫人(エレーナ・ピェトローヴナ・ブラヴァツカヤ Helena Petrovna Blavatsky, 旧姓Hahn; 1831年–1891年)は、自らの師の所有する『ドジアンの書』(Book of Dzyan)を注釈したという人類の歴史を『シークレット・ドクトリン』(The Secret Doctrine, 1888年)にまとめ、失われた大陸アトランティスとそこに住む第四根源人種の歴史を記述した。また英国の神智学者ウィリアム・スコット=エリオット(William Scott-Elliot, ?-1930年)の『アトランティス物語』(The Story of Atlantis: A Geographical, Historical and Ethnological Sketch, 1896年)によると、アトランティスには「二種の白色の金属と一種の赤色の金属からなる、アルミニウムよりも軽い合金」で作られた戦闘用飛行船が存在し、その動力は「ヴリル (Vril)」(初代リットン男爵エドワード・ブルワー=リットン Edward George Earle Bulwer‐Lytton, 1st Baron Lytton of Knebworth; 1803年–1873年)のSF小説『来たるべき人種』(The Coming Race, 1871年)に登場する単語)と呼ばれるものだったという。スコット=エリオットはこれらの素材・動力源とオリハルコンを特に結び付けていないが、 アトランティス人の生まれ変わりを称する予言者エドガー・エヴァンズ・ケイシー(Edgar Evans Cayce, 1877年–1945年)のリーディングによってオリハルコンが未知の新素材や動力源と関連付けられるようになった。ファンタジー小説・ゲームなどに、非常に硬い武器の原料・ロケットの動力源などのモチーフとともにオリハルコンが登場するようになったのはこれ以降であるが、これらのオリハルコンにまつわるモチーフは、古典作品には全く登場しないものである。
最終更新:2013年03月07日 21:56