人身売買について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#こちら質疑中の仮案となります。

○人身売買について

以前、養子縁組を隠れ蓑に人身売買が横行したことがありました。が、対応した組織の方々やみなさまのおかげで目立った案件・ケースはなくすことができました。
しかし悲しいことに、今だ違法に人身売買が行われていると疑わしき情報がはいりました。
この事態に対して星鋼京では調査チームを設けて事態を究明するともに、もし事件が起こっているのなら
随時、摘発を行っていきたいと思います。
この星鋼京に暮らす、すべての帝國の民が帝國臣民として健やかに生きられるように、
国民のみなさまがたのご協力を、どうかよろしくお願い致します。


1.情報収集
1-1:
まず国内より、近衛兵・警察官より選んで人身売買に関する調査チームを編成する。
調査チームには、顧問として国内の法の司及び護民官を招くものとする。
1-2:
調査チームにて、養子縁組関係の情報を洗い直し、その後の足取りや状況等を調査する。
1-3:
養子縁組関係以外においても、怪しい人の動きがあればその関係を調査する。

2.情報のフィードバック
2-1:
【1-2】において、行政レベルでの追跡が不可能な状態があれば、(登録の際に縁組を行う者のプロファイルが登録されない、等)
制度の改善を行い、追跡可能な仕組みを設ける。
この制度は、単に不正利用防止だけでなく、制度利用者が受けるであろう負担等を軽減し利用しやすくする目的もある。
制度制定においては、調査チームや顧問の法の司及び護民官の意見を取り入れ、法の穴や人心を無視した制度にならぬよう心がける。
2-2:
調査チームの活動の結果、違法な人身売買等の摘発があった場合。
何が原因でどう対応すべきか、報告書を調査チームより提出してもらう。
この報告書を元に、政府は政策による根本的解決を試みるものとす。

文責:星鋼京護民官 双海 環

/*/
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。